プラハ 空港~市内間の移動方法を徹底比較

(2018年3月3日) プラハ空港(ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港)

プラハ空港(ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港)から市内中心部までは17キロほど離れており、車なら30分ほどの距離です。

空港から市内への移動方法は「タクシー」をはじめ、民間会社が運営する「プラハエアポートシャトル」や「エアポートエクスプレス」「バス」など多くの選択肢があります。選択肢が多いのは嬉しい限りですが、その分どの送迎サービスを利用すれば良いのか迷うと思います。

本記事では、空港と市内間の移動方法をお探しの方や、どの送迎サービスを利用するべきか迷っている方にむけて、各送迎サービスの特徴、メリット、デメリットを詳しく解説致します。

空港からプラハ市内への移動手段の比較

以下の「プラハ空港~市内の送迎サービス比較表」は各送迎サービスの料金や所要時間、最終目的地などを比較しやすい様に、表にまとめたものです。まずはご覧ください。

プラハ空港~市内の送迎サービス比較表
プラハエアポート トランスファーエアポートエクスプレス市営バスタクシー
料金290CZK〜40CZK~60CZK※132CZK500CZK〜700CZK
所要時間約30分※240分〜50分※318分~45分※4約30分※2
営業時間00:00 – 23:5905:00~22:0005:00 – 23:3000:00 – 23:59
最終目的地ホテル、もしくは指定の場所までプラハ本駅乗車路線によって異なる。ホテル、もしくは指定の場所まで
▲表に指を乗せて横にスライドさせると全体を見る事ができます。

※1デイヴィツカー駅まで40CZK、プラハ本駅まで60CZK

※2旧市街および旧市街内のホテルまでの所要時間

※3Praha Hlavní nádraží(プラハ本駅)までの所要時間

※4Zlíčín駅まで約18分、Nádraží Veleslavín駅まで約20分、Nové Butovice駅まで約45分。

一見、料金が安くて所要時間が短い移動手段がお得に思えますが、最終的にどの場所まで送迎してくれるかも送迎サービス選びの重要なポイントです。次項以降ではその辺も踏まえて、各空港送迎サービスの概要を一つ一つ詳しく説明致します。

プラハエアポートトランスファー

Prague Airport Transfers」という会社が運営している定額タクシーです。料金も通常のメーター制タクシーよりも安く、これが個人的には一番おすすめの空港から市内への移動手段です。

この定額タクシーのサービスを利用するには、予め「Prague Airport Transfers」のHPで予約をする必要がありますが、日本語サイトもあって対応も丁寧なので簡単に予約できます。

また、予約時に宿泊予定のホテルを記載すれば、ホテルまで直接送迎してくれますし、料金も1-4人乗りの通常タイプで片道「550CZK(定額)」と、かなりリーズナブルです。

1台の料金なので4人までなら何人乗っても(1人でも)料金は一緒です。ちなみに5人-8人乗りなら1台「CZK 780(定額)」です。

「プラハエアポートトランスファー」の利用方法に関しては別記事のプラハ エアポートトランスファー】予約から乗り方まで徹底解説で詳しく紹介しております。

タクシー(メーター制)

プラハのメーター制のタクシーは以前は非常に評判が悪かったのですが、現在(2018年)では政府の方針により改善が行われ、旅行者の方も安心して利用できる様になりました。とは言え、まだまだ流しのメーター制のタクシーの中には悪質なものもあります。

もし、メーター制のタクシーを使うなら、空港に受付カウンターがある「Fix Taxi」と「Taxi Prague」というタクシー会社がおすすめです。空港のカウンターで行先を伝えればタクシー乗り場に案内してくれます。運賃は、道路の込み具合や行先によって若干異なりますが、市内中心部まで500CZK〜700CZK(2500円~3500円ぐらい)で、所要時間は市内(旧市街・新市街のホテル)まで最短で30分ほどです。

また、現在空港に受付カウンターはありませんが「AAA Radio Taxi」という黄色い車体のタクシー会社が、プラハのタクシー会社の中では最も評判が良いのでおすすめです。「AAA Radio Tax」のタクシーは「AAA Radio TaxのHP(英語)」で前もって予約する事ができます。

■タクシーの基本情報

運行時間24時間
運賃500CZK〜700CZK(プラハ市内まで)
所要時間約30分
最終目的地任意の指定場所

■メーター制タクシーのメリットとデメリット

メーター制のタクシーのメリットは、事前予約なしで空港のカウンターからその場で手配できる点と、空港から宿泊予定のホテルまで直接アクセスしてくれる点、あとは完全にプライベート(他の乗客との乗り合いなし)な部分です。

しかし、大きなデメリットとしては、やはり料金が最も高い所です。タクシーの料金は40CZKからスタートして、1kmごとに28CZK加算されていきます。上にも記載していますが、空港からプラハ市内のホテルまでの料金は、おおよそ500CZK ~700CZKほどになります。

以上を踏まえると、同じく空港からホテルまで直接アクセスしてくれる定額送迎サービスの「プラハエアポートトランスファー」と比較すると料金も高いので、タクシー(メーター制)を利用するメリットはほぼないと思います。「プラハエアポートトランスファー」の利用方法に関しては別記事の「プラハ エアポートトランスファー】予約から乗り方まで徹底解説」で詳しく解説しておりますので、是非参照してみてください。


市営バス

プラハ空港から市営バスを利用する場合は、空港発着のバス「No.119」「No.100※ノンステップバス」「No.179」のいずれかで市内にアクセス可能です。旧市街やカレル橋、マラー・ストラナ周辺に行きたい方は「No.119」のバスの終点で地下鉄に乗り換えるのが便利です。各バスと地下鉄へのアクセスは以下を参考にしてください。

・No119に乗った場合:
終点の「Nádraží Veleslavín(所要20分ぐらい)」で降りて、地下鉄のAラインに乗り換えて、各々のホテルの場所に応じた駅で降車。降車駅はお持ちのガイドブックもしくは、市内までの路線図でご確認ください。参考までに、地下鉄Aライン駅「Malostranská」で降りれば「マラー・ストラナ地区」周辺に出ます。地下鉄Aライン駅「Staroměstská」で降りれば「旧市街」周辺に出ます。カレル橋には一番近い地下鉄駅です。
・No100に乗った場合:
「Zlíčín(所要18分ぐらい)」で降りて、地下鉄Bラインに乗り換えて、各々のホテルの場所に応じた駅で降車。参考までに、地下鉄Bライン駅「Můstek」で降りれば、「ヴァーツラフ広場」の近くに出ます。
・No179に乗った場合:
「Nové Butovice(所要45分ぐらい)」で降りて、地下鉄Bラインに乗り換えて、各々のホテルの場所に応じた駅で降車。

■市営バスの基本情報

運行時間05:00 – 24:00
運賃24 CZK(30分有効)
32 CZK(90分有効)
110 CZK(24時間有効)
310 CZK(72時間有効)
所要時間18分~45分
最終目的地乗車路線によって異なる。

Zlíčín駅まで約18分、Nádraží Veleslavín駅まで約20分、Nové Butovice駅まで約45分。

バスのチケットは空港内のキオスク(赤い看板にMetoro・Tram・Busと書いてあります)で購入可能です。時間帯によっては閉まっているので、その場合はバスの運転手から直接購入する事ができます。運転手から購入する場合は、お釣りはもらえないので高額紙幣は利用できません。また料金も若干だけ高くなります。

■市バス乗の乗り場

プラハ空港(ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港)マップとバス乗り場の位置関係

市バスの乗り場は到着ロビーを出たら、すぐ正面に乗り場が見えるので、すぐに分かると思います。


■市営バスのメリットとデメリット

大きなメリットは空港から市内まで最も安く行けるという点ですが、カレル橋などがある市内の中心地部まで行くには、一度地下鉄へ乗り換える必要があります。地下鉄はプラハ住人の方の出勤時間などは非常に混雑しており、交通費をよほど節約したい方以外には、あまりおすすめできない移動手段です。また、トランクや大きな荷物がある場合は別途16CZKの追加料金が必要です。乗車時に運転手にその旨を伝えて支払う必要があります。

エアポートエクスプレス(AE Airport Express)

エアポートエクスプレスは空港とプラハ本駅を結ぶ定期運航のバスです。料金もリーズナブルで、所要時間はスムーズに行けば45分ほど。注意点としては、いくつか停車駅を経由するので、交通状況によってはかなり運行が遅れる場合がある事です。個人的には「プラハエアポートトランスファー」の次におすすめの移動手段です。

■エアポートシャトルの基本情報

運行時間06:30〜22:00(市内からは:05:30〜21:00)
運賃60CZK(プラハ本駅)
40CZK(デイヴィツカー)
所要時間40分〜50分(プラハ本駅まで)
最終目的地プラハ本駅
・チケットの購入方法
チケットは空港のインフォメーションセンターか、バス運転手から直接購入できます。運転手から購入する場合はお釣りが貰えない場合があるので、小銭を用意しておきましょう。
・バス乗り場(ターミナル1)
乗り場は、ターミナル1の空港チェックインホール前に市営の運行エリアがあります。ターミナル1発のバスは、ターミナル2を経由します。
・バス乗り場(ターミナル2)
乗り場は、ターミナル2の空港チェックインホール前に市営の運行エリアがあります。
・主な停車地点
「Náměstí Republiky(ナームニェスティ・レプブリキ駅:地下鉄ラインB)」までは約38分。
「Masarykovo nádraží(プラハ・マサリク)」までは約41分。
「Hlavní nádraží(プラハ本駅:地下鉄ラインC)」までは約46分。

■エアポートエクスプレスのメリットとデメリット

エアポートエクスプレスのメリットは、市営バスでは直接行く事ができない「プラハ本駅」までリーズナブルな料金で行けるという点です。ですので、プラハ本駅周辺のホテルに宿泊予定の方には、非常に便利な移動手段だと言えます。

しかし、宿泊予定のホテルが「マラーストラナ地区」や「カレル場周辺」の場合は、プラハ本駅からスーツケースやトランクを引いて歩く必要があるので、年配の方にはきついかもしれません。

まとめ

プラハ市内への移動手段は、安さならバスですが、一番楽で快適なのはホテルまで直接送迎してくれる「タクシー」です。

しかし、タクシーのメーター制に不安を持っている方も多いと思いますので、やはり個人的には日本円で1500円ほどで市内のホテルまで移動できる定額タクシーサービス「プラハエアポートトランスファー」がおすすめです。