プラハの人形劇は「国立マリオネット劇場」がおすすめ

(2017年12月18日 公開) (2018-03-25 最終更新) 国立マリオネット劇場 入口の看板

マリオネット(人形劇)と言えば、プラハ代表するエンターテイメントの1つです。本記事でご紹介する「国立マリオネット劇場」は1991年の創立以来、20年以上に渡り6,000回以上の上演を行なっている伝統と実績のあるマリオネット劇場です。実績に裏付けされる様に、プラハの人形劇の中でも、演目の完成度はトップクラスです。

演目内容は日本でも有名な「ドン・ジョバンニ」を中心に、モーツァルトの作曲で知られる「魔笛」なども上演しております。また、人形劇の他にも、マリオネット劇場のバッグヤードや裏側を見学できる「マリオネットツアー」や、オリジナルのマリオネット制作が体験できる「ワークショップ」なども開催されております。

本記事では「国立マリオネット劇場」のアクセス方法やチケットに関する基本情報はもちろん、各プログラムの概要まで詳しく解説しております。

劇場の基本情報

■営業時間

・10:00-20:00(年中無休)
※こちらの営業時間は「チケットオフィス」の営業時間帯です。各上演プラグラムなどの営業時間は、月ごとの上演スケジュール(英語)によって異なります。

■アクセス・ロケーション

国立マリオネット劇場は、地下鉄を利用してアクセスする場合は、メトロA線の「Staroměstská」駅で降りて徒歩2分〜3分ほど、トラムの場合はライン17かライン18で「Staroměstská」駅で降りて徒歩3分〜5分ほどです。参考までに、プラハの中心地からのアクセスなら徒歩が一番手っ取り早いです。

国立マリオネット劇場の基本情報や、上演プラグラムなどは公式HP(英語)でもご確認いただけます。

上演作品・プログラムの基本情報

■人形劇の基本情報

モーツァルトが作曲したオペラ2作品が上演中

上演回数ドン・ジョバンニ:毎月15回〜20回※1
魔笛:毎月5回〜10回※1
上演日開催月によって異なります。月毎の上演スケジュールに関しては、
国立マリオネット劇場HP(英語)で随時確認する事ができます。
上演時間ドン・ジョバンニ:20:00〜21:45※2(途中休憩10分)
魔笛:18:00〜18:55※2
チケット料金100czk=約520円ドン・ジョバンニ:590CZK(大人)、490CZK(子供)
魔笛:490CZK(大人)、390CZK(子供)
※1 開催月によって上演回数は異なります。※2 終了時間はおおよその目安です。大晦日などの特別日は上映開始時間が変更になる場合があります。

■ワークショップの基本情報

オリジナルのマリオネット制作ができるワークショップ

開催数毎月1回〜5回※1
開催日開催月によって異なります。月毎の上演スケジュールに関しては、
国立マリオネット劇場HP(英語)で随時確認する事ができます。
開催時間14:00〜15:00※2
参加料金100czk=約520円5,000CZK(基本料金)+ 640CZK(人形一体につき)※3
※1 開催月によって上演回数は異なります。※2 終了時間はおおよその目安です。大晦日などの特別日は上映開始時間が変更になる場合があります。※3 基本料金に加えて、マリオネット1体につき640CZKが加算されます。ワークショップで作成したマリオネットは持ち帰る事ができます。

■マリオネットツアーの基本情報

劇場の裏側や、マリオネットを間近で見学できるツアー

開催数毎月1回〜5回※1
開催日開催月によって異なります。月毎の上演スケジュールに関しては、
国立マリオネット劇場HP(英語)で随時確認する事ができます。
ツアー時間11:00〜11:40※2
チケット料金100czk=約520円150CZK(大人)、90CZK(子供)
※1 開催月によって上演回数は異なります。※2 終了時間はおおよその目安です。大晦日などの特別日は上映開始時間が変更になる場合があります。

上演作品・プログラムの概要

ドン・ジョバンニ マリオネット

国立マリオネット劇場の各プログラムの概要は以下になります。

■ドン・ジョバンニの概要

モーツァルトがオペラのために作曲した作品、それが「ドン・ジョバンニ」です。プラハでは1787年に、ヨーロッパで最も美しいと言われるオペラ劇場「エステート劇場」で初演が行われました。オリジナルの物語は、類を見ないほどの女性たらし「ドン・ファン」の生涯が描かれており、女性を騙して罪を犯し、最終的には破滅に向かっていくというストーリーで、かなり大人向けの内容です。

しかし、国立マリオネット劇場で行われる人形劇の「ドン・ジョバンニ」は、オリジナル作品を現代風にアレンジしたもので、全体を通じて、ユーモア溢れるコミカルなタッチで描かれおります。

そのため、客席に水が飛んでくるなど、エンターテイメント性の高い作品に仕上がっております。客席にも笑いがあふれる明るい感じなので、大人でも子供でも安心して楽しめる内容です。ただ、台詞だけは、オリジナルに忠実に全てイタリア語で演じられます。字幕はありませんので、予めストーリーを知った上で鑑賞した方が楽しめると思います。

■魔笛の概要

魔笛は、モーツァルトが作曲した最後のオペラ作品。エジプトが舞台の架空のおとぎ話で、敵対する王と女王の間で、運命を翻弄される王子と王女の愛の物語です。

国立マリオネット劇場の人形劇では、ドン・ジョバンニ同様にコミカルなホームコメディ風に描かれていますので、老若男女が楽しめる内容です。台詞はドイツ語となっており、字幕はありません。また、上演時間が「ドン・ジョバンニ」より1時間ほど短い分、チケット料金も安くなっています。

■ワークショップの概要

ワークショップでは、英語を話す専門アシスタントと共に、オリジナルのマリオネットを制作する事ができます。基本的には、15種類のベースとなるパーツから1つを選んで、そこからマリオネットを作成して行く形になります。ですので、英語が分からなくても、アシスタントの指示に従って組み立てて行けば、誰でも簡単に世界で1つだけのオリジナルマリオネットが作成ができる内容になっています。

ワークショップは1時間ほどで終了し、作ったマリオネット(高さ20cmほど)は持ち帰る事ができます。ワークショップの参加料金は、基本料金が5,000CZK(約26,000円)で、人形一体につき640CZKと、さらに税(VAT)がかかります。基本料金の5,000CZK(約26,000円)は、グループでの参加を想定としている料金なので、1人で参加するとかなり割高です。数人で参加すれば5,000CZKを人数割りできるので、グループでの参加がおすすめです。

■マリオネットツアー

マリオネット劇場の裏側を見学するツアーです。舞台裏の見学はもちろん、「ドン・ジョバンニ」や「魔笛」で実際に使用されているマリオネットや、かつて使用されていた古いマリオネットなどを目の前で見ることができます。ツアーは35分ほどの内容となっています。

Booking.com

チケット

チケットは、劇場内のチケットオフィスか、国立マリオネット劇場のHPでオンライン予約が可能です。しかし、ほとんどの方が現地のチケットオフィスで直接購入されている様です。ですので、基本的には、現地購入で問題ありません。ただ、夏場のピークシーズンだけは、満席になる事もあるので、この時期だけは前もっての購入をおすすめします。

もしくは、劇場のチケットオフィスは、毎日午前10時~20時まで営業しているので、旧市街広場の近くに来た際に、下見も兼ねてチケットだけ購入してしまうのが手っ取り早いです。多くの方も午前中に直接、劇場でチケットだけ購入して、夕方に観賞する方が多い様です。

どうしても前もってネットで予約をしたい方は、国立マリオネット劇場HPのプラグラム一覧ページにアクセスして、希望の上映プログラムの右側の「BUY」というボタンを押して、必要項目を入力の上で予約を完了してください。入力項目も「名前」「メールアドレス」「枚数」を入力して、クレジットカード情報を入力するだけなので、項目も少なくてシンプルです。英語が苦手な方も簡単に予約できると思います。

その他

劇場の入場人数は決まっておりますが、座席は全て自由席になります。上演の30分ぐらい前には、劇場前に列が出来はじめるので、ステージに近い席で見たい場合は、上演30分〜40分前に劇場を訪れて、前の方の席を確保する事をおすすめします。劇場内の座席は後部と前部で、あまり高低差がないため、後ろの席だと非常に観賞しにくいです。

参考までに、ステージ前の席は若干ですが、水がかかる場合があります。