ドゥオーモ クーポラ チケット予約・購入方法を徹底解説

(2020年02月13日 最終更新) (2018年3月14日 公開) フィレンツェ イタリア
フィレンツェとドゥオーモの景観

フィレンツェのシンボルであるドゥオーモの正式名称は「サンタ・マリア・デル・フィオーレ教会」と言います。このドゥオーモ内部の入場は無料ですが、ドゥオーモの「クーポラ」と呼ばれるドーム型の天井部分に登るには「共通チケットの購入」と「予約手続き」が必要です。

以前までは共通チケットさえ購入すれば「クーポラ」へ入場する事ができましたが、2016年11月以降、クーポラへの入場は完全予約制となり、入場予約が必須となっています。

本記事では、ドゥオーモの共通チケットの予約購入と同時に、クーポラの日時指定予約をする方法を中心に解説いたします。

ドゥオーモ クーポラのチケット予約・購入方法について

ドゥオーモのチケット予約・購入方法について触れる前に、まずはチケット料金をご確認ください。

  • 【現地購入】
    共通チケット:18ユーロ
  • 【オンライン購入】
    共通チケット:20ユーロ

※ 共通チケットに関しては本記事後半の「共通チケットについて」の項にて詳しく解説しております。

ドゥオーモの入場チケットは上記の「共通チケット」1種類だけになります。共通チケットさえあれば、全てのドゥオーモ関連施設に1度づつだけ入場できます。ただし、冒頭で触れた様に、クーポラ部分に登るためには「共通チケットの購入」に加え「クーポラの入場予約」が必要となります。

フィレンツェ ドゥオーモの共通チケットを予約・購入するには、大きく以下の4とおりの方法があります。

① 公式サイトでオンライン予約する(英語・イタリア語)

フィレンツェ ドゥオーモ公式サイト予約ページ

最も王道のドゥオーモの「公式チケット予約サイト(英語)」」から予約する方法です。現地購入より2€(予約料金)ほど高くなり「20ユーロ」となりますが、この方法でチケット予約すれば、指定時間に並ばずに確実に入場できます。

② GET YOUR GIDEで予約する(日本語)

GET YOUR GIDE ドゥオーモの共通チケット予約ページ

英語ページでの予約に抵抗がある方は、GET YOUR GIDEというサイトの「フィレンツェ : ドゥオモ記念碑的複合施設チケット&ドーム予約」ページから予約する方法がお勧めです。

ドゥオーモの共通チケット 兼 予約書

公式サイトでの予約より5ユーロほど高くなり、総額「25ユーロ」となりますが、予約完了までを全て日本語で行えます。このサイトの素晴らしい点は、予約完了後に公式サイトで予約した場合と全く同じ「共通チケット 兼 クーポラ予約書(画像右)」を入手できる点です。

観光当日は、このチケットをプリントアウトして持参すれば、指定した日時にドゥオーモのクーポラに登る事ができます。チケットオフィスに立ち寄る必要もありません。

③ フィレンツェカードを利用して予約する(英語・イタリア語)

フィレンツェカード

フィレンツェカードを購入予定や購入済みの方は、クーポラの予約と入場は無料となりますが、チケットオフィスか自動券売機で、本チケット発券と予約手続きが必要となります。この方法の場合、事前に日本でクーポラの入場予約を行う事ができません。

④ 現地のチケットオフィスで予約する(英語・イタリア語)

ドゥオーモ付属美術館のチケットオフィス

ドゥオーモには、チケットオフィスが数箇所あり、そのうち「サン・ジョヴァンニ洗礼堂の前」と「ドゥオーモ付属美術館内」のチケットオフィスにて「共通チケット」を購入して、クーポラの予約が可能です。ただし、観光客が多い暖かい時期(3月〜11月)は、まず訪問当日のクーポラ予約は難しい思います。ピークシーズンは5日先まで予約がいっぱいなんて事もざらにあります。

クーポラ訪問当日に確実に入場したい方は、「共通チケットの購入」と「クーポラの日時指定予約」が同時にできる、「① 公式サイト」か「② GET YOUR GIDE」での予約がお勧めです。

次項より「公式サイトでオンライン予約する方法」から順番に、①から④までの全てのチケット予約・購入方法について、詳しく解説していきます。

① 公式サイトでオンライン予約する方法

ドゥオーモ クーポラの公式チケット予約サイト

クーポラに登るための入場チケットは、「ドゥオーモの公式チケット予約サイト(英語)」からオンラインで事前に予約する事ができます。

WEBで予約する場合のチケット料金は「20ユーロ」になります。この料金には、通常のチケット料金「18 €」に、WEB予約手数料の「2€」が加算されています。

オンラインのチケット予約では、同時にクーポラの入場予約も行う事ができます。うっかりチケットだけを予約しても、クーポラの入場予約をしないと、観光当日にクーポラに登る事ができませんのでご注意ください。

それでは、本ページで順を追って、クーポラのチケット予約(購入)と同時に入場予約をする方法を詳しく解説致します。お手元に決済に使用するクレジットカードをご準備の上で、まずは、こちらからサイトにアクセスしてください。

※チケット予約で使用できるクレジットカードは「VISA」「JCB」「MASTER CARD」「AMERICAN EXPRESS」「ダイナースクラブカード」などほとんどのカードが使用できます。

【STEP1】予約日時とチケット枚数を選択

チケットの予約サイトにアクセスすると、いくつか選択項目があるので、下の図表1を参考に「クーポラの入場日」「入場時間」「チケット枚数」などを選択していきます

「図表1」予約日とチケット枚数を選択
  1. ①「予約日(choose a date)」クーポラの入場を希望する日にちを選択します。上の図の青枠で囲ったアイコンをクリックするとカレンダーが表示されますので、そこから日付を選択する事ができます。

  2. ②「number of tickets(チケット枚数)」チケットの枚数を選択します。+と-ボタンをクリックすると枚数を増減できます。通常のチケットは「FULL(20ユーロ)」になります。

  3. ➂「Brunelleschi's Dome Skip-the-Line Booking(クーポラの入場予約)」クーポラの入場予約をするには、この項目の□にチェックを入れます。ここにチェックを入れないと入場予約ができないので忘れずにチェックを入れてください。

  4. ④「入場時間の選択」クーポラの入場時間を選択します。図表の例だと既に8:30が選択された状態です。夏場のピークシーズンは18:30の入場まで予約可能です。

①~④の項目の選択が完了したら、⑤の□にチェックを入れて規約に同意して、⑥のボタン「Add to cart(カートに入れる)」を押して、次のステップに進みます。

「図表2」規約の同意とカートボタン

【STEP2】予約者情報の入力

次に画面右側(スマートフォンは画面下)の項目、予約者情報とメールアドレス、国籍を入力していきます。下の図は画面の右側の項目を拡大したものです。

「図表3」予約者情報とメールアドレス入力画面
  1. ①「Your First Name(名前)」予約者の名前をローマ字で入力します。ドゥオーモの公式サイトでは予約者本人以外はチケットが利用できないとの注意書きがされています。

  2. ②「Your Last Name(苗字)」予約者の苗字をローマ字で入力します。

  3. ③「E-mail(メールアドレス)」メールアドレスを入力します。このアドレスにチケットとなるバウチャーと、クーポラの予約書が届くので絶対に間違えない様に入力してください。

  4. ④「Your Country Of Residence(居住国)」住んでいる国を選択します。ほとんどの方は「JAPAN」だと思います。

入場時確認用の名前と生年月日の入力
  1. ⑤「Name And Surname(氏名)」入場時確認用の氏名をローマ字で入力します。身分証明証の提示を求められた時にここの氏名と一致しないと入場できない場合があります。山田太郎なら「TARO YAMADA」と入力してください。名前と苗字の間は半角スペース(多分全角でも問題ないと思います)。

  2. ⑥「Birth Date (Day/Month/Year)(生年月日)」チケット予約者の生年月日を入力してください。1980年6月14日なら「14/06/1980」と入力してください。

①~⑥の項目の入力・選択が完了したら、⑦のプライバシーポリシーへの同意のチェックボックス□にチェックを入れ、⑧の「Proceed To Pay(支払いに進む)」ボタンを押して、次のステップ「お支払情報の入力」に進みます。

「図表4」プライバシー規約への同意とお支払ボタン

【STEP3】お支払情報の入力

カード情報の入力画面に移動したら、後は下の図を参考に①~⑥必要項目を入力・選択して、⑦のボタン「Summit(送信)」ボタンを押して購入を完了します。

「図表5」お支払情報 入力画面
  1. ①「Card Number(カード番号)」クレジットカードの番号を入力してください。

  2. ②「CVV2/CVC2/4DBC(セキュリティコード)」カードの裏面に記載されている数字の下3桁を入力します。

  3. ③「Expiration Date(カード期限)」カードの有効期限を選択してください。2019年8月なら「8」「2019」と順番に選択します。

  4. ④「Cardholder's Name(カード名義)」カードに記載されている名義をローマ字で入力してください。

  5. ⑤「Email for notification(メールアドレス)」支払い明細関連のメールを受診するためのメールアドレスを入力します。

  6. ⑥「I confirm that I have read the disclosure information(開示情報確認の同意)」□にチェックを入れて、表示・開示されている情報を確認した事に対してに同意を求められているので同意します。

「SUBMIT(送信)」ボタンを押した後は、各クレジットカード会社ごとの暗証番号などの入力画面に移動するので、そこでパスワードを入力して支払いを完全に完了してください。

支払い完了後

お支払情報を入力して支払いが正常に完了すると、最終的に下図の様な「チケット(バウチャー)兼、クーポラ予約書」をダウンロードできるページに移動します。

チケット兼クーポラ予約書のダウンロードページ

赤枠内のリンク文字「Ticket or Voucher Download 」と書かれた文字をクリックすると、PDFのチケットがダウンロードできます。このPDFが「チケット兼クーポラの予約書」になります。

観光当日はこのPDFチケットをダウンロードの上でプリントアウトし、必ず持参する様にしてください。ダウンロード用のリンクが2つありますが、上が「予約書(バウチャー)」のダウンロード用リンクで、下が「クーポラ予約書」のダウンロード用リンクになるので、必ず2枚ともダウンロードの上でプリントして、旅行当日に持参する様にしてください。

また、「チケット(バウチャー)兼クーポラ予約書」は登録したメールアドレスにもPDFファイルとして添付されているので、いつでもダウンロードする事ができます。チケットが添付されているメールは件名「Your Confirmation - the Great Museum of the Cathedral of Florence」になります。

※予約完了後に送られてくるメールは3通あります。1通が上で紹介したチケットが添付されてくるメールで、もう1通が予約の概要やお支払関連の情報を記した領収書代わりのメール、そして残りの1通は、件名「Your Order Summary Il Grande Museo del Duomo - 注文番号」というメールで、注文番号(Order number)などが記されています。こちらはあくまでも控え用のメールなのでさほど重要ではありません。ただし、万が一、チケット添付のメールだけが届かなかったり、正常にお支払い完了ページに移動できなかった場合は、この注文番号(Order number)を記して、お問い合わせを行う事ができますので、万が一の場合に利用してください。また、予約時にクーポラの時間指定予約を忘れた場合も、このメールに記載されている「here」というリンクをクリックした飛び先のページで予約を行う事ができます。

共通チケット(公式サイト予約時)

下の写真が、支払い完了後にメールアドレスに送られてくる「共通チケット兼クーポラ予約書」になります。以前までは共通チケットとクーポラ予約書が別になっておりましたが、現在は1枚に統一されております。

ドゥオーモの共通チケット兼クーポラ予約書

観光当日は、このチケットをプリントアウトの上で持参ください。ドゥオーモ公式サイトの記載では、スマートフォンやタブレット画面でのチケット提示はバーコードの読み込みが困難なため、お勧めできないとされています。プリントアウトして持参するのが絶対にお勧めです。

チケットで大事な部分は、中央の日時が記載された赤枠の部分です。この日時が予約時に指定したクーポラの入場日時になります。予約時間を「09:30」に設定した場合、そこから15分間有効なので、9時45分までにはクーポラの入場口に移動します。公式HPでは遅くとも、チケット記載時刻の20分前にはクーポラの入口にいる事を推奨しています。

クーポラの入口や入場の流れについては、本記事後半の「クーポラの入口と当日の入場の流れ」を参考にしてください。

チケットの有効期限

チケットは記載された日付から30日間有効で、期間内であれば、いつからでもチケットの使用を開始できます。ただし、一度チケットを使用した時点からのチケット有効期限は72時間です。また「チケット」が有効でも、クーポラだけは「チケット」に記載された指定日時でしか登る事はできませんのでご注意ください。

クーポラ予約を後から行う場合

オンラインチケット予約時に、うっかりクーポラの予約を忘れてしまった場合、現地のチケットオフィスでのみ「クーポラ」の予約が可能です。以前までは、オンラインでも後からクーポラの予約だけを行う事ができましたが、現在は不可となっております。

現地でクーポラの予約だけを行う場合は「クーポラの予約機」を利用します。クーポラの予約機に関して詳しく知りたい方は、本記事後半の「クーポラ予約機と自動券売機について」を参考にしてください。

② GET YOUR GIDEで予約する方法

GET YOUR GIDE ドゥオーモの共通チケット予約ページ

本項では、GET YOUR SITE経由で、ドゥオーモの「共通チケット予約」と「クーポラの日時指定予約」を同時に行う方法を解説致します。

冒頭でも触れましたが、この方法の場合、通常より5ユーロ高くなりますが、公式サイト経由で予約した際と全く同じ「共通チケット 兼 予約書」を入手できます。5ユーロの手数料は日本語の翻訳料金と思えば安いものです。

予約ページ内に日本語の翻訳が一部おかしい部分もありますが、予約システム自体はしっかりとしているので、安心して利用いただけると思います。また、本記事でも予約完了からチケット入手までの流れを可能な限り詳しく解説します。

予約を行うには、まず「フィレンツェ : ドゥオモ記念碑的複合施設チケット&ドーム予約」ページにアクセスください。

ページにアクセス後、ページを下に少しスクロールすると、予約枚数と予約日の選択項目があります。

GET YOUR GIDE ドゥオーモの共通チケット予約ページ 予約項目の説明画像
  1. ①「予約枚数の選択」予約したい枚数分を「+」ボタンを押して選択します。+ボタンは赤枠内をクリックすると表示されます。

  2. ②「予約日の選択」赤枠内をクリックすると表示される「カレンダー」の日付から予約日を選択します。

①~②の選択が完了したら、その下(PCは右側)の青いボタン「空き状況を見る」をクリックしてください。予約可能な時間帯だけが表示されます。

GET YOUR GIDE ドゥオーモの共通チケット予約ページ 予約時間の選択項目

ご希望の予約時間がある場合は、「予約時間」を選択の上で「カートに入れる」ボタンをクリックしてください。

GET YOUR GIDE ドゥオーモの共通チケット 予約内容の確認ページ

ページが切り替わり、予約内容の確認画面が表示されます。予約内容に問題が無ければ、画面下側(パソコンの場合は画面右側)の「チェックアウトする」ボタンをクリックしてください。

「チェックアウトする」ボタン

続いて、会員登録ページに移動するので、必要情報を入力します。

予約者情報の入力画面

項目の日本語に沿って「」「」「メールアドレス」などを入力していきます。請求明細となっていますが、ここで入力する情報が予約者情報のベースになりますので、利用者の情報を入力ください。

「メールアドレス」と「メールアドレスを確認する」は、必ず同じメールアドレスを入力ください。このメールアドレスに、バウチャーや明細などが送られてきます。

電話番号も日本の国際番号である81を頭につけて入力してください。例えば「080-0404-××××」という電話番号でしたら「81 80-0404-××××」と入力します。81を付ける際は、頭の0は取ります。ハイフンは無しでも有りでも大丈夫です。

ページを下にスクロールして残りの項目も埋めていきます。「□ 請求詳細と同じ」という項目がありますが、請求先と旅行者の情報が同じであれば□にチェックがある状態で大丈夫です。異なる場合は、□のチェックを外して、当日の旅行者の情報を入力してください。

予約者情報の入力画面

下に「現地パートナーに指定された必須情報」とありますが、ここが、予約書などに印字される情報になるので最も重要です。ローマ字で「」「」を入力し、「生年月日」を選択してください。旧姓などが異なる方は、利用予定のパスポートの記載に合わせて入力してください。

続いてお支払い方法を選択します。

お支払い方法の選択

お好きなお支払い方法の○にチェックを入れたら「お支払い画面へ進む」ボタンをクリックしてください。本記事では「クレジットカード」を選択した流れで説明します。カード情報の入力項目が表示されたら、必要情報を入力していきます。

お支払い情報の入力

カード名義は名前と苗字の間に半角空けてカード記載の通りに入力ください。他の項目も同様です。セキュリティコードはカード裏面の下3桁の数字の事です。全ての情報の入力が完了したら「お支払い画面へ進む」ボタンをクリックしてください。

支払い処理が開始され、正常に処理されると以下の様な完了画面が表示されます。

予約完了ページ

支払い完了後

支払いが完了すると、「ご注文を受け付けました。 - 予約番号」という件名でメールが届きます。

このメールはただの予約手続きの完了メールです。ドゥオーモの本チケットは、予約完了から48時間以内に、「予約が確定しました - 予約番号」という件名の別メール内に添付されてきます。

GET YOUR GIDE ドゥオーモ予約確定メール

このメール(画像上)内にドゥオーモの本チケットとなる「PDFファイル」が添付されています。また、メール内の「印刷用」という部分をクリックしても、ドゥオーモの「本チケット」はダウンロードできます。モバイルバウチャーも利用できますが、ドゥオーモの公式サイトでは、チケットをプリントアウトして持参する事が強く推奨されています。チケットはプリントアウトして持参するのがベターです。

ドゥオーモの共通チケット 兼 予約書

参考までに、本チケット(画像右)は予約完了から48時間以内に送られてくる事になっていますが、私の時は予約完了から3時間半後ぐらいに本チケットが届きました。GET YOUR GIDEのサポートは親切で対応もかなり早いです。

GET YOUR GIDEで入手できる「本チケット」は公式サイトと全く同様のものです。観光当日は、本チケットをプリントアウトの上で、直接クーポラの入口に並んで入場する事ができます。チケットオフィスに立ち寄る必要はありません。

クーポラの入口や入場の流れについては、本記事後半の「クーポラの入口と当日の入場の流れ」を参考にしてください。

③ フィレンツェカードを利用して予約する方法

フィレンツェカード

フィレンツェカードを利用してクーポラの入場予約をされる方は「サンジョヴァンニ洗礼堂前のチケットオフィス」か「ドゥオーモ付属博物館のチケットオフィス」の窓口にて、まず最初に「共通チケット」を発券してから、専用の予約機でクーポラの予約を行う流れになります。

チケットオフィスのロケーションは、以下の地図でご確認ください。「サンジョヴァンニ洗礼堂前のチケットオフィス」と「ドゥオーモ付属博物館のチケットオフィス」は黄緑を赤枠で囲っております。

ドゥオーモ周辺マップ チケットオフィスの場所

サン・ジョヴァンニ洗礼堂のチケットオフィスはクローズしている場合や混雑している事も多いので、「ドゥオーモ付属美術館(写真下)」内のチケットオフィスで共通チケットを発券するのがお勧めです。

ドゥオーモ付属美術館

ドゥオーモ付属美術館内入り口付近の向かって一番左側のカウンターで「フィレンツェカード」を提示すると「ドゥオーモの共通チケット」を発券してくれます。

ドゥオーモ付属美術館 チケットカウンター

フィレンツェカードの受付カウンターには「Firenze Card」と書かれた赤白の看板が置かれています。下写真の左側が、フィレンツェカード提示後に発券された「ドゥオーモの共通チケット」です。

ドゥオーモの共通チケット(左)とフィレンツェカード(右)

共通チケット発券後、「クーポラ」に登るには、クーポラ予約機での日時指定予約が必要となります。自動券売機の操作方法については、本記事後半の「クーポラ予約機と自動券売機について」を参照ください。

また、フィレンツェカードの詳細に関しては、別記事「フィレンツェカード 購入方法・利用範囲・リスタート・アプリの利用方法まで徹底解説」にて詳しく解説しております。

④ 現地のチケットオフィスで予約する方法

ドゥオーモのチケットオフィス

当日に共通チケットを購入の上でクーポラを予約される方は、直接チケットオフィスの窓口にて、購入と予約手続きを行ってください。共通チケットを購入すると、クーポラの予約をいつにするか尋ねてきます。

逆にクーポラの予約が既にいっぱいの場合は「クーポラの予約は○○日後までできませんが、それでも購入しますか?」「クーポラの予約を何日後にしますか?」の様に聞いてくると思います。

ドゥオーモの共通チケットは、クーポラの予約ができない場合でも、それ以外のドゥオーモ関連施設には入場する事ができます。予約がいっぱいの場合は、クーポラの代りに「ジョットの鐘楼」に登るのがお勧めです。

チケットオフィスのロケーションについては、以下のドゥオーモ広場周辺マップをご確認ください。

ドゥオーモ広場周辺マップ

上記のチケットオフィスのうち、共通チケットはどこでも購入できますが、同時にクーポラの予約ができるのは「サンジョヴァンニ洗礼堂前のチケットオフィス」か「ドゥオーモ付属博物館のチケットオフィス」「ジョットの鐘楼の斜向いにあるチケットオフィス」の何れかになります。

お勧めは、混雑が緩やかで、窓口が綺麗な「ドゥオーモ付属博物館のチケットオフィス」です。こちらで共通チケットの購入とクーポラの予約を行ってください。

また、上記3カ所のチケットオフィスのうち「サンジョヴァンニ洗礼堂前のチケットオフィス」にのみ、ドゥオーモの共通チケット購入と同時にクーポラの予約も行える「自動券売機 兼 クーポラ予約機」が設置されています。窓口が混雑している場合やクローズしている場合は、こちらの利用が便利です。「自動券売機 兼 クーポラ予約機」の使い方に関しては、本記事後半の「自動券売機 兼 クーポラ予約機の設置場所と使い方」にて詳しく解説しております。

クーポラ予約機と自動券売機について

フィレンツェのドゥオーモ広場にあるチケットオフィスには、クーポラの予約だけ行える「クーポラ予約機」と、共通チケットと同時にクーポラの予約が行える「自動券売機 兼 クーポラ予約機」の2種類があります。

  • クーポラ予約機フィレンツェカードを利用して「共通チケット」を入手済みの方や、公式サイトでのオンライン予約時に、うっかり「クーポラ予約」だけを忘れてしまった方は、このクーポラ予約機を使って、クーポラの入場予約だけを行う事が可能です。

  • 自動券売機兼クーポラ予約機訪問当日にドゥオーモの「共通チケット」と「クーポラの予約」を同時に行いたい方は、この「自動券売機 兼 クーポラ予約機」で、共通チケットの購入と同時にクーポラの予約が可能です。ただし、こちらの機械でクーポラだけの予約や、共通チケットだけの購入を行う事はできません。共通チケットを購入して、クーポラを予約する事が前提です。

クーポラ予約機の設置場所と使い方

クーポラ予約機の設置場所

クーポラの予約機は私が確認した限りだと「サンジョヴァンニ洗礼堂前のチケットオフィス」に2台、「ドゥオーモ付属美術館内」に1台、「ジョットの鐘楼の斜向いのチケットオフィス」に1台の合計4台の設置があります。

ピークシーズンでも予約機が混雑している事は少ないので、アクセスしやすい場所の予約機で、クーポラの入場予約を行なってください。

ドゥオーモ クーポラの予約機

参考までに、上の写真の左側が「サンジョヴァンニ洗礼堂前のチケットオフィス」に設置してあるクーポラ予約機、右側がドゥオーモ付属美術館内に設置してあるクーポラ予約機になります。見た目はちょっと違いますが、画面の操作方法は同じになります。

注意点としては、サンジョヴァンニ洗礼堂前のチケットオフィスには、見た目が全く同じ機械が5台設置してあります。このうち、正面3台は「自動券売機兼クーポラ予約機」になるので、すでに共通券を発券済みの方が、予約だけを行うのには利用できません。

クーポラの予約専用機は左手側にある2台(写真下)になります。

クーポラの予約機

外観の見た目は同じですが、画面内のメニューや表示が微妙に違うので現地で混乱しない様にしてください。

下画像の右側が「クーポラ予約専用機」の初期画面になります。クーポラの入場予約はこの画面が表示されている機械でおこないます。

クーポラ予約機のモニター画面

画像左側のメニューが表示されている機械は「共通券の購入」と「クーポラの入場予約」を同時に行う機械なので、共通券を既に発券済みの方のクーポラ予約だけには使用できません。

クーポラ予約機の使い方

クーポラの予約機の操作は簡単です。スタートボタンを押して共通券をスキャンするだけです。操作は画面に直接タッチして行います。まずは「START」ボタンをタッチします。

クーポラ予約機の予約方法

続いて「ENGLISH」をタッチします。

クーポラ予約機の予約方法

言語を選択すると「Shows the reader bracodes on your ticket(バーコードリーダーであなたのチケットを読み取ってください)」と表示されます。

クーポラ予約機の予約方法

上画像の画面が表示されたら、機械の下側、もしくは右側にある赤く光っている部分に、ドゥオーモ共通券のバーコード部分をあててください。

クーポラ予約機のバーコードリーダー

チケットのデーターが正常に読み込まれると「Ticket valid for Dome」と表示されます。

クーポラ予約機のモニター画面

同時に複数人の予約を行う場合は続けて、他の方のチケットを読み込ませてください。最大で同時に7人まで読み込みが可能です。

クーポラ予約機のモニター画面

人数分のチケット読み込みが完了したら「NEXT」ボタンを押してください。続いて予約日時の選択画面に移動します。

クーポラ予約機のモニター画面

予約日の選択画面に移動したら、「① Dateをタッチ」「②+−ボタンをタッチして予約日を選択」「③ Setをタッチして予約日を確定」の順で操作を行なってください。注意点としては予約日を選択する際、既に予約がいっぱいの日は表示されません。表示される日付の中から選択する形になります。

続いて予約時間を選択します。

クーポラ予約機のモニター画面

「① Timeをタッチ」「②+−ボタンをタッチして予約時間を選択」「③ Setをタッチして予約時間を確定」の順で操作を行なってください。注意点としては、予約時間を選択する際、既に予約がいっぱいの時間帯は表示されません。表示される時間帯の中から選択する形になります。

予約日時の選択が完了したら「Next」ボタンをタッチします。予約内容の確認画面が表示されるので、再び「Next」ボタンをタッチしてください。予約書が発券されてクーポラの予約が完了します。

クーポラ予約書の取り出し口クーポラ予約書と共通券

後は予約した日時に、クーポラの登り口に移動して「クーポラの予約書」と「ドゥオーモの共通券」を提示して入場するだけです。当日の入場の流れに関しては、本記事内の「クーポラの入口と当日の入場の流れ」を参考にしてください。

自動券売機 兼 クーポラ予約機の設置場所と使い方

自動券売機 兼 クーポラ予約機の設置場所

共通チケットの購入とクーポラの予約が同時にできる「自動券売機」は、「サンジョヴァンニ洗礼堂前のチケットオフィス」に3台だけ設置があります。

クーポラの予約機

この3台の自動券売機に向かって左手側にも2台の機械がありますが、その2台は「クーポラの予約機」になります。下画像の様な画面が表示されているのが「自動券売機 兼 クーポラ予約機」になります。

自動券売機 兼 クーポラ予約機

外観の見た目は「クーポラ予約機」と全く同じなので、表示画面の内容で見分けてください。

自動券売機 兼 クーポラ予約機の使い方

自動券売機で「共通チケットの購入」と「クーポラの予約」を行うための操作方法を解説します。操作は画面に直接タッチして行います。

まずは、以下の操作手順を記した画像の通りに「① BOOKING」「② 画面にタッチ」「③ NEXT」「④ NEXT」の順でタッチしていきます。

自動券売機 兼 クーポラ予約機の操作手順

続いて、予約枚数の選択画面が表示されます。「+」部分をタッチして予約枚数を確定し「BOOKING」ボタンをタッチします。

自動券売機 兼 クーポラ予約機の操作手順

クーポラの予約日時を選択します。「Date」の部分をタッチすると、日付の選択ができる「+」「-」ボタンが表示されるので、このボタンを押して予約したい日付を選択してください。予約がいっぱいの日付は表示されず、予約可能な日付だけが表示される仕様になっています。

自動券売機 兼 クーポラ予約機の操作手順

希望の予約日があり確定する場合は、下の「set」ボタンをタッチします。すると、画面下部に「NEXT」ボタンが表示されるので、選択した日付に問題がなければタッチします。

自動券売機 兼 クーポラ予約機の操作手順

「INSERT YOU CARD(クレジットカードを挿入してください。)」という画面が表示されるので、モニター画面右側にあるクレジットカード挿入口にカードを挿入して支払いを完了します。

自動券売機 兼 クーポラ予約機 クレジットカード挿入口

残念ながら「JCB」のカードは使用できませんので、それ以外のクレジットカードで支払いを完了します。支払いが完了すると、券売機下部の発券口より共通チケットとクーポラの予約書が発券されます。

自動券売機 兼 クーポラ予約機 チケット発券口

後は、指定した時間にクーポラの入り口に向かうだけです。クーポラの入口や入場の流れについては、本記事後半の「クーポラの入口と当日の入場の流れ」を参考にしてください。

当日の入場の流れとクーポラの入口

ドゥオーモの入口とクーポラの登り口

ドゥオーモ(クーポラ)の観光当日は「チケット(バウチャー)兼クーポラ予約書」をプリントの上で持参し、直接クーポラの入口に行って入場します。

チケット予約をしている場合は、PDFをプリントした用紙がチケットになるので、当日にチケットオフィスに立ち寄る必要は一切ありません。

参考までにクーポラ予約時に購入したチケットは、ドゥオーモ施設の共通チケットです。クーポラには指定した日時に入場する必要がありますが、それ以外の「ジョットの鐘楼」や「サン・ジョヴァンニ洗礼堂」などは、有効期限内ならいつ入場しても問題ありません。

クーポラの入口は、ドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ教会)の北側(下図の②クーポラ入口)になり、ドゥオーモの入口は西側(下図の①ドゥオーモの入口)になります。ドゥオーモへの入場は無料でチケットは必要ありませんが、クーポラに登るためには「チケット兼クーポラ予約書」が必要です。

ドゥオーモとクーポラの入口及び周辺マップ

下の写真はクーポラの入り口付近で入場を待つ人達の様子です。

クーポラ入り口付近の景観

一見たくさん並んでいる様に見えますが、予約さえしていれば時間通りに必ず入場できます。また、クーポラの列の右側に、大聖堂の入場列ができていますが並び間違わない様にしてください。こちらの入場は無料なのでいつも長蛇の列です。

だいたい予約した時間の5分前か丁度ぐらいになると、係員が「テンフィフティーン(10時15分)」などと予約時間をコールして入場開始を知らせてくれます。ご自身の予約時間がコールされたら、入口の係員に予約書を提示して中に入場します。

クーポラ入り口付近でチケットを確認する係員

係員は予約書のバーコード部分をスキャンします。

クーポラ入り口付近でチケットを確認する係員

クーポラの入口から入場すると、大聖堂北側の一角、木柵で区切れたエリアに出ます。そのまま順路に沿って歩いて行った先にセキュリティチェックがあります。

クーポラ 入場のセキュリティゲート

セキュリティチェックを抜けると、チケットの読み取り機があるので、ここで再びチケットのバーコード部分を上にして読み取ります。

クーポラ入口のチケットリーダークーポラ入口のチケットリーダー

読み取りが完了するとゲートが開くので、後はその先にある階段をひたすら登ってクーポラの展望階を目指していきます。

クーポラの階段

しばらく階段を登ると、小部屋の様なスペースに出ます。

クーポラ 展望フロア途中にある小部屋

部屋内には聖人像も展示されていますが、目もくれず先を急ぐ人がほとんどです。

クーポラ登り階段付近の聖人像

小部屋から再び階段を登って順路に沿って進んで行くと、二重構造のクーポラの内側の通路(写真下)に出ます。ここまでくれば展望フロアまで後もう少しです。

二重構造のクーポラ内側の通路

ただし、この通路からクーポラの天井画「最後の審判(写真下)」を間近で目にする事ができるため、写真撮影をはじめる入場者で列が詰まります。

クーポラの天井画「最後の審判」

クーポラ内側の通路を進んで行くと、再び登り口へと続く通路があります。

クーポラの展望フロアへと続く通路

通路の先の階段を登って行くと、ようやく展望フロア(写真下)に到着です。

クーポラの展望フロア

後は展望フロアの外周に沿って、思う存分絶景を堪能してください。下の写真は「ジョットの鐘楼」がある西側の景観です。

クーポラから見るジョットの鐘楼の展望フロア

ドゥオーモとクーポラの基本情報

サンタ・マリア・デル・フィオーレ教会(ドゥオーモ)の正面ファサードとジョットの鐘楼

ドゥオーモ 営業時間と入場料金

営業時間10:00~16:30 (月~金曜)
13:00~16:30 (土曜)
13:30~16:45 (日曜・祭日)
休館日1/1、1/6、12/25、イースター
チケット料金無料

木曜日は不定期で営業時間が10:00~ 16:55になる場合があります。また、聖週間にあたる「聖木曜日」「聖金曜日」「聖土曜日」は営業時間が変更になります。

クーポラ 営業時間と入場料金

営業時間08:30~19:00 (月~金曜)
08:30~17:00 (土曜)
13:00~16:00 (日曜)
休館日1/1、1/6、金曜祭前の金曜、復活祭、6/24、8/15、9/8、11/1、12/8、12/25~12/26、イースター
チケット料金(共通券)
  • 【現地購入】
    18ユーロ
  • 【オンライン購入】
    20ユーロ(うち予約手数料2ユーロ)

ドゥオーモの共通チケットについて

ドゥオーモのチケットは1種類だけで、WEB予約した場合も現地購入した場合も、全て共通チケットとなります。共通チケットが1枚あれば、以下6つのドゥオーモ関連施設に1回づつだけ入場する事ができます。「ドゥオーモ」だけはチケットがなくても無料入場可能です。

①ドゥオーモ(入場無料)②クーポラ※1③サン・ジョヴァンニ洗礼堂④ジョットの鐘楼⑤ドゥオーモ付属美術館⑥クリプト(サンタ・レバラータ地下教会の跡地)

※1 クーポラは完全予約制となっているため、別途入場予約が必要。

共通チケットは最初にチケットを使用した(施設に入場した)時から72時間有効です。72時間以内であれば、日をまたいで②~⑥の施設に自由に一度づつだけ入場する事ができます。例えば、2019年11月10日の13時に最初に共通チケットを使用した場合、2019年の11月13日の13時までチケットが有効となり、それより後は無効となります。以前は48時間有効だったので、ネット上だと情報が混在していますが、2019年10月時点では72時間有効で間違いありません。

各施設の入場口については以下の地図を参考にしてください。

ドゥオーモ周辺マップと入場可能施設

アクセスとロケーション

ドゥオーモはフィレンツェのほぼ中央に位置しています。

ドゥオーモ(クーポラ)へのアクセスは、フィレンツェの陸の玄関口でる「サンタ・マリア・ノヴェッラ駅」から徒歩10分ほどです。

フィレンツェ ドゥオーモ周辺マップ主要観光スポットからドゥオーモへのアクセス
  • ・ウフィツィ美術館から徒歩5分(550m)
  • ・サンタ・マリア・ノヴェッラ教会から徒歩6分(600m)
  • ・ヴェッキオ橋から徒歩8分(650m)

所要時間の目安

ドゥオーモ内部 主祭壇の十字架像(B・ダ・マイアーノ作) クーポラ観光の所要時間の目安は60分〜70分ほどです。

所要時間の内訳は「クーポラへのアクセス(20〜25分)」+「クーポラの見学(20〜25分)」+「クーポラから地上へのアクセス(20分)」で、おおよそ1時間ほどです。

クーポラの展望フロアを見学するには、463段の螺旋階段を上り下りする必要があります。このクーポラの単純往復だけでも所要時間40分~50分くらいは見ておいた方がいいです。

また、クーポラ登頂に加えて、ドゥオーモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ教会)内部も見学される場合は、行列に並ぶ時間も考慮して、トータルで所要2時間30分~3時間ぐらいは見ておいた方が良いと思います。ドゥオーモは入場無料な上に、クーポラの様に予約入場ができないため、混雑が必須となります。

加えて「ジョットの鐘楼」にも登る場合は、更にプラスで45分〜1時間は必要です。

予約に関するQ&A(良くある質問)

本項ではドゥオーモの公式チケット予約ページに記載がある「Q&A」から重要なものをピックアップして掲載しております。

  1. ・予約が完了したチケットはキャンセルできますか?いいえ、一度決済が完了したチケットのキャンセル及び返金はできません。

  2. ・間違ってチケットを2枚予約してしまったので1枚だけキャンセルできますか?いいえ、一度決済が完了したチケットのキャンセルはできません。もし、予約や決済の途中でエラーが出た場合や、予約完了メールが届かない場合は、再度予約処理を行う前に、決済会社かドゥオーモの公式予約サイト(メールアドレス:opera(※)operaduomo.firenze.it)にお問い合せください。※には@が入ります。

  3. ・予約済みのクーポラの入場時間の変更は可能ですか?いいえ、既に時間指定済の入場時間の変更はできません。

  4. ・チケットをプリントアウトではなく、スマートフォン上で表示する事はできますか? いいえ、チケットはプリントアウトする事が公式サイトにて推奨されています。現地でプリンターがない場合は滞在ホテルなどでご依頼ください

  5. ・チケットで入場できる施設を教えてください? 全部で5施設、サン・ジョヴァンニ洗礼堂、ジョットの鐘楼、クリプト、ドゥオーモ付属美術館、クーポラ(要入場予約)への入場が可能です。また、ドゥオーモ への入場は無料なので、チケットは必要ありません。

  6. ・同じ施設に2度入場できますか? いいえ、共通チケットで入場できるのは各施設1度づつのみです。

  7. ・チケットに有効期限はありますか? はい、チケットは予約時に指定した日から30日間有効となります。有効期間内であればいつからでもチケットの使用を開始できます。ただし、クーポラの入場に関しては予約時に指定した日時にのみ入場が可能です。また、一度チケットを使用してからの有効期限は72時間となります。

  8. ・6歳未満の子供は無料となっていますがチケットは必要ですか? はい、6歳未満の子供は無料で各施設に入場できますが、予めチケットセンターで子供用のチケット(無料)を発行してもらう必要があります。

まとめ

ドゥオーモのチケット予約やシステムに関しては、ここ数年変更も多く非常に分かりにくいと思います。簡単に概要をまとめると以下の様な形です。

  • ・ドゥオーモへの入場自体は無料
  • ・ドゥオーモとクーポラの入口は別々。
  • ・クーポラに登るためにはチケット購入に加えて日時指定の入場予約が必要
  • ・クーポラ予約はWEBと現地の両方で可能だが現地予約の場合の当日入場は難しい。
  • ・クーポラを含むドゥオーモ施設に入場できる共通チケットは18ユーロだが、オンライン購入時は2ユーロの手数料が発生する。
  • ・クーポラのチケットは共通チケットなので、「ジョットの鐘楼」や「サン・ジョヴァンニ洗礼堂」などにも入場できる。
  • ・チケットは指定日から30日有効だが、使用を開始した時点からの有効期限は72時間
  • ・同じチケットで同じ施設には1度しか入場できない。ドゥオーモ入場は無料なので何度でも可能。

クーポラの予約を現地ですると、ピークシーズンなどは翌々日の入場という事も普通にありえます。なんとしてもクーポラに登りたい方は必ず事前に、オンラインでチケット購入だけでなく、クーポラの予約も忘れずに行う様にしてください。