マラーストラナ地区(プラハ) 見どころと観光スポット

(公開:2017年9月10日)

プラハ

旧市街側からカレル橋を渡りきると、かつてプラハ城の城下町だったマラーストラナ地区に入ります。この地区の高台にはマラーストラナを見下ろす様にプラハ城がそびえています。

マラーストラナには、聖ミクラーシュ教会、ヴァルトシュテイン宮殿をはじめ、バロック様式の建物が多く並びます。14世紀マラーストラナが城下町として栄えていたころは、ゴシック建築で統一されていました。しかし、15世紀以降に起きた宗教戦争や火災で街は破壊されました。そして17世紀にはいると、プロテスタント系貴族を排除したカトリック系貴族たちが、バロック様式の建築を次々と建築しました。そのため、現在はバロック様式の建物が並ぶ美しい街並みとなりました。

マラーストラナ地区は、宮殿や教会の観光スポットのほか、レストラン、お土産屋など多くの店や飲食店で賑わっています。立地的にも観光の拠点とするには最適な場所です。

「マラーストラナ広場」の景観

写真は「マラーストラナ広場」の景観です。トラムだと「Malostranské náměstí」駅で降りればそこが「マラーストラナ広場」です。カレル橋からプラハ城に向かって歩いて行くと必ずこの広場にたどり着きます。

マラーストラナ広場は聖ミクラーシュ教会を囲む様に広がっていて、この広場に面して、カフェやレストラン、ホテル、スターバックスや両替所など様々なショップや施設が軒を連ねています。

マラーストラナ広場 聖三位一体の柱

こちらは聖ミクラーシュ教会の入口側のマラーストラナ広場です。中央には18世紀に流行したペストの終焉を記念して建設された円柱「聖三位一体の柱」が建てられています。背後にはプラハ城も顔を出しています。


マラーストラナ地区のおすすめスポット