サグラダファミリア 公式サイトでのチケット予約方法を徹底解説

(2018年7月6日 公開) (2019-11-07 最終更新) サグラダファミリア教会の外観

バルセロナ観光のハイライトと言えば、ガウディの未完の大作「サグラダファミリア教会」観光です。サグラダファミリア教会の完成は2026年ですが、教会の内部は既に完成済みで、聖堂内に入場すると、美しいステンドグラスの数々を目にする事ができます。

ガウディ広場から見るサグラダファミリア教会

現在、サグラダファミリア教会は、聖堂内部を有料で見学できるほか、教会のシンボルでもある尖塔(タワー)にも上る事ができます。

しかし、バルセロナ随一の人気スポットのため、事前にWEBでチケット予約をしないで訪問すると、ピークシーズンなどは、2時間近く並ぶ事もあります。また、WEBでチケットを購入した方が料金的にも安くなります。

以上を踏まえ、本記事ではこれから「サグラダファミリア教会」の観光をお考えの方に向けて、オンラインでのチケット予約方法から、当日の入場の流れまで詳しく解説致します。

  • 聖堂内部の景観
  • 聖堂内部の景観
  • 聖堂内部のステンドグラス
  • 聖堂内部のステンドグラス
  • 生誕のファサード 塔内の螺旋階段
  • サグラダファミリアの尖塔と外観
  • サグラダファミリア ネームプレート
  • 糸杉にとまる鳩たちを表現した「生命の木」

サグラダファミリアの基本情報

サグラダファミリアの外観

サグラダファミリア教会の観光ポイントは大きく分けると「教会内部」「塔」「地下博物館」の3つがあります。

3つのうち「地下博物館」に関しては、教会内部の入場チケットの範囲で入場する事ができますが、塔に上るには、教会の入場と塔の入場がセットになった「SAGRADA FAMÍLIA WITH TOWERS」というチケットの購入が必須になります。

営業時間

サグラダファミリアの営業時間は時期によって終了時間が異なります。

営業時間
  • 【11月〜2月】
    ・09:00~18:00
  • 【3月と10月】
    ・09:00~19:00
  • 【4月〜9月】
    ・09:00~20:00

※12月25日、12月26日、1月1日、1月6日の営業時間は09:00~14:00になります。

※当日のチケット販売は営業時間が終了する30分前までになります。

入場料金とチケットの種類

サグラダファミリアの入場料金は17€になります。

上記の17€のチケットは「SAGRADA FAMÍLIA BASIC TICKET(ベーシックチケット)」と呼ばれる、サグラダファミリア教会だけに入場可能なチケットの料金です。

入場チケットは全部で6種類あり、それぞれ入場可能施設やオーディオガイドの有無などが異なります。詳しくは以下をご参照ください。

【SAGRADA FAMÍLIA WITH TOWERS】

サグラダファミリアと塔の入場、更にオーディオガイドがセットになった最も人気のあるチケットです。

SAGRADA FAMÍLIA WITH TOWERS
  • ■チケット料金:32€
  • ■入場可能施設:サグラダファミリア教会、塔(2種類から選択)
  • ■その他:オーディオガイド有(日本語)

【SAGRADA FAMÍLIA】

サグラダファミリアとオーディオガイドがセットになったチケットです。

SAGRADA FAMÍLIA
  • ■チケット料金:25€
  • ■入場可能施設:サグラダファミリア教会
  • ■その他:オーディオガイド有(日本語)

【SAGRADA FAMÍLIA BASIC TICKET】

サグラダファミリアの入場だけ可能なチケット。

SAGRADA FAMÍLIA BASIC TICKET
  • ■チケット料金:17€
  • ■入場可能施設:サグラダファミリア教会

【SAGRADA FAMÍLIA AND GAUDÍ HOUSE MUSEUM】

サグラダファミリアとガウディ博物館の入場、更にオーディオガイドがセットになったチケットです。ガウディ博物館はグエル公園内にあります。

SAGRADA FAMÍLIA AND GAUDÍ HOUSE MUSEUM
  • ■チケット料金:27€
  • ■入場可能施設:サグラダファミリア教会、ガウディ博物館
  • ■その他:オーディオガイド有(日本語)

【SAGRADA FAMÍLIA WITH GUIDED TOUR】

サグラダファミリアを公式のガイドと共に巡るツアー形式の見学チケットです。

SAGRADA FAMÍLIA AND GAUDÍ HOUSE MUSEUM
  • ■チケット料金:26€
  • ■入場可能施設:サグラダファミリア教会
  • ■その他:ツアー言語(英語、スペイン語、ドイツ語、カタルーニャ語、イタリア語、フランス語)

【GAUDÍ HOUSE MUSEUM】

ガウディ博物館の入場だけが可能なチケット。ガウディ博物館はグエル公園内にあります。

GAUDÍ HOUSE MUSEUM
  • ■チケット料金:5.5€
  • ■入場可能施設:ガウディ博物館

上記の6種類のチケットの中で、塔(タワー)に上ることができるチケットは、32€の「SAGRADA FAMÍLIA WITH TOWERS」のみになります。

また、専任ガイドと共に観光する「SAGRADA FAMÍLIA WITH GUIDED TOUR」というチケットもありますが、ご自身のペースで観光できなくなるので、じっくりと観光したい方にはあまりおすすめしません。説明に関しては、オーディオガイドがあれば十分だと思います。

ロケーションと行き方

サグラダファミリア教会へのアクセスは、メトロのL2線とL5線が走る「Sagrada Família(サグラダファミリア駅)」で降りて目の前、徒歩1分ほどです。

バスの場合は、19、33、34、43、44、50、51、B20、B24のいずれかのバスで「Mallorca - Marina」で下りて徒歩2分ほどです。

ほとんどの旅行者がバスよりも地下鉄でサグラダファミリアにアクセスするので、特別な理由がなければ、メトロか徒歩でのアクセスが分かりやすくておすすめです。

下の画像は「サグラダファミリア教会」の周辺マップです。赤色の部分が「サグラダファミリア」の敷地内になります。

サグラダファミリ周辺マップ

メトロの出口はいくつかありますが、L2ラインの出口から地上に出た方が、サグラダファミリアの入場口に近いです。

とは言え、メトロならどこから地上に出ても「サグラダファミリア」は目の前です。また、一般客用の入場口は教会の東側、ガウディ公園からマリナ通り挟んで正面にあります。

GET YOUR GIDEのカサ・ミラページ予約ページへ

チケット予約方法

サグラダファミリア公式HP

WEBで入場予約して購入する場合

チケットは、サグラダファミリア公式HPのチケット予約ページ(英語)から、2ヶ月先の月末まで予約する事が可能です。例えば、今が7月なら9月30日までのチケットが予約できます。

予約方法は本ページで順を追って可能な限り詳細に解説致します。まずは、チケット予約ページにアクセスしてください。

本記事では利用者の多いスマートフォンの画面を例に予約方法を解説致します。パソコンで予約される方は、画面遷移やレイアウトが異なるので「パソコン画面での予約方法」を参照ください。

チケットを選択

初めてサグラダファミリアの予約ページにアクセスすると、下の様に「プライバシーポリシー」への同意を求める項目が表示されているので「OK」をクリックして項目を閉じます。

プライバシーポリシーへの同意画面

これは欧州のGDPという法律で、訪問者に同意を求める事が義務付けられているものなので気にしないで大丈夫です(2度目以降は表示されません)。

続いて、予約者の種類を選択します。「Individual(個人)」「Groups(団体)」「Schools(学生団体)」とあるので、一般旅行者の方は左上の「Individual(個人)」をタップ(クリック)します。

予約者の種類を選択
チケット選択画面

ページが切り替わると、各種チケットが縦に6種類並んでいるページ(右写真)に移動します。

6種類の中で一番人気のあるチケットは一番上の「SAGRADA FAMÍLIA WITH TOWERS」になります。

このチケットは「サグラダファミリア」と「塔」の入場、さらに「オーディオガイド」がセットになったものです。本記事でもこのチケットを購入例として説明していきます。

チケットは、各チケットの右側にある赤いボタン「BUY」を押して選択します。

ボタンを押すと、ページが切り替わり、次のステップ「訪問日と購入枚数の選択」ページに移動します。

チケットの種類や詳細に関しては、本記事内の「入場料金とチケットの種類」をご参照くださいませ。

訪問日と購入枚数の選択

次のページに移動したら、訪問日時や購入枚数などを選択していきます。

訪問日の選択画面
  1. ①「訪問日を選択(Select a date)」サグラダファミリアの入場予約をしたい日を選択します。フォーム部分をタップするとカレンダーが表示されるので、カレンダーから訪問日を選択ください。サグラダファミリアと塔の入場日を別々に選択する事はできません。

訪問日を選択すると、登りたい塔を選択する項目(画像下)が表示されます。

塔の選択項目
  1. ②「塔の選択」上の「Tower on the Passion facade」が「受難のファサードの塔」、下の「Tower on the Nativity facade」が「生誕のファサードの塔」になります。当日に登りたい塔を選択してください。人気が高いのは「生誕のファサードの塔」になります。

塔をタップして選択すると、入場希望時間の候補(写真下)が表示されます。

塔の入場時間の選択画面
  1. ③「塔の入場時間を選択」表示候補の中から、塔に入場したい時間を選択します。黒枠で囲った時間帯の部分をタップすると候補時間を変更する事ができます。各時間の下に赤字で表示されている数字はその時間帯の残り枚数になります。

塔の入場時間を選択すると、今度はサグラダファミリアの入場希望時間の候補(写真下)が表示されます。

サグラダファミリアの入場時間の選択画面
  1. ④「サグラダファミリアの入場時間を選択」表示候補の中から、サグラダファミリアに入場したい時間を選択します。ただし、選択できるのは、前で選択した塔の入場希望時間の30分前か45分前のいずれかになります。それ以外の時間を指定する事はできません。また、塔の入場時間を午前10時に選択した場合は、30分前の午前9時30分のみ選択可能となります。

サグラダファミリアの入場時間を選択すると、購入枚数の選択項目(写真下)が表示されます。

購入枚数の選択項目
  1. ⑤「購入枚数の選択」チケットの購入枚数を選択します。一般の大人のチケットは「Genera(一般)」になります。他にも「Student(学生)」「Children under 11 years old(11歳未満)」「Senior(65歳以上)」「Under 30 years old(30歳未満)」などのチケットがあるので、ご自身と同伴者の年齢に応じたチケットと枚数を選択してください。画面右側の「+」「−」ボタンを押すとチケット枚数を増減できます、一度に最大で9枚までチケット予約が可能です。※「Under 30 years old」などの年齢割引があるチケットは、入場口でパスポートの提示を求められます。混雑時はチェックがない場合もある様ですが、基本的には年齢確認があります。また、「Student」のチケットを購入する場合は「国際学生証」の提示が必要となります。

①〜⑤まで全ての項目選択が完了したら、ページ下部の赤いボタン「CONTINUE」をタップ(クリック)してください。

CONTINUEボタン

CONTINUEボタンを1回タップすると「プロモーションコード(割引コード)」の入力を求められますが無視してください。再び「CONTINUE」ボタンをタップします。

すると「オーディオガイド」の言語選択項目「Audioguide language」が表示されるので「日本語」を選択してください。

オーディオガイド」の言語選択項目

最後にページ下部の「CONTINUE」ボタンをタップして次のステップに進みます。

【パネル画面が表示された場合】

次のステップに移動する際に下の様なパネル画面が表示される場合があります。

オーディオガイド」の言語選択項目

この画面が表示された場合は、①で指定されている「traffic lights(信号)」「vehicles(乗り物)」「hydrant(消火栓)」などを、②の写真から見つけて、その部分のパネルを全て選択していきます。最後に「skip」もしくは「verify」ボタンをタップします。選択したパネルが正しければ次のステップに進む事ができます。この画面が出ると結構面倒です。

購入者情報の入力

購入者情報の入力を行います。ページを少し下にスクロールすると入力項目があるので、必須項目マーク「*」がついた項目だけ埋めていきます。

購入者情報の入力1
  1. ①「Name」購入者の名前を半角ローマ字で入力します。半角であれば、大文字小文字は気にしなくて大丈夫です。

購入者情報の入力1
  1. ②「Email address」購入者のメールアドレスを入力します。このアドレスにチケットとなるPDFが送られてきます。

  2. ③「Repeat your email address」確認用に③と同じメールアドレスを入力します。②と③のメールアドレスが異なると先のステップに進めません。

  3. ④「Country」国籍を選択する項目なので「Japan」を選択します。

更に画面を下方にスクロールして行くと、お支払い方法の選択項目がありますが、最初からクレジットカードが選択されているので、そのままで大丈夫です。

お支払い方法の選択項目

最後に規約などに同意して「PAY」ボタンをクリックします。

規約とプライバシーポリシーへの同意項目
  1. ⑤「規約への同意」規約に同意します。この規約への同意は必須となります。

  2. ⑥「プライバシーポリシーへの同意」プライバシーポリシーに同意します。こちらの同意も必須となります。

⑤と⑥の上にもチェック項目がありますが、メルマガ登録用のチェックボックスなので、興味が無ければチェックしないでください。①〜⑥までの選択・入力が完了したら、ページ最下部の「PAY」ボタンをクリックしてカード情報の入力画面に進みます。

クレジットカード情報の入力

クレジットカード情報の入力項目
  1. ①「カード番号」クレジットカードに記載されている名義をそのままローマ字で入力します。

  2. ②「カードの有効期限」カードの有効期限を月年の順で入力してください。2018年5月なら05と18を入力します。

  3. ③「セキュリティコード」3桁のセキュリティコードを入力します。セキュリティコードとはカード裏面に記載されている下3桁の数字の事です。

  4. ④「決済通貨の選択」決済通貨を「円」か「ユーロ」で選択できます。基本は円払いで問題ないので初期状態のままで大丈夫です。この項目はカード番号を入力している途中に出現します。

①〜④までの項目の入力・選択が完了したら、ページ下部の青色のボタン「Pagar」をクリックします。

すると下記の様な確認画面が表示されるので、ページ下部の「CONTINUE」ボタンを押して決済を完了してください。

お支払いの最終確認画面

「CONTINUE」ボタンを押すと、決済処理がスタートします。決済が正常に完了すると以下の様なページに移動します。

サグラダファミリアチケットの購入完了画面

この画面が表示されたらサグラダファミリアのチケット予約は完了です。更にページを下にスクロールすると「Download the tour map」というリンクがあるので、この部分をタップ(クリック)すると、サグラダファミリアの周辺地図と簡単な案内パンフレット(PDF)がダウンロードできます。

サグラダファミリアチケットの購入完了画面のパンフレットダウンロード用リンク

肝心のサグラダファミリアのチケット(予約書)ですが、支払い完了と同時に、予約時に入力したメールアドレス宛に、PDFファイルとして添付されてきます。メールの件名は「Purchase summary by Basílica de la Sagrada Familia 予約番号」になります。

サグラダファミリア観光の当日は、このチケットをプリントアウトして持参するか、スマートフォンなどの画面上でそのまま提示しても大丈夫です。当日の入場の詳しい流れに関しては、本記事の「入場から観光までの流れ」を参照ください。

窓口で当日券を購入する場合

当日件のチケット売り場のロケーション

あまりおすすめはしませんが、止む無い事情で当日にチケットを購入される方は、上の地図を参考にチケットオフィスに並んで、チケットを購入してください。

チケットを購入した後の入場の流れは、WEBで予約購入した人と同じになります。当日の入場の流れに関しては、本記事の別項「入場から観光までの流れ」で詳しく解説しております。

日本語サイトで予約する場合

サグラダファミリア 日本語予約サイト

サグラダファミリアのチケットをどうしても日本語で予約したい方は、「GET YOUR GIDE」というサイトを利用すれば、わずかな手数料で日本語の説明ページからツアー予約が可能です。

GET YOUR GIDEは2009年に設立された世界遺産や施設のツアーやチケット手配を行っている会社です。以前は日本語に対応しておりませんでしたが、ここ数年は日本語に対応し、日本の利用者も増えております。

【GET YOUR GIDE サグラダファイミリアのお勧めツアー】

チケットについて

WEBでチケットを予約して支払いが完了すると、予約時に登録したメールアドレス宛にPDFにて「サグラダファミリアの入場チケット」が添付されてきます。下の写真はサグラダファミリアと塔の入場がセットになったチケット「SAGRADA FAMÍLIA WITH TOWERS」の現物です。

【SAGRADA FAMÍLIA WITH TOWERS】サグラダファミリア SAGRADA FAMÍLIA WITH TOWERS

チケットの重要な部分だけ説明しますと、①が予約した訪問日②がサグラダファミリアの入場時間③が予約した塔の名前④が塔の入場時間になります。入場時はチケットのバーコード部分をかざして入場します。

【SAGRADA FAMÍLIA BASIC TICKET】

こちら(写真下)は、サグラダファミリア教会の入場のみが可能な「BASIC TICKET(17 €)」になります。サグラダファミリア SAGRADA FAMÍLIA BASIC TICKET

塔に関する記載がないだけで、チケットの見方は「SAGRADA FAMÍLIA WITH TOWERS」とほぼ同じになります。

予約のキャンセルと変更について

サグラダファミリアの予約日時を間違えてしまった場合などは、キャンセルしたい旨を英文メールで連絡する事で、簡単にキャンセルできる場合があります。予約の変更に関しても、同じくメールでできる場合がありますが、予約に空きがない場合などは、日時調整のために何度もメールでやり取りする必要が出てきます。もし予約日時を変更したい場合は、一度予約をキャンセルしてから、再予約をした方がスムーズです。

予約のキャンセル方法

予約のキャンセルはサグラダファミリアのカスタマーサポート宛
customer@sagradafamilia.org」に直接メールして行います。

メールのやり取りは英語になりますが、当サイトの例文を参考に、①お名前と②予約番号を書き換えて送信すれば、誰でも簡単に予約のキャンセルリクエストができます。英文法には関しては微妙ですが、とりあえず通じます!

■ 予約をキャンセルしたい場合の例文(送信用)

件名:【Cancel request】

To Whom It May Concern

Hello. My name is 「

I am afraid I reserved the wrong date. Would you cancel my reservation ?

My reservation number is「

I hope you kind reply thank you.

には、ローマ字で予約時の名前を、は、ご自身の予約番号を記載してください。予約番号は予約書の「Loc.Booking」の部分、もしくは予約完了後に送られてくるメール本文内の「Your reservation number is」の下に記載されています。①〜②までの部分を記載したら、カスタマーサポート宛にメールしてください。

メールを送信すると、その直後に、件名「 Ticket de Soporte Abierto [# 番号] 」で自動返信メール(画像下)が届きますが、これはお問い合わせの受付を知らせるメールなので気にしないでください。

お問い合わせの自動返信メール

受付完了メール受信後、私の経験だと遅くとも2日以内にはカスタマーサポートから、以下の様な内容でキャンセル完了メールが届きます。

■ キャンセル完了メール(受信メール)

件名:【 #予約番号】

Good afternoon,

According to your request, we have cancelled reservation number 23××××99. Please remember that this ticket will not work, you will receive the refund on your credit card. If you don't receive it within 15 days, please contact us.

Best regards,

簡単に和訳しますと「キャンセルリクエストに応じて、予約番号「23××××99」のキャンセルが完了しました。予約したチケットは既に無効となっており、返金は15日以内にクレジットカード経由で行われます。返金が行われない場合はご連絡ください」という内容です。

この後に、もう1通、件名「Refund confirmation」でメールが届きます

キャンセル後の返金処理の完了メール

上記は返金の処理が正常に行われた事を知らせるメールです。このメールに返信の必要はありません。注意点としてはこのメール(返金処理完了メール)が届いてから、返金が完了するまではタイムラグがあります。返金タイミングは、カード会社の処理の締め日などに依存しますので、ご利用のカード会社にご確認ください。

上記のやり取りは、あくまでも一例です。カスタマーサポートの担当者によっては、メールや件名が異なる場合があります。その場合はグーグル翻訳などを活用して、自力で予約のキャンセルを頑張ってみてください。基本のやり取りはそこまで変わらないと思います。

また、カスタマーサポートの担当者によっては、親切心だと思いますが、1通目のキャンセルリクエストのメールを送った後に、以下の様な内容で返信してくる場合があります。

Good afternoon,

We can also reschedule your tickets if you like. What day and time you would like to visit the Sagrada Família?

Best regards,

上記の英文メールを和訳しますと「予約のキャンセルではなく、予約日時を変更する事も可能です。ご希望でしたら、新たに予約した日時をお知らせください。」的な感じです。

英語が得意な方は、このメールの返信で新たな予約日時を伝えれば、予約日時の変更ができます。予約日が迫っている場合には便利な申し出ですが、一旦予約をキャンセルしてから、新たに予約をとり直した方が手っ取り早いですし、人的な処理ミスも起きないと思います。

予約をキャンセルする場合は以下の様な内容で返信してください。

I am afraid I would like you to cancel my reservation once. I apologize for the inconvenience this may cause.

簡単に和訳すると、予約は一旦キャンセルしてください。ご迷惑をおかけ致します。みたいな感じです。このメールを送った後に、キャンセル完了のメールが届くはずです。

予約のキャンセルと変更の期日

予約のキャンセルや変更が何日前まで可能かの明記は公式サイトにはありません。しかし可能であれば、5日前、ギリギリで3日前ぐらいまでがキャンセルのリミットだと思います。とは言え特に定めはないので、タイミングや担当者によっては前日キャンセルも可能な場合があるかも知れません。予約が無駄になりそうな場合は、メールを送るだけ送ってみてください。

入場から観光までの流れ

本項では、当日にサグラダファミリア教会に入場するまでの流れを解説します。

■サグラダファミリアの一般入場口

サグラダファミリアの内部への入口は教会東側にあたる「生誕のファサード側」にあります。一般用の入場口は正面に見える円柱に向かって右側になります。左側はツアーや団体客用の入場口になります。

サグラダファミリアの詳細マップ

当日は、WEBでチケットを予約済みの方も、当日にチケットを購入した方も、生誕のファサードに向かって右側「一般入場口」に並びます。列に並ぶ際に係員にチケット提示を求められるので、そこでチケットを提示します。

チケットはプリントアウトしたものを提示するか、スマートフォンなどの端末上で提示しても問題ありません。

列をそのまま進んで行くと、荷物検査場があるので、そこで荷物検査を受けます。荷物検査が終わると、入場チケットをかざす改札機があるので、そこでチケットのQRコード部分をかざして入場門に進んでいきます。

サグラダファミリアの入場口

正面の大きな門が荷物検査を抜けた先にある「サグラダファミリア教会」の入口です。ここから入場して観光をスタートします。

参考までに、下の写真は「サグラダファミリア」生誕のファサード側の入場口と並び口の位置関係を示した写真になります。

生誕のファサード

①が団体客用の入口、②が一般客用の入口になります。そして、緑枠で囲った部分がサグラダファミリア教会への入口になり、黄色枠で囲ったのがオーディオガイドの受取りカウンター入口になります。

■オーディオガイドについて

サグラダファミリア教会の歴史や建築の詳細を聞きながら観光したい方は、オーディオガイド(日本語)のレンタルがおすすめです。

オーディオガイドのレンタルは、オーディオガイドがセットになったチケットを購入して、専用の受け取りカウンターでチケットを提示すれば、簡単にオーディオガイドをレンタルする事ができます。※11歳未満の子供はオーディオガイドをレンタルする事ができません。

【オーディオガイドの受取り方】

観光当日は、オーディオガイド付きの入場チケットを持って、下の写真の黄色い枠で囲った入口から「オーディオガイドの受け取りカウンター」に入り、オーディオガイドを受け取ってください。

オーディオガイド受取りカウンターの入口

オーディオガイドの言語は購入時に指定しますが、もし何語のオーディオガイドが希望かを聞かれた場合は「ジャパニーズ」と答えてください。機械の設定などはカウンターの係員が全てやってくれます。

オーディオガイドの受け取りカウンターは、荷物検査場を抜けた先にあるので、オーディオガイドを受け取るのは、荷物検査直後の、サグラダファミリア教会入場の直前になります。

【オーディオガイドの再生時間】

オーディオの再生時間はおおよそですが、45分ほどになります。

サグラダファミリア教会には①〜⑦番までのオーディオガイドの再生スポットがあります。再生スポットには「Audioguia」と赤丸に白文字で書かれた看板があるので、そこでオーディオガイドの対応した番号を押すだけで、音声が流れて案内を聞く事ができます。

参考までに、①〜③までの再生スポットは生誕のファサード側、④〜⑥までが教会内部、⑦は受難ファサード側に再生スポットがあります。

また、オーディオガイドの返却は、出口付近に郵便ポストの様な赤い箱がありますので、そこに入れて返却してください。

■おすすめの観光時間帯

サグラダファミリア教会 生誕のファサード

サグラダファミリア教会の観光はツアーや団体客が少ない10時より前の訪問がおすすめです。10時ぐらいからツアーや団体客がどっと押し寄せてきます。

訪問時間に関しては、可能であれば、塔への入場予約を9時15分に設定して、開場の9時にサグラダファミリアに入場するのがベストです。

サグラダファミリアの塔の上は非常に狭い通路を歩くので、朝一番の人が少ない時に先に観光してしまう方が快適に観光できます。ですので、まずは先に塔を観光してしまってから、その後に教会内部を見学した方がスムーズに観光できると思います。

また、これは参考までにですが、午前中に塔に上る場合は「受難のファサードの塔」を選択した方が、景観が比較的順光に近い形でバルセロナの街並みを撮影する事ができます。

塔(タワー)の基本情報と上り方

生誕のファサードと受難のファサード

サグラダファミリアの塔は、現在16つのうち8つまで完成しており、東側の生誕のファサード(Nativity façade)側と、西側の受難のファサード(Passion façade)側にそれぞれ4つの塔が建っています。

塔に入場可能なチケット「SAGRADA FAMÍLIA WITH TOWERS」で入場できるのは、「生誕のファサードの塔」か「受難のファサードの塔」のいずれか一つだけになります。

どちら側の塔に入場するかは、チケット購入時に自由に選択する事ができます。

■塔の入口と登り方

塔の入口となるエレベーターは、サグラダファミリア教会の内部にあり、「生誕のファサードの塔」と「受難のファサードの塔」でそれぞれ入り口が異なります。

サグラダファミリア教会内部の詳細地図
  • ①生誕のファサードの塔 エレベーター乗り場生誕のファサードの塔の入口(エレベーター)は、サグラダファミリア大聖堂の東側、教会内に入場してすぐの場所にあります。

  • ②受難のファサードの塔 エレベーター乗り場受難のファサードの塔の入口(エレベーター)は、サグラダファミリア大聖堂の西側、入り口の生誕のファサードから見て、一番奥の出口側にあります。

【塔の登り方と降り方】
生誕のファサードの塔 エレベーター乗り場

塔に上るには、チケットに記載されている入場時間の2分〜3分ぐらい前に、それぞれのエレベーターの前に行って入場を待ちます。

入場時間になったらチケットを係員に提示して、エレベーターで塔に上がり見学をスタートしていきます。

エレベーターで塔の上まで上った後は、基本的に一方通行となり、階段を降りながら見学して行く形になります。ただし「生誕のファサードの塔」の場合は、エレベーターを下りた後に少しだけ階段を登り、そこを頂点として下りながら見学して行く形になります。

「生誕のファサードの塔」も「受難のファサードの塔」上りとなる行きはエレベーターのみ、下りとなる帰りは階段のみの利用が可能です。

■生誕と受難のファサードはどちらの塔がおすすめ?

生誕のファサードの塔に登るのがおすすめです。

外尾悦郎氏が制作した「果実の彫刻」

一般的には、ガウディの生前に完成した「生誕のファサード」の方が、ガウディ自身によって造られた彫刻や装飾を間近で見る事ができるので、人気が高いです。

生誕のファサードは、キリスト誕生の喜びを表現しており、全体的に明るいイメージの彫刻や彫り物が多く、特にこだわりがなければ、生誕のファサードを選択すれば間違いないと思います。

逆に、ガウディの死後や、近年に造られた装飾を中心に見る事ができるのが「受難のファサードの塔」になります。受難のファサードはキリストの死を表現して造られているので、生誕のファサードと比べると、とことなく悲しげな印象を受けます。

【塔の上からの景観】
生誕のファサードの塔から見るバルセロナの街並み

「生誕のファサードの塔」も「受難のファサードの塔」も、共にバルセロナの街を一望する事ができます。

生誕のファサードの塔からは、ガウディ広場やサンパウ病院などがあるバルセロナ東側の景観を、受難のファサードの塔からは、カタルーニャ広場などがあるバルセロナの中心街やモンジュイックの丘の景観を望む事ができます。どちらも見晴らしは良いですが、景観に大差はありません。

比較的ですが、午前中は「受難のファサードの塔」からの景観が順光に近く、午後は逆に「生誕のファサードの塔」からの景観が順光に近い形になるので、写真に拘る方は、時間帯に応じて、どちらの塔に上るかを決めるのも良いかもしれません。

■サグラダファミリアの塔に登るべきか

サグラダファミリアの塔には絶対に登る事をおすすめします。

サグラダファミリアの尖塔

塔に上れば、バルセロナ市内を一望できるのはもちろんですが、それ以上に、間近で見る事ができる精巧な彫刻や、外観に施された美しい装飾には一見の価値があります。

料金的には「SAGRADA FAMÍLIA WITH TOWERS」という32€のチケットを購入する必要があるので、通常のチケットよりも15€ほど高くなります。

しかし、折角バルセロナまでやってきて、たかだか昼飯程度の料金を惜しんで、塔に登らない手はないと思います。

観光時間に余裕がある場合は、是非サグラダファミリア教会の内部だけでなく、塔の上にも足を運んで見てください。

所要時間の目安

サグラダファミリア聖堂内の景観

サグラダファミリア観光の所要時間の目安は3時間ほどです。

上記の所要時間は、サグラダファミリア教会の内部をじっくりと見学して、塔にも上り、外観もゆっくりと堪能する事を想定した所要時間になります。また、前もってのWEBでのチケット予約が大前提となります。

参考までに、私が観光した時の例で言いますと、以下の様な時間配分になります。

  • ・教会内の見学:所要1時間オーディオガイドを聞きながらゆっくりと観光して所要1時間ほど。

  • ・塔の見学:所要40分塔に上って、ゆっくりと写真を撮りながら階段を下りてきて所要40分ほど。

  • ・外観の見学:所要30分教会の周囲を歩きながら、東西南北のあらゆる角度から教会の外観写真を撮影して所要30分ほど。

  • ・地下博物館:所要20分教会内の地下にある博物館をさらっと観光して所要20分ほど。

  • ・待ち時間など:所要30分WEBでチケットを予約しても、多少の待ち時間や、塔に上るまでの空き時間などはあるので、その辺りの観光以外で所要30分ほど。

以上の合計で所要時間は3時間ほどです。

上記はあくまでも目安なので、ご自身の優先度によって所要時間を上手く配分してみてください。ただし、オーディオガイドの再生時間は約45分あるので、オーディオガイドを聞いて教会内部を見学する場合は最低でも50分、塔も一度上ったら階段で下りてくるしかないので、最低でも30分は見ておいた方が無難です。

注意事項

サグラダファミリア教会内部 柱と天井の装飾

サグラダファミリア教会の入場や観光には、いくつかの注意事項があります。特に服装に関しては、ルールを守らないと、当日に入場できないという事態もあり得ますのでご注意ください。

■服装について

サグラダファミリア教会内部(地下博物館含む)での帽子などの被り物の着用は禁止されています。ただし、宗教上や健康上の理由によって止む得ない場合は着用が可能となります。

また、夏場などはシースルーや肩を露出する服装、大腿の中央より上を露出するショーツやズボンでの入場は禁止されています。太腿の中央より上という制限は非常に曖昧なので、教会内に入場する時は、ショーツや半パンの着用は極力避けたほうが無難です。

■写真撮影について

教会内部での写真撮影及び、フラッシュ撮影は許可されています。ただし、お祈り場付近でのフラッシュ撮影及び、写真撮影は禁止されています。

また、特別な許可がない限り、三脚の使用は禁止されています。

■悪天候時の塔への入場制限

安全面における配慮から、天候の悪い日、特に雨風の強い日は、チケットを予約していても、サグラダファミリア付属の塔には上る事ができない場合があります。30分前までは塔に上れたのに、その後は天候の悪化によって塔に上れなくなってしまったという話も珍しくありません。

■年齢制限

サグラダファミリア聖堂内への入場には年齢制限はありませんが、塔への入場は安全面への配慮から、5歳未満の子供は上る事ができません。また16歳未満の子供は大人の同伴がない場合には塔に上る事ができません。

■塔への大きな荷物の持ち込みについて

サグラダファミリアの塔の上は、トランクなどの大きな荷物を持って上る事はできませんので、塔の入り口付近のコインロッカーに預ける形になります。ただし、トランク用の大きな荷物を収納できるコインロッカーは数も少ないので、基本的には、大きな荷物は持ち込まない事をおすすめします。コインロッカーに投入したコインは荷物を取り出すと戻ってきます。

まとめ

「サグラダファミリア教会」は、2005年に世界遺産に登録されたスペインの中でも最も人気のある観光名所です。2016年には、その来場者数は450万人にも上りました。この来場者数を単純に365日で割ると、1日約12,700人もの観光客がサグラダファミリアを訪れている事になります。

これだけの来場数を誇る人気の観光地ですので、仮に予約なしで訪問した場合、長時間並ぶだけならまだしも、最悪の場合はその日に入場できないという事態もありえます。

しかし、事前にチケットを予約しておくだけで、指定した時間に確実に入場する事できます。これはどう考えても、WEBでチケットを予約しない手はないと思います。

是非、WEBでチケットを予約の上で、スムーズなサグラダファミリア観光をお楽しみください。