オルセー美術館 優先入場チケットの予約・購入方法を徹底解説

(2019年11月13日 公開) (2019-12-09 最終更新) オルセー美術館 館内の景観

パリでルーブルに次ぐ人気の美術館と言えば、この「オルセー美術館」です。予約必須のルーブル美術館ほどの混雑はないものの、タイミングや時期によっては、1時間近く並ぶ事もあります。特に混雑がピークの夏場などは、予約がベターです。

本記事では、オルセー美術館の混雑を回避して、確実に優先入場できる「チケット予約方法」について徹底解説いたします。

オルセー美術館のチケット予約・購入方法

パリの人気スポット「オルセー美術館」には、予約者やパリミュージアムパス専用の優先レーンが設けられています。この優先レーンを利用すれば、一般入場の混雑を横目にほぼ並ばずに入場する事ができます。

オルセー美術館の優先入場レーンを利用するには、以下の3通りのいずれかの方法で、チケットを予約(購入)するのかお勧めです。

  • ① オルセー美術館の公式推奨サイトで予約(英語)
  • ② GET YOUR GIDEでオンライン予約(日本語)
  • ③ パリミュージアムパスを購入する

① オルセー美術館の公式推奨サイトで予約(英語サイト)

オルセー美術館のチケット予約ページ「M'O」

オルセー美術館の公式サイトでは、入場チケットの事前予約サイトとして、いくつかのサイトを紹介しています。その中でも、個人的に利用した事もあって最もお勧めなのが「M'O」です。

以前までは、フランス語にしか対応しておりませんでしが、現在は英語表示にも対応したため、非常に使いやすくなりました。

この方法で予約する場合、通常のオルセー美術館の入場料金14ユーロに、1.4ユーロの手数料が加わり、総額15.4ユーロになります。とは言え、わずか1.4ユーロの手数料で、優先入場できるなら安いものです。また、購入日から3ヶ月以内であれば、好きな日時に優先入場ができる点もポイントが高いです。この「M'O」を経由した予約方法に関しては次項にて詳しく解説致します。

② GET YOUR GIDEでオンライン予約(日本語サイト)

「GET YOUR GIDE」オルセー美術館 日本語予約ページ

英語サイトでの予約にどうしても抵抗のある方は、GET YOUR GIDEというサイトの「オルセー美術館 事前予約1日入場券」ページから予約を行えば、予約完了まで日本語で行う事ができます。

この方法で予約した場合、公式サイトとは異なり、予約チケットは購入日から半年間有効となり、有効期間内であればいつでも好きな日時に優先入場する事ができます。

入場料に関しては、通常のオルセー美術館の入場料金14ユーロに、3ユーロの手数料が加わります。総額だと17ユーロになりますが、日本語サイトで予約できるメリットを考えると、そこまで高い手数料ではないと思います。

予約完了後は、送信されてくるチケットをプリントアウトか、専用アプリでモバイル提示すれば、当日は優先入場できます。

こちらの予約方法に関しては「② GET YOUR GIDEでオンライン予約(日本語)」の項にて詳しく解説致しますが、予約ページは日本語なので、ページの案内に沿って行けば簡単に予約可能です。すぐに予約を進めたい方は「オルセー美術館 事前予約1日入場券」にアクセスの上で、予約を進めてください。個人的にもお勧めの予約方法です。

また、オルセーと共にオランジュリー美術館も観光される方は「パリ オルセー美術館&オランジュリー美術館:優先入場チケット」のページから共通チケットを購入する事も可能です。共通チケットも通常のチケット同様に、有効期限内であれば好きな日時に二つの美術館に優先入場が可能です。料金的にも「22ユーロ」と、公式サイトで共通チケット(19.4ユーロ)を購入するよりも、2.6ユーロ高いだけです。

③ パリミュージアムパスを購入する(日本語サイト)

パリ ミュージアムパス

ミュージアムパスはパリ市内の観光スポット60箇所以上で利用できるフリーパスチケットです。このミュージアムパスを事前にオンラインか、オルセー美術館の訪問前に購入しておけば、観光当日は、優先レーンから入場する事ができます。ただし、料金的には一番安い2日券で7,000円(為替で変動します)となるので、複数の観光スポットに訪問して、金額の元を取らないと割高になります。

パリミュージアムパスは、「ミュージアムジャポンのHP(日本語)」からオンラインで購入する事ができます。サイトにアクセスの上、右上のメニュー「パスを購入する」から、必要情報を入力の上で申し込みを完了してください。その後、購入金額の振込案内メールが届きますので、指定された口座に料金を振り込むと、日本の正規代理店から自宅まで配送してくれます。

パリミュージアムパスの利用範囲、料金などにつきましては、別記事の パリ観光のモデルコースと所要日数を徹底解説 「パリミュージアムパス」を参考にしてください。

本記事では、リーズナブルな2つの予約方法、「① 公式サイトでオンライン予約する方法(英語)」と「② GET YOUR GIDEでオンライン予約する方法(日本語)」について、それぞれ順番に解説していきます。

① オルセー美術館の公式推奨サイトで予約

本項では、「オルセー美術館」の優先入場チケットを、公式サイトが推奨する予約サイト「M'O」からオンライン予約する方法を解説致します。

まずは公式サイトの「M'O」にアクセスしてください。

予約はPCとスマートフォン、どちらからでも可能です。本記事では、閲覧利用者の多い、スマートフォンの画面を例に予約方法を解説致しますが、PCで予約する場合も問題なく参考にして頂けると内容となっております。

【STEP1】チケットの種類を選択

最初にサイトにアクセス、もしくは久しぶりにサイトにアクセスすると、以下画像の様なポップアップが表示されます。「×」を押して閉じてしまって大丈夫です。

オルセー美術館のチケット予約サイト「M'O」

さて、ここからチケット予約を開始していきます。ページ上には2種類の項目が上下に並んでいます。

オルセー美術館のチケット予約サイト「M'O」

上の「TICKET: MUSEUM AND EXHIBITIONS」が自由見学の一般入場チケットになるので、こちらの画像部分をクリック(タップ)してください。ガイドツアーに参加されたい方は「GUIDED TOURS」を選択して予約を進めてください。

本記事では利用者の多い「TICKET: MUSEUM AND EXHIBITIONS(一般入場チケット)」を予約する流れで、解説を進行していきます。

一般入場チケット「TICKET: MUSEUM AND EXHIBITIONS」を選択すると、今度は更に一般入場チケットの中で、数種類のチケットが表示されます。

オルセー美術館 チケット予約サイト「M'O」のチケット選択ページ

チケットの並び順はその都度変わりますが、上の例だと、オルセー美術館単館の優先入場チケットは上から3番目の「ENTREE - MUSEE D'ORSAY」になります。料金は12.5ユーロとなっていますが、決済時の金額は「15.4ユーロ」になります。他のチケットに関しては、以下を参照ください。

  • ・BILLET JUMELÉ ORSAY - RODINオルセー美術館とロダン美術館に一度づつだけ入場できる共通チケットになります。もちろん、オルセー美術館には優先入場が可能です。

  • ・MUSEE D'ORSAY - AUDIOGUIDEオーディオガイドのレンタル予約になります。オーディオガイドは日本語にも対応しており、約300作品の解説が収録されています。基本は予約なしの現地でレンタルで十分だと思います。

  • ・BILLET JUMELE ORSAY - ORANGERIEオルセー美術館とオランジュリー美術館に一度づつだけ入場できる共通チケットになります。もちろん、オルセー美術館には優先入場が可能です。オランジュリー美術館も訪問予定の方にはおすすめのチケットです。

購入したいチケットが決まったら、各チケットの右側あたりにある緑色の角丸正方形のボタン(青枠内)をタップしてください。PCの場合は「Book」というボタンになっています。

【STEP2】予約するチケット枚数の選択

予約したいチケットを選択すると、そのチケットの説明ページ(写真下)に移動します。

チケット予約サイト「M'O」のチケット詳細ページ

本記事ではオルセーとオランジュリーの共通チケット「BILLET JUMELE ORSAY - ORANGERIE」の予約を例に解説していきますが、オルセー美術館の単館入場チケットを予約する場合も、画面遷移は同じです。

上記のチケット詳細ページが表示されたら「Book」ボタンをタップします。

ページが切り替わり、チケット枚数の選択項目が表示されます。

チケット予約サイト「M'O」のチケット枚数の選択ページ

上画像の例を参考に「+」ボタンを押して、予約したいチケット枚数を選択し、その下の「Book」ボタンをタップします。

再び、下画像の様な確認画面が表示されるので「OK for me」ボタンをタップします。

予約内容の確認ページ

三たび、確認画面が表示されますので、予約内容を確認の上、問題なければ「Comfirm my cart」ボタンをタップして、次の「会員登録と予約者情報の入力」に進みます。

予約内容の最終確認ページ

予約内容を変更する場合は「Modify my booking」をタップすると、チケット枚数の選択からやり直す事ができます。変更しない場合はタップしないでください。

【STEP3】会員登録と予約者情報の入力

チケットの種類と枚数を確定後、以下の様な「ログイン」か「会員登録」を求めるページに移動します。

ログイン・会員登録ページ

会員登録してない方が9割以上だと思いますので、スマホの場合はページ下部の「Continue」ボタンをタップして、会員情報の入力項目を表示します(PCの方は最初から入力項目が表示されています。)

以下より、会員登録に必要な必須項目を説明していきます。

会員登録の入力項目
  1. ①「Mr/Mrs (敬称)」男性の方は「Mr」、女性の方は「Mr」側の左側の◯にチェックを入れてください。

  2. ②「Name(苗字)」予約者の苗字を半角ローマ字で入力します。半角であれば、大文字小文字は気にしなくて大丈夫です。

  3. ③「First name(名前)」予約者の名前を半角ローマ字で入力します。半角であれば、大文字小文字は気にしなくて大丈夫です。

  4. ④「Email:(メールアドレス)」メールアドレスを入力します。このメールアドレスにPDFのチケットが添付されたメールが届きます。

  5. ⑤「Password:(パスワード)」任意のパスワードを設定します。8文字以上かつ、数字とアルファベットの大文字小文字、さらにハイフン(-)やアンダーバー(_)などの記号が組み合わさっている必要があります。「例:Amazing-trip2019」最初を大文字にして、中間をハイフン(-)で区切り、最後に数字をつければ分かりやすいと思います。

  6. ⑥「Mobile phone(携帯番号)」左の国旗の部分で「Japan(日本)」を選択の上、後は通常通りの番号を「080-1234-567×」の様に入力ください。最初の0を取る必要はありません。

  7. ⑦「メールマガジンの登録」チェックをつける□が3つありますが、全てメールマガジン登録の項目なので、チェックをつける必要はありません。スルーしてください。

①〜⑥の項目の選択と入力が完了したら、その下の白いボタン「Continue」をタップしてください。

会員登録 Continueボタン

「Continue」ボタンをタップするとと、再び入力項目が表示されます。先ほど入力した項目は既に自動で入力されているかと思います。面倒ですが残りの必須項目も埋めていきます。

予約者情報の入力画面
  1. ⑦「Address (番地など)」市区町村の後の住所を英語で入力します。東京都新宿区歌舞伎町50−30−2が住所なら「50-30-2 KABUKICHO」と入力します。この辺りの入力は予約完了にほぼ影響しないので、そんなに神経質にならないで大丈夫です。

  2. ⑧「Zip code(郵便番号)」郵便番号を入力します。ハイフン(-)はありでもなしでも大丈夫です。この項目を入力すると「This postal code is invalid」というエラーが表示されますが、後の項目「Country」で「Japan」を選択すると消えるので、気にしないでください。

  3. ⑨「City(市町村区)」Cityは英語では市町村区にあたるので、新宿区なら「Shinjuku-Ku」と入力ください。都道府県を入力してしまっても問題ないと思います。

予約者情報の入力画面
  1. ⑩「Country(在住国)」現在お住いの国を選択ください。大抵の方は「Japan」だと思います。

  2. ⑪「Name this address(今回の住所の登録名)」今回登録した住所の登録名を自由に指定します。次回住所を呼び出す時に、ここに指定した文字を入力すると、住所を呼び出せる機能です。ほぼ使うことはないので、ご自身の名前のアルファベットなどを指定しておけば良いと思います。初期状態のままでも問題ないです。

①〜⑩の入力・選択が完了したら、ページ下部の赤いボタン「Continue」をタップしてください。入力に不備がなければ次のページに移動します。

【STEP4】チケット受け取り方法と決済方法の選択

会員登録と予約者情報の入力が完了すると、チケットの受け取り方法を選択するページに移動します。

チケット受け取り方法の選択画面

チケットを自宅でプリントアウトの上で利用したい方は、必ず真ん中の「Electronic ticket(電子チケット)」を選択ください。予約完了後に添付されてくるPDFファイルをプリントアウトの上でチケットとして利用できます。

参考までに、それ以外の受け取り方法は「In-store pickup(現地店舗でピックアップ)」、「Home delivery(自宅に郵送)」になるので、敢えて選択するメリットは少ないと思います。

チケットの受け取り方法を選択したら、ページを少し下方にスクロールすると、保険加入の選択肢があります。

保険加入のオプション

保険は1.9€支払う事で、アクシデントなどでチケットを利用できなかった場合に、返金がされるものですが、保険に関する説明がフランス語なので、内容を把握するのは難しいです。また、返金手続きも手間だと思いますので、下の「I do not want insure my tickets(保険に加入しない)」を選択する方がよいと思います。

続いて、その下のクレジットカード情報を入力していきます。

クレジットカード情報の入力
  1. ①「Cardholder name(カード名義)」クレジットカードの氏名を、カードの表記通りに入力します。

  2. ②「Card number(カード番号)」利用するカードの番号を入力ください。

  3. ③「Expiration date(カード期限)」カードの有効期限を月、年の順で入力します。0も含めて入力してください。

  4. ④「Visual cryptogram(セキュリティコード)」クレジットカードの裏面に記載されているセキュリティコード(下3桁の数字)を入力します。

①~④までのカード情報を入力したら、その下の緑色のボタン「Pay …€」をタップしてください。支払い処理が開始され、正常に処理が完了すると予約完了画面(写真下)に移動します。ただし、利用カードによっては、クレジットカード会社のパスワードページに移動する場合もあるので決済を完了ください。決済完了後に予約完了画面に移動します。

オルセー美術館 優先入場チケットの予約完了画面

表示されているQRコードを読み取っても、予約番号が表示されるだけなので意味がありません。ページを下にスクロールすると、チケットとなるPDFファイルのダウンロードページに移動できる「Clicking here」というリンクがあります。タップすると、チケットのダウンロードページに移動できます。

オルセー美術館 優先入場チケットの予約完了画面 チケットダウンロードページへのリンク

また、チケット予約ページにわざわざアクセスしなくても、予約完了と同時に登録したメールアドレス宛に件名「Confirmation of your ordernumber 予約番号 L at our site Musée d'Orsay」で、チケットが添付されています。このメールに添付されているPDFファイル「E-ticket1.pdf」をダウンロードした方が手っ取り早いと思います。

チケットのダウンロードページ

予約完了後にチケットダウンロードページに移動した場合や、マイページにログインした場合などは、「Mes commandes(My orders)」の部分をタップすると、ご自身の予約したチケットを表示する事ができます。続いて、その下に表示される予約情報のエリアをタップします。

ページが切り替わり「Generate e-ticket(s)」もしくは「Générer le(s) e-Ticket(s)」というボタンが表示されるので、このボタンを押すと、PDFファイルの「入場チケット」をダウンロードする事ができます。

マイページ チケットのダウンロード画面

チケットがダウンロードされず、以下の様な画面がでる場合は、下画像を参考に青枠で囲った「Générer le e-Ticket」部分を再びクリック(タップ)してください。

マイページ チケットのダウンロード画面

オルセー美術館のチケット(M'Oでのオンライン予約時)

こちらが、オルセー美術館の推奨予約サイト「M'O」でチケット予約した場合の、オルセー美術館とオランジュリー美術館の共通入場チケットになります。このチケットの場合は、予約した日から数えて3か月間有効となり、有効期間中はいつでも好きな時に優先入場が可能です。もちろん、オルセー美術館短館の入場チケットを予約した場合も同様です。

オルセー美術館のチケット(M'Oでのオンライン予約時)

オルセー美術館の観光当日は、このPDFファイルのチケットをダウンロードの上、プリントアウトして持参ください。こちらがそのまま本チケットとなりますので、直接優先入場口から入場できます。優先入場の流れについては、本項後半の「オルセー美術館 優先入場の流れ」を参照ください。並ぶ場所などについて詳しく紹介しております。

② GET YOUR GIDEでオンライン予約(日本語)

「GET YOUR GIDE」オルセー美術館 日本語予約ページ

オルセー美術館の優先入場チケットを日本語で予約したい方は、GET YOUR GIDEの「オルセー美術館 事前予約1日入場券」ページから予約すれば、わずか3ユーロの手数料で予約完了までを日本語で行う事ができます。

GET YOUR GIDE経由で予約した場合も、公式サイトの推奨予約サイト「M'O」で予約した場合と同様に、優先入場口から行列を横目に悠々と入場する事ができます。

しかも、購入日からチケットは半年間有効なので、その期間内であれば好きな日時に優先入場が可能です。多少手数料がかかっても、日本語のサイトで予約したい方にはベストな予約方法だと思います。

また、オランジュリー美術館も同時に観光される方は、共通チケットを「パリ オルセー美術館&オランジュリー美術館:優先入場チケット」ページから予約した方がお得です。共通チケットの有効期限をGET YOUR GIDEのサポートに確認した所、現在販売しているものに関しては、2020年の4月12日までなら、いつでも利用可能との事でした。ただし、最初に1つ目の美術館を訪問してからの有効期限は60日間となります。期限内であればオルセー美術館とオランジュリー美術館を別の日に観光する事も可能です。料金的にも「22ユーロ」と、公式サイトで共通チケット(19.4ユーロ)を購入するよりも、2.6ユーロ高いだけです。

GET YOUR GIDE経由で予約する場合は、まず「オルセー美術館 事前予約1日入場券」のページにアクセスしてください。共通チケットを購入される方は「パリ オルセー美術館&オランジュリー美術館:優先入場チケット」のページにアクセスしてください。

予約の説明は、オルセー美術館単体の入場チケットで進めますが、共通チケットの予約方法も同様です。

ページにアクセス後、ページを下に少しスクロールすると、予約人数と予約日の選択項目があります。

GET YOUR GIDE オルセー美術館の予約ページ 予約枚数と予約日の選択
  1. ①「予約人数」予約したい人数分を「+」ボタンを押して選択します。+ボタンは赤枠内をクリックすると表示されます。

  2. ②「予約日時」赤枠内をクリックすると表示される「カレンダー」の日付から予約日を選択します。ただし、チケットは購入日から6ヶ月有効なので、ここで指定する日付にあまり意味はありません。とはいえ、念のためにオルセー美術館を訪れる予定日を選択しておいてください。

①~②の選択が完了したら、その右の青いボタン「空き状況を見る」をクリックしてください。指定日の予約が可能な場合は「カートに入れる」ボタン(画像下)が表示されます。

GET YOUR GIDE オルセー美術館の予約ページ

予約内容に問題が無ければ「カートに入れる」ボタンをクリックして、予約を進めていきます。

ページが切り替わり、予約内容の確認画面が表示されます。キャンセル可能時間なども表示されているので、チェックください。予約内容に問題が無ければ、画面下側(パソコンの場合は画面右側)の「チェックアウトする」ボタンをクリックしてください。

GET YOUR GIDE オルセー美術館の予約内容確認ページ

以降の予約の流れについては、別記事の「GET YOUR GIDE チケット・ツアー予約方法から利用方法まで徹底解説内の旅行者情報の入力」以降を参考にしてください。GET YOUR GIDEの利用方法について詳しく解説しております。予約の例は「ルーブル美術館のチケット」で解説していますが、流れや操作は同じです。

予約者情報や決済情報を入力して予約が完了すると、最終的に以下の予約完了画面が表示されます。

GET YOUR GIDE オルセー美術館の予約完了ページ

この予約完了ページ内のボタン「印刷用バウチャー」をクリックしても「予約書」はダウンロードできますが、同時にメールアドレス宛にも件名「予約が確定しました - 予約番号」でメールが届きます。このメール内にもオルセー美術館の本チケットが添付されています。観光当日は、この予約書をプリントアウトの上で持参ください。優先入場口から入場可能です。優先入場の流れに関しては次項を参照ください。

オルセー美術館のチケット(GET YOUR GIDEでのオンライン予約時)

こちらがGET YOUR GIDE経由で「オルセー美術館」の優先入場チケットを予約した後に、ダウンロードできるチケットになります。登録したメールアドレスにもこのチケットは添付されてきます。

オルセー美術館のチケット(GET YOUR GIDEでのオンライン予約時)

このチケットの有効期限は半年となります。チケットの上部に有効期限1日、下部には有効期限6ヶ月となっていて表記が紛らわしいですが、GET YOUR GIDEのサポートに質問した所、購入日から半年以内であれば、いつでも好きなタイミングで優先入場する事ができるとの事です。共通チケットの有効期限に関してはは、購入日に関わらず現時点ではいつ購入しても「2020年の4月12日」までとの事です(サポートに確認済み)。

また、アプリをダウンロードすれば、モバイルチケット(電子チケット)の利用も可能です。

オルセー美術館 優先入場の流れ

オルセー美術館の入場口

オルセー美術館の入口(エントランス)は、チケット保有の有無や、団体、グループなどで4つに分けられています。入口は基本的に建物の左右の側面に2つづありますが、並ぶ時は赤い仕切り線にそって建物の正面に並びます。各入り口の概要は以下を参照ください。

  • ■ Entrance A Entrance Aは、当日券を購入して入場する方用の「一般入場口(individual visitors)」になります。チケットはセキュリティチェック通過後に館内で購入する形になります。ピークシーズンなどは1時間待ちという事もあり得ます。

  • ■ Entrance B Entrance Bは、事前予約済みのグループや団体客専用の優先入場口になります。

  • ■ Entrance C Entrance Cは優先入場口です。オルセー美術館の推奨予約サイト「M'O」や、日本語サイトの「GET YOUR GIDE」で予約した方、パリミュージアムパス保有者の方などは、この優先入場口から入場する事ができます。

  • ■ Entrance D Entrance Dは、事前予約済みの学生団体専用の優先入場口になります。

下の画像は、チケット予約者の優先入場口「Entrance C」です。オルセー美術館の各入口には、明確にAからDまでの表記があるので、非常に分かりやすいと思います。

チケット保有者の優先入場口「Entrance C」

チケット予約者はこの「Entrance C」から入場して、スムーズに観光をすることができます。

まとめ

オルセー美術館は、ゴッホやルノワール、ミレーなど、世界の名だたる「印象派」と「ポスト印象派」画家の有名作品が、常時約4,000点も展示されています。折角、パリを訪問したなら、この美術館を訪れない手はないです。

オルセー美術館の館内は比較的コンパクトなので、事前に予約さえしておけば、1時間以下の短時間でも十分に楽しむ事ができます。是非、予約の上でオルセー美術館を訪問ください。