【完全予約制 ボルゲーゼ美術館】チケット予約方法を徹底解説

(2019年7月12日 公開) (2019-08-22 最終更新) ボルゲーゼ美術館の建物

ローマの美術館では、バチカン美術館に次いで人気なのがこの「ボルゲーゼ美術館」です。ボルゲーゼ美術館には、ラファエロをはじめ、ティツィアーノ、カラヴァッジオ、ベルニーニなど、16世紀から19世紀にかけて活躍したイタリアの巨匠たちの絵画や彫刻が数多く展示されています。

ボルゲーゼ美術館への入場は完全予約制となっているため、見学には予約が必要となります。現地のチケットオフィスでも当日予約は可能ですが、よほどのローシーズンでない限りは当日の予約入場は難しいと思います。

以上を踏まえ、本記事では事前に日本から「ボルゲーゼ美術館」のチケットを予約する方法について詳しく解説致します。

ボルゲーゼ美術館の基本情報

ボルゲーゼ美術館の予約方法について解説する前に、まずは営業時間やチケット料金などの基本情報を確認ください。

ボルゲーゼ美術館の見学と入場について

冒頭でも触れましたが、ボルゲーゼ美術館の見学は完全予約制となります。見学方法は、ご自身のペースで2時間自由に見学できる「自由見学」と、英語かイタリア語のガイドと共に見学する「ツアー形式」の2種類があります。

見学方法については、予約時にお好きな方法を選択できますが、特に指定しなければ基本は「自由見学」になります。多くの方は英語のガイドツアーよりも自由見学を選択されるのではないでしょうか。

営業時間と見学スケジュール

ボルゲーゼ美術館の栄養時間は「08:30~19:30」で、月曜日が休館日となります。

ただし、見学は2時間制となっているため、以下5つの見学スケジュールの中から、お好きな時間帯を選んで予約する形になります。

  • 9時~11時
  • 11時~13時
  • 13時~15時
  • 15時~17時
  • 17時~19時

各時間帯の最大人数は360人までとなり、定員に達した時点で予約不可となります。予約に空きがあれば、現地でチケット購入と同時に予約する事も可能です。ただし、当日に入場できない可能性は高いので事前の予約がお勧めです。

チケット料金

料金
(現地・電話予約)
【一般】
  • ・15.0 €
  • ・20.0 €(特別展開催時)
【18歳未満】
  • ・2.0 €
料金
(WEB予約)
【一般】
  • ・17.0 €
  • ・22.0 €(特別展開催時)
【18歳未満】
  • ・4 €
※WEB予約時のチケット料金は通常料金に2€の予約手数料を加えた総額で記載しております。

ボルゲーゼ美術館のチケット予約・購入方法

完全予約制のボルゲーゼ美術館のチケット予約方法には大きく以下の3種類の方法があります。

  • 【公式HPからオンライン予約】ボルゲーゼ美術館の公式HPからオンラインで予約する方法です。正規料金に加えて2ユーロの予約料金が発生します。サイトの言語は英語になりますが、本記事のガイドに沿っていけば簡単に予約できます。予約ページは、パソコン表示にしか対応してませんが、スマートフォンからでも予約自体は可能です。ただし自宅にPCがあるのでしたら、見やすいパソコン画面からの予約がお勧めです。
  • 【オプショナルツアーサイト経由で予約する】日本語のページがある「GET YOUR GIDE」などのオプショナルツアー会社のサイト経由で予約する方法です。手数料はかかりますが、予約完了まで日本語で行う事ができます。予約も数ステップで公式サイトよりも簡単に行う事ができます。

  • 【電話で予約する】現地のチケットオフィス(+39 06 32810)に直接国際電話をして予約する方法です。電話料金以外の手数料は一切かかりませんが、多少の英語力が必要となります。

上記のどの方法でチケット予約(入場予約)をした場合でも、実際のボルゲーゼ美術館の入場チケットは、必ず現地のチケットオフィスでの受け取りが必要となります。

入場チケットの受け取り方法や場所については、予約方法ごとに若干だけ異なります。次項よりそのあたりも踏まえて、それぞれの予約方法から受け取り方法まで詳しく解説していきます。

公式HPからのオンライン予約方法

本項ではボルゲーゼ美術館のチケットを公式予約サイトからオンライン予約する方法を解説致します。

まずは、ボルゲーゼ美術館の予約サイトにアクセスしてください。

※予約はPCとスマートフォン、どちらからでも可能です。本記事では画面遷移の分かりやすいPCの画面を例に予約方法を解説致します。スマートフォンで予約する場合も同じ手順で操作を行えば予約を完了できます。また、WEBでのチケット予約にはクレジットカード(VISA、MasterCard、AmericanExpressのみ)が必要となりますので、ご準備の上でサイトにアクセスしてください。

予約日を選択

サイトにアクセスすると、ボルゲーゼ美術館の概要とカレンダーが表示されています。

予約日の選択画面

予約日を選択する前に、まずは表示言語をイタリア語から英語に切り替えます。ページの右下付近に「Selezione lingua」というメニューがあるので、クリックして「English(英語)」に切り替えてください。

表示言語を英語に変更

画面の表示言語が英語に切り替わったら、予約したい日付をページ内のカレンダーから直接クリックして選択してください。カレンダー上部のメニューか◀︎▶︎の矢印をクリックすると表示月を変更できます。予約は当日から80日ぐらい先の日付まで選択可能です。

カレンダーから予約日を選択

日付の下の「from 20.00€」や「from 15.00€」の表示は、その日の大人の入場料金を示しています。基本は15 €(別途で予約料2€)ですが、夏場などに企画展がある場合は、5€ほど高くなる事があります。

予約時間とチケット枚数の選択

日付を選択すると、今度は予約時間と購入枚数の選択画面(写真下)に移動します。

予約時間と購入枚数の選択ページ

チケットには「自由見学」と「ツアー形式(英語かイタリア語)」の2種類があります。日本語のツアーはありませんので、ページの上側に並んでいる「自由見学(CAT 1~5)」の中から時間と枚数を選択します。

予約時間と購入枚数の選択ページ

赤枠内が、各時間帯のブロックになります。ボルゲーゼ美術館は自由見学でも2時間制なので「IN 09:00-OUT 11:00(9時入館ー11時退館)」の様に時間帯が区切られています。お好きな見学開始時間を「9時」「11時」「13時」「15時」「17時」の中から選択してください。No tickets currently availableとなっている時間帯は既に売り切れとなっています。

一般の大人の方のチケットは「Full Price」になるので、その右側の「QUANTITY」列の▼▲部分をクリックして、チケット枚数を選択してください。

18歳未満の同伴者がいる方は「Child under 18」の枚数も同時に選択してください。「EU citizens aged 18-25」はEU市民用の割引になります。また、異なる時間帯のチケットを同時に選択する事はできません。

チケット枚数の選択が完了したら、右側の黄色いボタン「Next」をクリックしてください。

予約時間と購入枚数の選択ページ Nextボタン

すると、「I'm a not robot(私は機械ではありません)」という項目が表示されるので、□にチェックを入れてください。

ロボットの有無をチェックする画面

チェックを入れると画面が切り替わり、予約内容の確認画面が表示されます。

予約内容の確認ページ

□のチェック項目が2つありますが、当日現地に行けなかった時の保険加入や、ギフト包装のオプションなので、基本的にチェックしなくて大丈夫です。画面上方の青いボタン「Continue to checkout」ボタンを押して次のステップに進んでください。

会員登録(アカウントの作成)

続いて会員登録を行います。会員登録はチケット予約時には必須となっていますので、ページ右上の「Create new account(新規アカウント作成)」のタブをクリックして会員登録を進めていきます。

ボルゲーゼ美術館予約ページ 新規アカウント作成ページ
  1. ①「E-mail(メールアドレス)」メールアドレスを入力します。このメールアドレスに予約バウチャーが届くので間違いない様に入力してください。

  2. ②「New password(パスワード)」任意のパスワードを設定します。6文字以上で、アルファベットと数字を組み合わせて作成する必要があります。例:amazing99 など、

①メールアドレスと②パスワードを入力したら、その下あたりにある水色のボタン「Continue」をクリックします。

続いて、③「チケットの受け取り方法」を「A. 郵送で受け取り」か「B. 現地チケットオフィスで受け取り」のいずれかで選択します。

チケットの受け取り方法の選択

郵送でチケットを受け取る場合、受け取りまで最低でも20営業日の猶予が必要で、9.99ユーロの郵送費がかかります。

現地のチケットオフィスで入場チケットを受け取る場合は、予約完了後に送られてくる予約番号と引き換えに受け取る事ができます。通常は「Pick-up at the Venue Box Office(現地チケットオフィスで受け取り)」が断然お勧めです。本記事でも現地受け取りを選択した前提で解説していきます。

ページを下部にスクロールして、必要な項目だけを入力していきます。

予約者情報の入力画面
  1. ④「Customer type(購入者のタイプ)」購入者する方のタイプを「Individual(個人)」と「Business(法人)」から選択します。通常の旅行者の方は「Individual」の左側の○にチェックを入れてください。

  2. ⑤「Title(敬称)」購入者の敬称を選択します。女性の方は「Ms」、男性の方は「Mr」の方にチェックを入れてください。

  3. ⑥「First name(名前)」購入者の名前を半角のローマ字で入力してください。

  4. ⑦「 Last name(苗字)」購入者の苗字を半角のローマ字で入力してください。

  5. ⑧「Date of birth(生年月日)」購入者の生年月日を月日年の順で入力してください。1999年1月22日生まれの方なら、01 / 22 / 1999 の順で入力します。日よりも月が先ですのでご注意ください。

  6. ⑨「Gender(性別)」必須項目ではないですが、一応性別も選択します。男性の方は「Male」、女性の方は「Female」を選択してください。

  7. ⑩「Country of birth(国籍)」購入者の国籍を選択します。日本なら「Japan」です。

予約者情報の入力画面(国籍・住所の入力)
  1. ⑪「Fiscal code(財政コード)」ここは次の必須項目⑫在住国を入力すると自動で入力されるので、とりあえずスルーして大丈夫です。もし自動で入力されなかった場合は「EE1」と入力してください。

  2. ⑫「Country(在住国)」現在お住いの税金を納めている国を選択ください。日本なら「Japan」です。ここで「Japan」を選択すると⑪の「Fiscal code」のフォームに 「EE1」と自動で入力されます。

  3. ⑬「Street and Housenumber(番地町名)」番地と町名をローマ字表記で記載します。新宿区歌舞伎町9-40-24 という住所なら「9-40-24 KABUKICHO」と記載します。

  4. ⑭「Postcode(郵便番号)」ご住所の郵便番号を入力してください。「-(ハイフン)」なしで大丈夫です。

  5. ⑮「city(市町村区)」新宿区なら「Shinjuku-ku」と入力します。

予約者情報の入力画面 メールアドレス・電話番号の入力
  1. ⑯「E-mail address(メールアドレス)」ここは自動で入力されていると思います。その場合は入力の必要はありません。入力されてない場合は、予約完了メールを受け取りたいメールアドレスを入力してください。

  2. ⑰「Phone number(電話番号)」電話番号を入力します。最初の頭数字を1つとって、代わりに日本の国番号「81」を頭につけて入力します。番号が「05-4533-3333」なら「81 5-4533-3333」になります。

  3. ⑱「個人データーの利用に関する同意」⑱にある2つの○のチェック箇所は、個人データーをマーケティングのリサーチに利用する事への同意なので、同意したくない方は「I deny consent(同意しない)」の左側の○に2箇所チェックを入れてください。

予約者情報の入力画面 規約への同意
  1. ⑲「規約条項への同意」最後に規約条項に同意するために、左側の□にチェックを入れます。予約を完了するにはこの項目の同意が必須となります。

①〜⑲までの必要項目の入力と選択が完了したら、ページ下部の水色のボタン「Save and go to payment」をクリックして、お支払いのステップに進みます。入力漏れや不備があると次のステップに進めません。その場合は、赤字で変更箇所を知らせてくれるので、修正の上で、再度、ボタンをクリックしてください。

お支払い情報の入力

会員登録が完了したら、次はお支払い情報の入力を行います。クレジットカードで支払われる方は一番上の「Creditcard」の左側の○にチェックを入れてください。

お支払い方法の選択画面

クレジットカードにチェックを入れると、カード番号などの入力項目(写真下)が表示されますので、入力を進めていきます。

お支払い情報の入力
  1. ①「Credit card owner(カード名義)」カードに記載されている名義をローマ字で入力してください。

  2. ②「Credit card number(カード番号)」クレジットカードの番号を入力してください。

  3. ③「Card Type(カード会社)」今回使用するカード会社を「Visa」「MasterCard」「American Express」から選択してください。

  4. ④「Valid until(カード期限)」カードの有効期限を選択してください。2019年3月なら「03」「2019」と順番に選択します。

  5. ⑤「Code cvv2 or 4DBC(セキュリティコード)」カードの裏面に記載されている数字の下3桁を入力します。

支払いページへの移行確認画面

後は、カード会社ごとの決済ページに移動するので、暗証番号などを入力して支払いを完了してください。支払いが正常に完了すると、最終確認画面(写真下)が表示されます。

ボルゲーゼ美術館チケット予約 最終確認ページ

最後にページ上部の□にチェックを入れて再び規約に同意します。後は、ページ下部の水色のボタン「Send order and pay」をクリックすれば購入完了です。

予約が完了すると「We have received your order」という予約完了画面に移動します。

ボルゲーゼ美術館 予約完了ページ

上記のページが表示されるとほぼ同時に、メールアドレスの方に「Purchase Order Confirmation Tosc.it - Your order ID is 注文番号」という件名でメールが届きます。

このメール本文内に当日にチケットオフィスでチケットを受け取るのに必要な「pick-up code(ピックアップコード)」が7桁の英数字で記載されています。

予約完了後のメールと引きかけ方法

下の写真が予約完了後に送られてくるメール本文の一部分です。トータル料金の下あたりに「Pick-up / delivery:」という表記があり、その下数行目あたりに「Your pick-up code is: 6桁のコード」が記載されています。

予約完了メールの本文

ボルゲーゼ美術館の見学当日はこの7桁のピックアップコードを控えるか、できればプリントアウトの上、パスポートなどのIDと一緒に提示して、チケットを受け取ってください。

オプショナルツアーサイト経由での予約方法

ボルゲーゼ美術館 GET YOUR GIDE チケット予約ページ

ボルゲーゼ美術館のチケットは本記事でお勧めする「GET YOUR GIDE」などのサイトを利用すれば、ほんのわずかな手数料(600~900円ほど)で、ボルゲーゼ美術館の入場チケットを予約する事ができます。

GET YOUR GIDEは2009年に設立された世界遺産や施設のツアーやチケット手配を行っている会社です。以前は日本語に対応しておりませんでしたが、ここ数年は日本語に対応し、日本の利用者も増えております。

  • ローマ:ボルゲーゼ美術館 優先入場チケットローマで最も人気のある美術館のひとつ、ボルゲーゼ美術館をご自分のペースで見学しましょう。ルーベンスの「キリストの埋葬」やラファエロの「キリストの埋葬と一角獣を抱く貴婦人」など、歴史的な絵画や彫刻をご覧ください。

GET YOUR GIDEの予約方法

GET YOUR GIDE の「ボルゲーゼ美術館 チケット予約ページ」に移動したら、ページ中頃にある項目から「購入枚数」と「予約日」を選択します。

GET YOUR GIDE 人数と予約日の選択ページ

予約日を選択すると、予約可能な時間帯が表示されます。

GET YOUR GIDE 予約時間の選択

入場予約が可能な時間帯が表示されるので、希望の時間帯をクリックして選択します。

予約したいツアー(チケット)の見学時間帯を選択したら、青色の「カートに入れる」ボタンを押してくださいページが切り替わり、予約確認画面(写真下)が表示されます。

GET YOUR GIDE 予約内容の確認画面

予約内容に問題がなければ、スマートフォンならページの下側、パソコンなら右側のメニューにある青いボタン「チェックアウトする」ボタンをクリックしてください。

後は次のページ以降で、氏名やメールアドレス、クレジットカード情報などを入力の上、予約を完了してください。予約が完了すると、予約完了画面(写真下)にて、当日にチケットと引き換えができるバウチャーがダウンロードできる様になります。

GET YOUR GIDE 予約内容の確認画面

GET YOUR GIDE ボルゲーゼ美術館のバウチャー

ボルゲーゼ美術館のバウチャー(引換券)は「印刷用バウチャー」と「モバイル用バウチャー」の2種類が利用可能です。チケットの引き換えにはどちらを利用しても問題ありません。「モバイル用バウチャー」を選択して、ご自身のスマートフォンに送信する事で、プリントアウトの手間を省く事ができます。現地ローマのプリンターのない環境で予約する方には、嬉しいサービスだと思います。

印刷用バウチャー

こちらが印刷用のバウチャーです。チケットの引き換え場所や地図などが日本語で表記されています。

GET YOUR GIDE ボルゲーゼ美術館の印刷用バウチャー

モバイル用バウチャー

こちらがモバイル用のバウチャーです。チケットの引き換え場所や受け取り方法は、印刷用バウチャーと同じで、違いは印刷しないでスマートフォン上で提示すれば良いという点です。

GET YOUR GIDE ボルゲーゼ美術館のモバイル用バウチャー

入場チケットと記載されていますが、あくまでも引換券なので、必ず入場前に本チケットを受け取る様にしてください。

集合場所(GET YOUR GIDE利用時)

GET YOUR GIDE経由で「ボルゲーゼ美術館」のチケットを予約した場合、ボルゲーゼ美術館のメイン入口の外でチケットを受け取る事ができます。

受け取り場所には「Get Your Guide」のスタッフがいるので、印刷かモバイルいずれかのバウチャーを提示してチケットを受け取ってください。遅くとも見学開始時間の15分前にはチケットを受け取る様にしてください。下の写真が正面入り口の景観です。

ボルゲーゼ美術館 建物正面の景観

電話での予約方法

ボルゲーゼ美術館の予約は現地ローマのチケットオフィス(+39 06 32810)に電話する事で直接行う事も可能です。

電話をかけると最初は自動音声での案内となるので、まずは案内の言語を選択します。イタリア語なら電話番号の1番、英語なら2番を押してください。続いて、前で選んだ言語で、個人予約(1番)か、グールプ予約(2番)かを聞かれるので、個人予約の方はダイヤル1番を選択してください。

言語と予約形態を自動音声で入力すると、オペレーターにつながります。オペレーターが電話に出たら「I would to make a reservation Borghese Museum(ボルゲーゼ美術館を予約したい)」などと伝えて、後は予約日時と人数を伝えます。ネットなどの口コミを見ると、予約する美術館名を聞かれた方などもいるので、最初にこちらから「I would to make a reservation Borghese Museum」と言って「ボルゲーゼ美術館を予約したい」と伝えてしまった方が手っ取り早いです。

予約時に伝えた日時に空きがあれば「予約番号」を英語で伝えてくるので、その番号をメモの上で、当日にチケット売り場で予約番号を伝えてチケットを受け取ってください。

電話予約の場合のチケットは、遅くとも予約時間の30分前には受け取る様に公式HPで案内されています。

どの予約方法がおすすめなのか?

ボルゲーゼ美術館の以下の3つ予約方法の中では、①か②の方法が手軽で料金的にもそこまで高額になるわけではないのでお勧めです。

  • ① 公式HPからオンライン予約
  • ② オプショナルツアーサイト経由で予約する
  • ③ 現地のチケットオフィスに電話で予約する

特に「② オプショナルツアーサイト経由で予約する」は、手数料は最も高いですが、公式サイトで予約するよりも入力箇所が少なく予約手順的にもシンプルです。WEBの予約システムになれてない方などにはお勧めの予約方法です。

  • ローマ:完全予約制のボルゲーゼ美術館 入場チケットローマで最も人気のある美術館のひとつ、ボルゲーゼ美術館をご自分のペースで見学しましょう。ルーベンスの「キリストの埋葬」やラファエロの「キリストの埋葬と一角獣を抱く貴婦人」など、歴史的な絵画や彫刻をご覧ください。

普段からWEBの予約に慣れている方は、英語ページからにはなりますが「① 公式HPからオンライン予約」の方法が、正規料金15ユーロに2ユーロの手数料が加わるだけなので、料金的にはお勧めです。

「③ 現地のチケットオフィスに電話で予約する」は、予約料金や手数料は一切発生しませんが、事前に日本から入場予約をしようとすると国際電話になります。その場合、むしろ国際電話料金の分だけ割高になるので、なんのメリットもありません。この方法は英語が多少できて、現地に滞在中の方が、思い立った時に手軽に予約できる方法として活用するのがお勧めです。

ローマパスを利用した入場予約について

以前まで、ローマパス保有者は電話で予約を入れる事で、無料でボルゲーゼ美術館に入場する事が可能でした。しかし、2019年7月の時点では、ボルゲーゼ美術館の入場にローマパスの利用は不可となりました。

これが一時的かどうかについても、詳細な事はローマパスの公式HPでも書かれていません。新たな変更がありましたら本記事でも随時ご報告致します。

チケットの引き換えから入場までの流れ

チケット受け取りの流れ

ボルゲーゼ美術館の観光当日、まずは地下のチケットオフィスに立ち寄って入場チケットを受け取ります。ボルゲーゼ美術館の予約完了メールには遅くとも1時間前にはチケットをピックアップする事が推奨されているので、余裕を持ってチケットをピックアップしてください。

ボルゲーゼ美術館の建物は上下に入り口が2つありますが、上の入り口は、見学開始の入場口になります。予約したチケットのピックアップは正面下の入口から入場してください。

ボルゲーゼ美術館の入口

建物に入場して数段の階段を降りると右手側にチケットオフィスがあります。この手前側の窓口が予約者のチケット引き換え窓口、その奥側が当日に予約をする人用の窓口になります。

ボルゲーゼ美術館内のチケットオフィス

チケットを受け取る際は、ピックアップコードが記載された予約完了メールと、パスポートなどの身分証明書を提示します。予約完了メールはスマートフォン上で提示しても大丈夫だと思いますが、念のためプリントアウトして持参する事をお勧めします。

下の画像が入場チケットです。裏面には入場時間が記載されています。

ボルゲーゼ美術館の入場チケット

チケットを受け取ったら入場を待つだけですが、見学スペースに大きなバックやリュックは持込めません。荷物がある方は見学前に荷物を預ける必要があります。

ボルゲーゼ美術館のバゲージルール

上の画像だと、ハンドバックもダメっぽいですが、そのまま持ち込んでいる女性も結構いました。恐らく小さなハンドバック程度なら持ち込んでも大丈夫ですが、この辺りの基準は微妙なので荷物預り所の係員に確認してください。

荷物預り所(写真下)は、チケットオフィスを正面にして背中側の奥にあります。見学開始時間前になると人が殺到するので、チケットを受け取ったらすぐに荷物を預けてしまうのがお勧めです。

ボルゲーゼ美術館の荷物預かり所

荷物を預けると番号が記載された預り証を渡されます。荷物を受け取る際は預かり証が必要となるので無くさない様にしてください。また、館内にはフロアマップ(英語)も配布されているので、見学前にゲットしておいてください。

ボルゲーゼ美術館のフロアマップ置き場

館内の見学の前に以下の3点が揃ったら準備完了です。

ボルゲーゼ美術館のチケット、フロアマップ、荷物預かり証

後は、館内の待機スペースやカフェ、ギフトショップなどで時間を潰して入場を待ちます。館内には座れる場所や、ギフトショップ、カフェなどもあるので休憩にはもってこいです。下の画像はチケットオフィス前の待機スペースです。

ボルゲーゼ美術館内の待機スペース

オーディオガイドもチケットオフィスと同階でレンタル可能ですが、日本語はありません。

ボルゲーゼ美術館内 オーディオガイドの貸し出しカウンター

参考までに以下のチケットオフィス階の地図も参考にしてください。

ボルゲーゼ美術館内 地下フロアマップ

① チケットオフィス② オーディオガイド貸し出し所③ インフォメーション(フロアマップ置き場)④ 荷物預かり所⑤ ギフトショップ⑥ カフェ⑦ トイレ

見学開始の流れ

入場チケットを受け取って、予約時間の5分ぐらい前になったら見学開始口に移動します。見学開始口は、チケットオフィス階から一旦外に出て、階段を登った所に入口があります。地下(チケットオフィス階)からも入場できますが、結局階段を登るだけなので意味はありません。

ボルゲーゼ美術館 見学エリアの入口

階段を上って建物に入ると、彫像や胸像が飾られた回廊の様な場所に出ます。見学開始まではこの場所で待機し、係員の合図と共に見学をスタートしてください。

ボルゲーゼ美術館 見学エリア前の回廊

見学開始時間に関してはかなり厳密なので、定刻にならないと入場させてくれません。また館内は一切の写真撮影が禁止となっています。ご自身の目に焼き付けて絵画や美術品を堪能してください。

館内見学の所要時間

ボルゲーゼ美術館の展示は2フロアで20室ほどの規模です。そこまでじっくり見ない方だと30分ぐらいで見終わってしまうと思いますが、1時間ぐらいかけてゆっくり鑑賞するのがお勧めです。見学は最大で2時間まで可能なので、じっくり見ても時間は十分にあります。2時間経った時点で入場者は完全に入れ替えとなります。

まとめ

ボルゲーゼ美術館を見学する上で重要なポイントをまとめると以下になります。

  • ・見学には必ず予約が必要
  • ・予約はオンライン・電話・現地で可能だが、事前のオンライン予約がお勧め
  • ・予約経由に関わらず必ず現地でチケットの受け取りが必要
  • ・館内は自由見学可能だが、2時間の完全入れ替え制
  • ・2019年7月の時点でローマパスを利用した入場は不可
  • ・特別展開催時は入場料金が通常時よりも5ユーロほど値上がりする。

ボルゲーゼ美術館は、日本のガイドブックなどでもそこまで取り扱いは大きくありませんが、非常に見応えのある場所なので、是非足を運んでみてください。