ヴェルサイユ宮殿 予約から時間指定の優先入場まで徹底解説

(2018年8月16日) ヴェルサイユ宮殿 鏡の間

「ヴェルサイユ宮殿」は、世界でも5本の指に入る来場者数を誇るフランスの人気観光地です。その来場数は年間で700万人にも上り、チケットオフィスには常に長蛇の列ができています。特に5月から夏にかけてのピークシーズンは、チケット購入から宮殿入場まで2時間待ちという事も日常茶飯事です。

しかし、事前にヴェルサイユ宮殿のHP経由で「チケット予約(購入)」をしておけば、観光当日はチケット購入列に並ぶ事なく「ヴェルサイユ宮殿」の中に入場する事ができます。

本記事ではこれから「ヴェルサイユ宮殿」観光をお考えの方に向けて、入場チケットのオンライン予約方法から、当日の入場の流れまで詳しく解説致します。

チケットの予約方法

ヴェルサイユ宮殿のHP

本項では、ヴェルサイユ宮殿のチケットをWEB経由で予約する方法を解説致します。

まずは公式サイトの「チケット予約ページ(英語)」にアクセスしてください。

※予約はPCとスマートフォン、どちらからでも可能です。本記事では画面遷移の分かりやすいPCの画面を例に予約方法を解説致しますが、スマートフォンで予約する場合も同じ手順で操作を行えば予約を完了できます。また、WEBでのチケット予約にはクレジットカード(JCBもOK)が必要となりますので、ご準備の上でサイトにアクセスしてください。

【STEP1】チケットを選択

チケット選択画面

ヴェルサイユ宮殿の公式チケット予約ページに移動すると、予約可能な各種チケットが縦に並んでいます。各チケットは、入場できる施設がそれぞれ異なり、入場できる施設が多いほど料金は高くなります。

また、青枠で囲った「Buy」もしくは「Buy online」と書かれた部分が、各チケットの選択ボタンになりますので、購入したいチケットが決まったら、「Buy」ボタンをクリックしてチケットを選択します。

「Buy」、もしくは「Buy online」ボタンを押してチケットを選択すると、ページが切り替わり、次の「観光日時」の選択ページに移動します。

チケットの種類は非常に多いですが、ヴェルサイユ宮殿だけに入場したいなら「Palace ticket」を、ヴェルサイユ宮殿だけでなく、トリアノン宮殿や、マリーアントワネットの離宮なども見学したい方は、全ての施設に入場できる「Passport」がお勧めです。

各チケットの詳細に関しては本記事別項の「チケットの種類と料金」で詳しく解説しております。

【STEP2】予約日時の選択

日付の選択画面

日付の選択ページでは、ページ上のカレンダーから日付を直接クリックして、ご希望の観光日を選択します。

カレンダーの日付をクリックすると、ページが切り替わり、次の「購入枚数の選択」ページに移動します。

もし、チケットの選択で、時間指定入場ができる「Passport with timed entry」というチケットを選択している場合は、日付の選択後に、入場を希望する時間帯の候補が表示されるので、ご希望の入場時間帯を選択してください。時間をクリックして選択すると、購入枚数の選択ページに移動します。

【STEP3】購入枚数の選択

購入枚数の選択画面

購入枚数の選択ページに移動したら、右画像の青枠の部分をクリックして、予約するチケットの枚数を選択してください。

チケットの枚数の選択が完了したら、ページを最下部までスクロールして行きます。選んだチケットの種類によっては、途中に「Also available」というコンテンツが表示されますが、これは寄付金募集やプロモーションの一環なのでスルーしてください。

ページを最下部までスクロールすると「Checkout」という黄土色のボタンがあるので、クリックして購入枚数の選択を確定します。

【STEP4】会員登録

ヴェルサイユ宮殿のチケットを予約するには「会員登録」が必要となりますので、「*」のマークが付いた必須項目だけを入力して会員登録を完了して行きます。まずは「New Versailles customer」というタイトル文字が見える所までページをスクロールしてください。

会員登録 指名の入力画面
  1. ①「Last Name」購入者の苗字を半角ローマ字で入力します。半角であれば、大文字小文字は気にしなくて大丈夫です。

  2. ②「First Name」購入者の名前を半角ローマ字で入力します。

会員登録 メールアドレスとパスワードの入力画面
  1. ③「Country」国籍の選択項目なので「Japan」を選択します。

  2. ④「Email」メールアドレスを入力します。このメールアドレスに予約完了メールなどが届きます。

  3. ⑤「Confirm the email」確認のため、④で入力した「メールアドレス」を再度入力します。④と⑤のメールアドレスが一致しないと会員登録を完了できません。

  4. ⑥「Password」任意のパスワードを設定します。パスワードは、8桁以上20桁以内の半角英数字で設定します。アルファベットと数字の両方を使用して設定する必要があります。例「4lk44bk4a」など。

 規約の同意と確認ボタン
  1. ⑦「Confirm」①~⑥の入力内容に問題がなければ⑧の「Confirm」ボタンを押して次の確認ページに進みます。

【STEP5】予約内容の確認

会員登録が完了して「Confirm」ボタンを押すと、予約内容の確認画面(下画像参照)に移動します。

予約内容の確認画面

①の「チケットの種類」と、②の氏名(苗字が上で、名前が下)に間違えがなければ、③の「Confirm」ボタンをクリックします。

【STEP7】お支払情報の入力

予約内容を確認後、お支払情報の入力ページに移動するので、今回の予約に使用するクレジットカード情報を入力していきます。

クレジットカード情報の入力
  1. ①「Type」使用するクレジットカード会社を選択します。JCBのカードも使えます。

  2. ②「Card number」クレジットカードの番号を入力します。

  3. ③「Expiration date」クレジットカードの有効期限を選択します。左側が「月」、右側が「年」になります。

  4. ④「Security Code」クレジットカードの裏面に記載されている3桁の数字を入力します。

  5. ⑤規約と条件に同意ヴェルサイユ宮殿のHPが定める規約に同意します。内容は一般的なものなので安心してチェックを入れてください。チェックしないとチケットの予約を完了できません。

  6. ⑥「Confirm」①~⑤の選択・入力内容に問題がなければ、この「Confirm」ボタンを押してください。ボタンを押すと、各カード会社ごとの決済ページに移動するので、お支払いを完了してください。

【STEP8】チケットのダウンロード

クレジットカードの決済が正常に完了すると、チケットと領収書のダウンロードページ(下図参照)に移動します。

チケットと領収書のダウンロードページ

赤枠で囲った部分がヴェルサイユ宮殿チケットのダウンロードボタンになるので、クリックの上でダウンロードください。観光当日は、このPDFチケットをA4用紙にプリントアウトするか、スマートフォンなどの端末上で提示して入場します。

■入場チケットの見方

下の画像がWEBで予約した後にダウンロードできるPDFのチケットになります。

ヴェルサイユ宮殿の入場チケット

重要な部分だけ説明致しますと、①が予約者名、②「PASSPORT」となっている所が購入したチケットの種類です。③が入場時に係員にスキャンしてもらう「バーコード」なので一番大事な部分です。④が指定した入場年月日で、⑤が当日に入場する入口の案内になります。

チケットは基本的に、バーコード部分が読み取れれば問題ありません。観光当日は、PDFの電子チケットを「プリントアウト」して持参しても、スマートフォンなどの端末上で表示しても入場可能です。

また、予約完了後に誤ってチケットダウンロードページを閉じてしまった場合は「ログインページ」から、メールアドレスとパスワードを入力の上で、マイページにログインすれば、チケットは何度でもダウンロードする事ができます。

ヴェルサイユ宮殿 観光情報

ヴェルサイユ宮殿と水庭

ヴェルサイユ宮殿の敷地内には「ヴェルサイユ宮殿」「トリアノン宮殿」「マリーアントワネットの離宮(プティ・トリアノン)」「公園」「庭園」など複数の見所が存在します。

各スポットはそれぞれ営業時間も異なり、購入するチケットによって入場可能な施設も異なってきますが、「公園」と「庭園」に関してはいつでも無料で入場する事ができます。また、6歳未満の子供は全てのスポットの入場が無料です。

一部有料のエリアがあります。また、噴水イベントの開催時は庭園の入場自体が有料になります。

■休館日と営業時間

ヴェルサイユ宮殿は、毎週月曜日と、1/1(祝)、5/1(祝)、12/25(祝)が休館日になります。

ただし、庭園と公園は毎日開園しております。

開館中の各施設の営業時間は以下になります。

【ヴェルサイユ宮殿】ヴェルサイユ宮殿 戦争の間
  • ・09:00~18:30(4月〜10月)
  • ・09:00~17:30(11月〜3月)
※最終入場は営業時間終了の30分前まで、チケットオフィスは40分前にクローズします。【トリアノン宮殿とマリーアントワネットの離宮】マリーアントワネットの離宮
  • ・12:00~18:30(4月〜10月)
  • ・12:00~17:30(11月〜3月)
※最終入場は営業時間終了の30分前まで。チケットオフィスは40分前にクローズします。【庭園】ヴェルサイユ宮殿の庭園
  • ・08:00~20:30(4月〜10月)
  • ・08:00~18:00(11月〜3月)
※4月〜10月の最終入場は19時まで、11月〜3月の最終入場は18時までになります。また、庭園で行われる噴水ショーの営業時間は上記の限りではありません。【公園】ヴェルサイユ宮殿の公園
  • ・07:00~20:30(4月〜10月)
  • ・08:00~18:00(11月〜3月)
※4月〜10月の最終入場は19時まで、11月〜3月の最終入場は18時までになります。【馬車ギャラリー】馬車ギャラリー
  • ・12:00~18:30(4月〜10月)
  • ・12:00~17:30(11月〜3月)
※最終入場は営業時間終了の45分前まで。
※馬車ギャラリーはヴェルサイユ宮殿から徒歩5分ほどの敷地外に位置しています。場所の詳細はこちらでご確認ください。
【正門(Main Gate)の閉門時間】メインエントランス(正門)

ヴェルサイユ宮殿の正門(Main Gate)は、4月から10月の間は「19時」、11月から3月の間は「17時30分」に閉門となりますので、夜の噴水ショーをご覧になる方や、夜遅く庭園や公園だけでも観光しようとお考えの方は、閉門前には入場する様にしてください。

■入場チケットの種類と料金

ヴェルサイユ宮殿のチケットは種類によって入場できる施設が異なります。チケットはオンライン及び、現地チケットオフィスで購入が可能です。以下は、各チケット毎の料金と入場可能施設になります。

【Passport】
概要全ての施設に入場が可能な1日券です。
料金
  • ・20 €
  • ・27 €(噴水ショーの入場可能、18歳未満は10 €)
入場可能施設ヴェルサイユ宮殿を含む、敷地内の全ての施設※20€のパスポートには、庭園で開催される音楽の庭園と大噴水ショーの入場は含まれません。
※オンライン予約時に「20 €」のパスポートを選択しても「27 €」のパスポートが選択されてしまう不具合がある様です。この不具合が出た場合は「27 €」の方のパスポートしか購入できません。(2018/09/01)
【Passport with timed entry】
概要全ての施設に入場が可能な1日券です。
入場時間を指定の上で、優先レーンよりヴェルサイユ宮殿に入場する事ができます。
料金
  • ・20 €
  • ・27 €(噴水ショーの入場可能、18歳未満は10 €)
入場可能施設ヴェルサイユ宮殿を含む、敷地内の全ての施設※20€のパスポートには、庭園で開催される音楽の庭園と大噴水ショーの入場は含まれません。
※オンライン予約時に「20 €」のパスポートを選択しても「27 €」のパスポートが選択されてしまう不具合がある様です。この不具合が出た場合は「27 €」の方のパスポートしか購入できません。(2018/09/01)
【2-day Passport】
概要全ての施設に入場が可能な2日券です。
料金
  • ・25 €
  • ・30 €(噴水ショーの入場可能)
入場可能施設ヴェルサイユ宮殿を含む、敷地内の全ての施設※25€のパスポートには、庭園で開催される音楽の庭園と大噴水ショーの入場は含まれません。
※月曜日はヴェルサイユ宮殿が休館日となるため、火曜〜金曜のみ利用開始が可能です。
【Palace ticket】
概要ヴェルサイユ宮殿に入場できる最もベーシックなチケットです。
料金・18 €(大人)
入場可能施設ヴェルサイユ宮殿、庭園、公園、馬車ギャラリー、ヴェルサイユ宮殿で開催中の企画展※庭園で開催される噴水ショーの入場は含まれていません。
【Estate of Trianon ticket】
概要トリアノン宮殿に入場できるチケットです。
料金・12 €
入場可能施設トリアノン宮殿、マリーアントワネットの離宮、庭園、公園、馬車ギャラリー、トリアノン宮殿で開催中の企画展※庭園で開催される噴水ショーの入場は含まれていません。
【18歳未満の方】

18歳未満の方は、庭園で開催される噴水ショー以外の全ての施設に無料で入場する事ができます。また、6歳未満の子供は噴水ショーも含めて全ての施設に無料で入場できます。

ただし、施設入場時には年齢証明のため、パスポートなどのID提示が求められます。

【入場無料日】

冬場のローシーズン(11月~3月)の第1日曜日に限り、「ヴェルサイユ宮殿」「トリアノン宮殿」「マリーアントワネットの離宮」などの有料施設の入場が無料になります。ただし、期間限定の企画展や一部の施設は対象外となります。

■パリ ミュージアムパスについて

ミュージアムパス

「パリ ミュージアムパス」は、ヴェルサイユ宮殿だけでなく、パリ市内やパリ郊外にある複数の観光スポットに入場できるフリーパスチケットです。

ミュージアムパスは、ヴェルサイユ宮殿のHPからは購入できませんが、パリの空港や観光案内所で購入できるほか、「ミュージアムジャポンのHP(日本語)」からオンライン購入が可能です。

しかも、ミュージアム ジャポンのHP経由で購入すれば、日本のオフィスから直接ご自宅まで配送してくれます。ただし、郵送で受け取る場合は、7営業日(土日祝日除く)前までのお申し込みが必要です。

もし、ヴェルサイユ宮殿以外の観光地「ルーブル美術館」や「オルセー美術館」「凱旋門」「ノートルダム大聖堂の塔」など、パリの複数の観光地を巡る方は、WEBでヴェルサイユ宮殿単体の入場チケットを購入するよりも、この「パリ ミュージアムパス」を購入してしまった方が料金的にはお得な場合があります。

WEBから購入される方はこちらの「パリミュージアムパスご購入メールフォーム(日本語)」から、必要事項を記入の上でお申し込みください。申し込みが完了すると、自動返信メールが届き、更にその少し後に、銀行振込の案内がメールで送られてきます。後は、指定された通りに、チケット料金の銀行振込を完了すれば、自宅に「パリ ミュージアムパス」が送付されてきます。全部日本語なので、非常に簡単です。

【パリ ミュージアム パスの基本情報】
料金
  • ・48 €(2日券)
  • ・62 €(4日券)
  • ・74 €(6日券)
※6日券は現在オンラインで購入する事はできません。
入場可能施設(ヴェルサイユ宮殿関連の施設)ヴェルサイユ宮殿、トリアノン宮殿、マリーアントワネットの離宮、庭園、公園
入場可能施設(ヴェルサイユ宮殿以外の施設)ルーブル美術館、オルセー美術館、凱旋門、ノートルダム寺院の塔、ノートルダム寺院のクリプト、パンテオン、コンシェルジュリー、サント・シャペル教会、オランジュリー美術館、ピカソ美術館など

ミュージアム パスで入場可能な観光スポットはこちらの「パリ・ミュージアム・パス利用可能施設一覧」にて確認できます。

■オーディオガイドについて

ヴェルサイユ宮殿の入場を含む全てのチケットには、オーディオガイドのレンタルが含まれています。オーディオガイド(無料)は、王の中庭を通って「ヴェルサイユ宮殿内部」に入場してすぐの所に「貸出カウンター」があるので、そこでレンタルする事ができます。

オーディオガイドを借りる時に、パスポートなどのID提示は求められないので、「ジャパニーズ」と言えば、簡単にレンタルする事ができます。返却は宮殿の出口付近に、オーディオガイドをかけるフックがあるので、そこに掛けて返却します。

基本的にオーディオガイドに関しては、チケットの確認なども行われないので、ミュージアムパスでヴェルサイユ宮殿に入場する方も無料でレンタルする事ができます。

オーディオガイドの使い方は簡単で、各スポットに割り振られている番号をオーディオガイドで入力して再生するだけです。イヤホンなどは付属していないので、携帯電話の様に耳にあてて解説を聞く形になります。

ロケーションと行き方

ヴェルサイユ宮殿は、パリの西側約37kmほどの場所に位置しています。個人でパリ市内から「ヴェルサイユ宮殿」に行く場合は、電車と徒歩でアクセスするのが一番です。

■ヴェルサイユ宮殿にパリから電車と徒歩で行く方法

パリからヴェルサイユ宮殿までのアクセス所要時間は、フランスの国鉄「SFCF」を利用すれば、列車と徒歩で35分〜50分ほどです。RERで行く場合も所要時間は同じぐらいです。

  • 【SNCFでモンパルナス駅から行く方法】パリの「モンパルナス駅」から「SNCF」に乗って、「Versailles Chantiers 駅」下車で所要20分〜30分ほど、駅からヴェルサイユ宮殿までは徒歩18分ほどです。トータルの所要時間は40分~50分ほどになります。

  • 【SNCFでサン・ラザール駅から行く方法】パリの「サン・ラザール駅」から「SNCF」に乗って、「Versailles Rive Droite 駅」下車で所要35分〜40分ほど。駅からヴェルサイユ宮殿までは徒歩17分ほどです。所要時間のトータルは50分~60分ほどになります。

  • 【RERでの行き方】RERの「Saint-Michel - Notre-Dame駅」や「Invalides駅」などから「line C5線」に乗って「Versailles Rive Gauche 駅」下車で所要30分~40分ほど、駅からヴェルサイユ宮殿までは徒歩で10分ほどです。トータルの所要時間は40分〜50分ほどになります。

ヴェルサイユ宮殿と各最寄駅の位置関係は以下のグーグルマップをご覧ください。

①が「Versailles Chantiers 駅」、②が「Versailles Rive Droite 駅」、③が「Versailles Rive Gauche 駅」になります。地図上で黒いマーク付いてる場所が「ヴェルサイユ宮殿のメインエントランス(正門)」になります。当日はチケットの有無に関係なく誰もがこの正門から入場します。正門から敷地内に入場するのは無料です。

当日の入場までの流れ

本項では、宮殿到着から「ヴェルサイユ宮殿内部」に入場するまでの流れを詳しく解説致します。まずは下の「ヴェルサイユ宮殿入口付近の詳細マップ」で位置関係をご覧ください。

ヴェルサイユ宮殿 入口付近の詳細マップ【メインエントランス(正門)から入場】

各最寄り駅から「ヴェルサイユ宮殿」に到着したら、チケット所有の有無に関係なく、まずは全員がこの「メインエントランス(正門)」から、ヴェルサイユ宮殿の敷地内に入場します。

ヴェルサイユ宮殿 メインエントランス(正門)

正門入場時には、簡単な荷物検査がありますが、バックを開いて中身を軽く見せる程度です。本格的な荷物検査は、宮殿内に入場する際に厳重に行われます。

■チケットかミュージアムパスを持っている場合の入場の流れ

【入場の手順①「EntranceA」にアクセス】
Entrance Aの案内標識

メインエントランス(正門)からヴェルサイユ宮殿の敷地内に入ったら、黄色い「A」と書かれた看板(写真右)の矢印が指す方向に歩いて行きます。

そのまま数十メートルほど歩いて行くと、正面に黄色い看板で大きく「A」と書かれた建物が見えてきます。ここが一般用入場口「EntranceA」になりますので、最初にヴェルサイユ宮殿内部から見学する方は、この「EntranceA」に並んで入場します。

下の写真は入場開始前の朝一番(午前8時45分頃)に「Entrance A」に並ぶ観光客の様子です。

Entrance A(一般入場口)

宮殿内部よりも先に庭園から見学したい場合は「EntranceA」の左側の通路を道なりに進んで行けば庭園に出る事ができます。

庭園に続く通路【入場の手順② 「EntranceA」に並ぶ】

「EntranceA」には、入口(並び口)が2つあり、「ミュージアムパス」か「チケット」をお持ちの方は、「EntranceA」に向かって右側の列に並んで入場します(下の地図参照)。

EntranceAの2つの入場口

「EntranceA」に向かって左側の入口は、時間指定の入場チケット「Passport with timed entry」を持っている人専用の優先入場口になります。ただし、時間指定の入場が終了する16時以降は、右側も左側の入口も関係なく入場できる様になります。

【入場の手順③ チケット提示とセキュリティチェック】

「Entrance A」から入場したら、まずは係員にミュージアムパス、もしくはチケットを提示して、その先でセキュリティチェックを受けます。

セキュリティチェック通過後、正面に見えるドアから一旦外に出ます。

王の中庭への扉

もしこの時点で大きな荷物がある方は、セキュリティチェック通過後のすぐ左手に「荷物預かり所」があるので、ここでで預ける事ができます。

荷物預かり所

また、荷物預かり所に向かって右側には「インフォメーション」もあるので、観光マップ(日本語)が欲しい方は、ここで入手する事ができます。

インフォメーション
【入場の手順④ 中庭を抜けて宮殿内に入場】

セキュリティチェックを通過して正面のドアから外に出ると「王の中庭」と呼ばれる大きな広場にでます。

王の中庭

王の中庭に出て、すぐ正面に見える入口が、「ヴェルサイユ宮殿内部への入場口」になりますので、この入口から入場して宮殿内部の観光をスタートして行きます。オーディオガイドも中に入ってすぐの所で借りる事ができます。

一点、若干紛らわしいのですが、混雑時は「王の中庭」の入口が2つ開いている時があります。

王の中庭の入口

入口が2つある場合は、向かって左側がオーディオガイドを借りる人用の列、右側がオーディオガイドなしで入場する人の列になります。この場合、オーディオガイドを借りない方は、右側の列から入場した方が早く中に入れます。

■当日券を購入して入場する場合の入場の流れ

事前にチケットを購入されていない方は、正門通過後にチケットオフィスに立ち寄り、入場チケットを購入する必要があります。チケットオフィスは正門を背にして、左手側の建物(South Wing)内にありますので、そこで購入する事ができます。

下の画像がチケットオフィスの入口になります。朝早くに撮影しましたが、既に何人か並んでいます。ピークシーズンの日中はもっと長い行列ができますので、可能なら事前のチケット予約がおすすめです。

チケットオフィスの入口

チケットを購入したら、その後の入場手順は、チケット予約者やミュージアムパス所有者と同じになります。

時間指定の上で優先入場する方法

ヴェルサイユ宮殿の入場チケットの中には、時間指定の上で並ばずに入場できる「Passport with timed entry」というチケットがあります。

「Passport with timed entry」は、指定した時間に専用レーンから優先入場ができる唯一のチケットです。入場時間は、午前9時から午後4時の間であれば、1時間区切りで好きな時間を指定する事が可能で、指定した時間から30分以内であれば、いつでも好きな時に入場する事ができます。

例えば15時を入場時間に指定した場合は、15時〜15時30分の間であれば、いつでも入場する事ができます。

以下は、一般入場口「Entrance A」の部分を拡大した画像です。

EntranceAの優先入場レーン

向かって左側のの地点が「Passport with timed entry」チケット保有者の優先入場レーン、右側のの地点が「通常のチケット」や「ミュージアムパス」保有者用の入場レーンになります。

通常の入場チケットや、ミュージアムパス所有者の方は、チケット購入の列に並ぶ必要はありませんが、この一般入場口「Entrance A」では、入場待ちの列に並ぶ必要があります。ピークシーズンなどはここだけで30分〜1時間ぐらい並ぶ時もあります。

しかし、「Passport with timed entry」のチケットをWEBで予約していれば、チケット購入列に並ぶ必要がないのはもちろん、この一般入場口「Entrance A」においても、指定した時間に、優先レーンから並ばずに入場する事ができます。

料金的にも通常の「Passport」チケットと同額なので、もし入場時間が固定できるなら、この「Passport with timed entry」チケットを購入しての観光がおすすめです。

各チケットの概要に関しては、本記事別項の「チケットの種類と料金」をご参照ください。

【Passport with timed entry チケットの見本と説明】「Passport with timed entry」チケット

上の画像はヴェルサイユ宮殿のHP上で予約購入した「Passport with timed entry」チケットの実物です。緑枠で囲った箇所が、通常のチケットと大きく異なる部分で、指定した入場時間や、「Entrance A」の優先入場レーンの案内などが記載されています。

所要時間の目安

ヴェルサイユ宮殿の庭園

ヴェルサイユ宮殿観光の所要時間の目安は6〜7時間ほどです。

上記の所要時間は、パリからの移動時間は含めず、ヴェルサイユ宮殿内の主要スポット「ヴェルサイユ宮殿」「トリアノン宮殿」「マリーアントワネットの離宮」「庭園」「公園」などを、ある程度ゆとりを持って、じっくりと観光した場合の所要時間です。また、5月〜9月にかけてのピークシーズンは、チケットかミュージアムパスを事前に購入(予約)しておく事が大前提となっております。

トリアノン宮殿内の景観

所要時間のおおよその内訳は、「ヴェルサイユ宮殿」で1時間30分ほど、「トリアノン宮殿」と「マリーアントワネットの離宮」で2時間30分ほど、「庭園」と「公園」を散策して1時間30分ほどです。これにセキュリティチェックや多少の待ち時間、さらに休憩時間やショッピングなども加えて、おおよそ6〜7時間ほどです。

ただし、パリからの移動時間なども考慮すると、やはり丸1日はヴェルサイユ宮殿観光のために空けておいた方が、体力的にも精神的にもゆっくり観光できると思います。宮殿の敷地の広さは、多くの方が想像されている以上に広大です。

また、どうしても時間がなくて、ヴェルサイユ宮殿内部だけに絞って観光される方でも、ピークシーズンの場合は、トータルで所要2時間30分から3時間は見ておいた方が無難です。

■混雑を避けるお勧めの訪問時間

公式HP上でも記載がありますが、ヴェルサイユ宮殿は休館日前後の「日曜」と「火曜」が最も混雑します。もし、スケジュールの調整が可能なら、なるべく日曜と火曜の訪問は避けた方が無難です。

また、時間帯的には、朝一番の9時が最も混雑が少なく、続いてツアーや団体客がいなくなる夕方以降、時間で言えば「16時30分頃」の混雑が緩やかでお勧めです。16時30分に「ヴェルサイユ宮殿」に入場すれば、閉館までの2時間の間、ゆっくりと見学する事ができます。

■おすすめの観光順序と観光のヒント

ヴェルサイユ宮殿は、朝一番の9時に「ヴェルサイユ宮殿内部」の観光をスタートして、正午の開館と同時に「トリアノン宮殿」、続いて「プティ・トリアノン」の順で回ると効率良く観光できます。これは「ヴェルサイユ宮殿」の公式HPでも推奨されている観光順序です。

また、徒歩で敷地内の主要スポットを巡るのは体力的にも厳しいので、「プティ・トラン」や「自転車」などの移動手段を活用するのがおすすめです。

特に「プティ・トラン」は、ヴェルサイ宮殿の建物近くから、「プティ・トリアノン(M・アントワネットの離宮)」→「トリアノン宮殿」→「大運河(グラントカナル)」の順で周遊してくれるので、非常に便利です。

もし、プティ・トランを利用して観光する場合は、ヴェルサイユ宮殿内部を見学後、「プティ・トリアノン(M・アントワネットの離宮)」の前ではプティ・トランを降りずに、「トリアノン宮殿」の前で降りて観光をスタートした方が効率が良いです。

というのも、帰りにプティ・トランを利用する際に「プティ・トリアノン」の前から乗った方が、混雑を避けられるからです。「トリアノン宮殿」と「プティ・トリアノン」は庭園で繋がっているので、「トリアノン宮殿」から「プティ・トリアノン」間は観光しながら徒歩で移動し、帰りは「プティ・トリアノン」の前から、プティ・トランに乗車して、最後に「グランカナル」や「庭園」を観光すれば間違いありません。

敷地内の移動方法について

ヴェルサイユ宮殿の敷地内の面積は1,000ヘクタール(東京ドーム220個分)と想像以上に広大です。徒歩で観光する事も不可能ではありませんが、敷地内で提供している「移動手段」を活用する方が効率よく観光できます。

ヴェルサイユ宮殿で利用できる移動手段には以下の4つがあります。

【プティ・トラン】プティ・トラン貸出し所

「little train」と呼ばれる敷地内の4つ停車ポイントを巡回するミニ列車の様な乗り物です。

画像マップ① プティ・トラン停車駅

プティ・トランの運行ルートは「①庭園の北側(Palace’s North Terrace)」→「②プティ・トリアノン(Petit Trianon)」→「③トリアノン宮殿(Grand Trianon)」→「④グランカナル(Grand Canal)」の順で、再び「①庭園の北側(Palace’s North Terrace)」に戻ってきます。

プティ・トランは、庭園の北側(画像マップ①参照)の乗り場及び、各停車スポットでチケット購入の上で乗車する事ができます。

料金
  • 8€
支払い方法現金
営業時間
  • ・11:30〜19:10(4月〜10月)
  • ・11:10〜17:10(上記以外の営業日)
※4月〜10月の月曜日の営業時間は11:30〜17:10迄になります。
運行間隔10分〜20分間隔で運行
その他
  • ・チケットを持っていれば降車した後も、各停車駅から再び乗車できるので、失くさないようにしてください。
  • ・各停車駅で乗車人数が多い場合は、チケットを新規で購入する人よりも、チケットが手元にある方の乗車が優先されます。

【レンタサイクル】レンタルサイクル

レンタルサイクルは、庭園の西側と北側のエリアを自由に行き来できる移動手段です。

画像マップ② レンタサイクル受付

レンタサイクルは、敷地内の北西側の観光スポット「大運河(グランカナル)」「トリアノン宮殿」「マリーアントワネットの離宮」を行き来するのに非常に便利です。

ヴェルサイユ宮殿の敷地内の道は、ほぼ平地で整備されているので、自転車に乗ると非常に快適に移動する事ができます。レンタサイクルは、「ヴェルサイユの噴水」近くに貸出し所があります。詳しくは「画像マップ②」を参照ください。

料金
  • ・30分:6.5€
  • ・1時間:8.5€
  • ・4時間:18€
  • ・8時間:20€
支払い方法クレジットカード、現金
営業時間
  • ・10:00〜17:30(2月15日〜3月)
  • ・10:00〜18:45(4月〜10月)
  • ・10:00〜17:00(11月1日〜15日)
※貸し出しは営業時間終了の30分前までになります。
※11月16日〜2月14日まではクローズとなります。
その他
  • ・貸し出し時には「パスポート」か、デポジットとして「100€」を預ける必要があります。
  • ・料金は自転車返却時にレンタルした時間に応じて支払います。
  • ・貸し出しは、30分(6.5€)以上からになります。
【レンタル カート】レンタルカート

「Electric vehicle」と呼ばれる、ゴルフで使用する様な四人乗りカートです。

画像マップ③ レンタルカート乗り場・貸出し所

レンタルカートは、24歳以上の国際免許所有者なら誰でもレンタルする事ができます。貸出し時には簡単なガイダンスがあります。「Geolocation」という現在の位置情報を取得する技術を利用しており、自動で音声ガイダンスが流れます。

貸し出し場所は、庭園内の宮殿建物近くと、庭園と公園の境目付近に合計2箇所あります。詳しくは「画像マップ③」を参照ください。

料金1時間:34€(以降は15分毎に8.5€加算)
支払い方法クレジットカード、現金
営業時間
  • ・10:00〜17:30(2月中旬〜3月)
  • ・10:00〜18:45(4月〜10月)
  • ・10:00〜17:00(11月と12月)
※貸し出しは営業時間終了の1時間前までになります。
※1月〜2月中旬まではクローズとなります。
最大乗車人数4名
その他
  • ・貸し出し時には「国際免許証」を預ける必要があります。
  • ・料金は返却時にレンタルした時間に応じて支払います。
  • ・貸し出しは、1時間(34€)以上からになります。
【レンタル ボート】レンタルボート

大運河(グランカナル)内を自由に行き来できるボートです。

画像マップ④ レンタルボート乗り場・貸出し所

ヴェルサイユの噴水の西側に広がる大運河「グランカナル」の中をボートで移動する事ができます。観光スポットを巡るというよりは、ボートの乗船自体を楽しむアトラクションの1つになります。

ボートは、ネプチューンの噴水の北側にある貸出し所でレンタルする事ができます。詳しくは「画像マップ④」を参照ください。

料金
  • ・30分:13€
  • ・1時間:17€
1時間を超えて乗車する場合は15分につき4€。
支払い方法クレジットカード、現金
営業時間【月〜金】
  • ・13:00 - 17:30(3月)
  • ・11:00 - 18:45(4月〜6月)
  • ・10:00 - 18:45(7月〜8月)
  • ・13:00 - 18:45(9月〜10月)
  • ・13:00 - 17:00(11月)
【土日】
  • ・11:00 - 17:30(3月)
  • ・10:30 - 18:45(4月〜6月)
  • ・10:00 - 18:45(7月〜8月)
  • ・10:30 - 18:45(9月〜10月)
  • ・11:00 - 17:00(11月)
※貸し出しは営業時間終了の30分前までになります。
※12月〜2月まではクローズとなります。
その他
  • ・18歳未満の方はボートのレンタルはできません。
  • ・最大乗船人数は4人まで、ただし大人4人+子供1人までは可能です。
  • ・貸し出し時には「パスポート」か、デポジットとして「20€」を預ける必要があります。

庭園の噴水ショーについて

ラトーヌの泉水

ヴェルサイユ宮殿の庭園では、時間帯や曜日によって、様々な有料ショーが開催されています。もし、「Palace ticket」や「ミュージアムパス」など、噴水ショーの入場が含まれていないチケットを購入した場合でも、噴水ショーのチケットを別途購入する事が可能です。

【Musical Gardens(音楽の庭園)
概要バロック音楽を楽しみながら、通常は公開されていない区域(ヴェルサイユ宮殿の秘密の庭園)の木立ちの中を散策できます。
料金8.5 €(大人)、7.5 €(6歳以上17歳未満)、無料(6歳以下)
開催時間09:00〜18:30
開催日3月から10月までの火曜日と金曜日※開催期間中でも、日によって開催曜日が異なる日や、開催されない日もあります。また年度によってもスケジュールは変動するので、詳細は「噴水ショーの詳細ページ(英語)」よりご確認ください。
【Musical Fountains Show(大噴水ショー)
概要音楽のリズムにのって行われる噴水ショーを眺めながら、庭園の散策ができます。
料金9.5 €(大人)、8.0 €(6歳以上17歳未満)、無料(6歳以下)
開催時間09:00〜18:30
開催日3月から10月までの土曜日と日曜日※開催期間中でも、日によって開催曜日が異なる日や、開催されない日もあります。また年度によってもスケジュールは変動するので、詳細は「噴水ショーの詳細ページ(英語)」よりご確認ください。
【The Fountains Night Show(夜の噴水ショー)
概要イルミネーションに照らされた夜の噴水ショーを音楽と共に楽しむ事ができます。また、幻想的な夜の雰囲気の中で庭園を散策する事ができます。
料金26.0 €(大人)、22.0 €(6歳以上17歳未満)、無料(6歳以下)
開催時間20:30〜22:40※噴水ショーの終了の22:50頃から約30分ほど、花火の打ち上げがあります。
開催日6月半ば~9月中旬までの毎週土曜日※開催期間中でも、日によって開催曜日が異なる日や、開催されない日もあります。また年度によってもスケジュールは変動するので、詳細は「噴水ショーの詳細ページ(英語)」よりご確認ください。

噴水ショーのチケットは、ヴェルサイユ宮殿の公式HPおよび、現地のチケットオフィスなどで購入が可能です。

まとめ

ヴェルサイユ宮殿は、フランスの中でも一二を争う混雑必須の人気観光スポットです。しかし、事前にWEBでチケットを購入(予約)してしまえば、当日にチケット購入列に並ぶ煩わしさから完全に解放されます。

ヴェルサイユ宮殿のWEB予約システムは、同じくヨーロッパの人気観光地「バチカン美術館」や「サグラダファミリア」などの予約システムと比較しても非常にシンプルで使いやすいです。

英語のサイトという理由だけで、WEB経由での予約におよび腰な方は、是非一度、当サイトを参考に「ヴェルサイユ宮殿」のチケット予約に挑戦してみてください。実際にやってみると、驚くほど簡単ですよ。