【スコータイ 旧市街】歴史公園に近いホテルを厳選

(2017年7月24日) スコータイ旧市街(ムカンカオ)ホテル

個人的な意見ですが、世界遺産「スコータイ遺跡」の魅力は一泊以上滞在してこそ体感できると思っております。そんな想いもあり、本記事ではスコータイに宿泊する上で、おすすめのホテルやゲストハウスをピックアップしてご紹介致します。

遺跡まで徒歩でいける旧市街のホテル

スコータイのホテル宿泊は断然「旧市街(ムアンカオ)」がおすすめな事は別記事の【スコータイひとり旅】おすすめホテルと宿の選び方。でご紹介致しました。ですのでその点を踏まえ、本ページではスコータイ旧市街に限定してホテル、ゲストハウスを紹介しております。是非ホテル選びの参考にしてください。

本ページで紹介しているホテルは、スコータイ遺跡(歴史公園)から1km以内である事を最低条件としておりますので、立地的にはどのホテルやゲストハウスを選んでも、スコータイ歴史公園が徒歩圏内かつ、レストラン、コンビニも徒歩圏内です。後は口コミの良さだったり、24時間フロント対応か否か、レンタサイクルの有無などで、どこに宿泊するのかをご判断頂ければと思います。

■Pottery Street House(ポタリー ストリート ハウス)

ポタリー ストリート ハウスの外観

■宿泊料金:1,900円~5,500円

■スコータイ歴史公園までの距離:700m(徒歩10分)

■口コミ トリップアドバイザー:5段階中5.0点

■口コミ Expedia:5段階中4.0点

■口コミ Booking.com:10段階中9.4点

■部屋の広さ:25m2~30m2

■スタッフの言語:英語(カタコト)、タイ語

■主な設備:Wifi無料、エアコン、レンタサイクル(有料)

個人的には、立地、口コミ、レンタサイクルの有無、部屋の広さなど、トータルバランスで考えると一番のおすすめホテルです。立地は本ページ内の他のホテルと比べると、若干だけ遠いですが、レンタサイクルもありますので、自転車に乗ってしまえば大差はありません。

フロントスタッフも非常に対応が親切で口コミ評価も非常に高く、少しだけ英語が話せれば日本人の方も安心して宿泊できるホテルです。料金は一番高い部屋だと5,000円ぐらいしますが、一番安い1,900円〜2,500円の部屋でも広さは25m2もあり、バストイレ、エアコン完備で何の問題もありません。フロントは24時間対応ではありませんのでご注意ください。

ポタリーストリートハウスに関しては、別記事「【スコータイひとり旅】おすすめホテルと宿の選び方。」にて詳しく紹介しておりますので、宜しければご参照ください。非常におすすめのホテルです。

■OldTown Boutique House Sukhothai(オールドタウン・ブティックハウス スコータイ)

抜群の立地と驚異的な口コミ高評価

オールドタウン・ブティックハウス スコータイの外観

■宿泊料金:3,000円~3,600円

■スコータイ歴史公園までの距離:500m〜600m(徒歩8分)

■口コミ トリップアドバイザー:5段階中5.0点

■口コミ Expedia: 口コミなし

■口コミ Booking.com:10段階中9.7点

■部屋の広さ:14m2

■スタッフの言語:英語、タイ語

■主な設備:Wifi無料、エアコン

立地と口コミは共に文句の付け所がありません。部屋の広さは14m2と、この地域の同料金のホテルと比べると若干狭めではありますが、一人旅であれば十分な広さです。部屋は壁に象の絵が書いてあったり、チェックイン時のタオルが象型に折られていたりと、細部に遊び心が見えるオシャレなホテルで、雑貨好きな女子が喜びそうな部屋だと思います。

白を貴重した部屋は常に清潔に保たれており、口コミの良さから判断しても安心して宿泊できるホテルです。また、テーブルとイスが置かれたロビーの様な共有スペースもあり、落ち着いた雰囲気でリラックスできるなど、この共有スペースの口コミ評価が非常に良いです。

朝食オプションはありませんが、トーストとジャム、コーヒなどが無料で提供されます。また、フロントは24時間対応ではないので、チェックインもしくチェックアウト時間が営業時間外になる場合は、ホテルに予め伝える必要があります。唯一のマイナスポイントとしては、ホテル内でレンタサイクルができない事です。徒歩3分圏内にレンタサイクルのショップもありますが、ホテルで借りてホテルで返すのが一番楽です。この点を踏まえて予約を検討する必要があります。

■Space Ben Guest House @ Muangkao(スペース ベン ゲストハウス@ムアンカオ)

名前が特徴的なゲストハウス。リーズナブルな料金設定が嬉しい。

スペース ベン ゲストハウスの外観

■宿泊料金:1,900円~2,100円

■スコータイ歴史公園までの距離:500m〜600m(徒歩8分)

■口コミ トリップアドバイザー:5段階中4.5点

■口コミ Expedia:5段階中3.9点

■口コミ Booking.com:10段階中9.1点

■部屋の広さ:11m2〜15m2

■スタッフの言語:英語、タイ語

■主な設備:Wifi無料、エアコン、レンタサイクル(有料)

立地も素晴らしく、ホテルでレンタサイクルも可能です。部屋の広さは、スタンダードツインルームだと11m2と、狭めですが寝て泊まるだけなら問題ないかと思います。ダブルルームに泊まれば15m2と少し広めです。また、外観と内観も清潔感があり、衛生面でも全く問題ないと思います。ただ、ホテル名のインパクトの割に、内観も外観も非常にシンプルで、悪く言えば簡素です。

朝食はオプションで選択可能ですが、無料でお茶とバナナが提供されます。全体としての口コミ評価は非常に高いですが、何故か日本人だけの口コミを見ると「排水が悪い」「蚊が多い」など若干のマイナスポイントも見受けられました。

とは言え、日本人の宿泊者は少数ですし、大多数の外国人の口コミはほとんどマイナスポイントが見られませんでした。個人的には、海外のホテルに過度なジャパンクオリティを求めるのは良くないかと思いますし、ゲストハウスでこの料金という点は踏まえた方が良いです。

■Old City Guest House(オールドシティ・ゲストハウス)

どこに行くにも便利な立地。ローカルな雰囲気満載のゲストハウス

オールドシティ・ゲストハウスの外観

■宿泊料金:850円~5,500円

■スコータイ歴史公園までの距離:400m(徒歩5分)

■口コミ トリップアドバイザー:5段階中4.0点

■口コミ Expedia:5段階中3.3点

■口コミ Booking.com:10段階中8.5点

■部屋の広さ:15m2~35m2

■スタッフの言語:英語(カタコト)、タイ語

■主な設備:Wifi無料、エアコン、フロント24時間対応、レンタサイクル(有料)

立地は最強です。本ページで紹介しているホテルの中では、最もスコータイ歴史公園の正門に近いホテルです。レストランもコンビニエンスストアも徒歩3分圏内です。まず道に迷う事はないでしょう。

宿泊料金も一番ランクの高い広い部屋(35m2)でも5,000円台で宿泊できます。逆に一番安い部屋だと1,000円を切りますが、この部屋に関してはバスルームは共用になります。それ以外の部屋は全て独立したバスルームを完備しています。部屋も外観も如何にもタイのローカルな雰囲気がありタイの田舎街に来た実感がわくホテルです。気になる点としては、Expediaの口コミが3.3とやや低い事です。

■Old City Boutique House(オールドシティ・ブティックハウス)

寺院風な作りでローカルの雰囲気抜群のゲストハウス

オールドシティ・ブティックハウスの外観

■宿泊料金:2,100円~3,600円

■スコータイ歴史公園までの距離:450m(徒歩5分)

■口コミ トリップアドバイザー:5段階中4.0点

■口コミ Expedia:5段階中3.6点

■口コミ Booking.com:10段階中8.5点

■部屋の広さ:20m2~21m2

■スタッフの言語:英語(カタコト)、タイ語

■主な設備:Wifi無料、エアコン、フロント24時間対応、レンタサイクル(有料)

スコータイ歴史公園の正門に繋がる大通り沿いの横道を少し入った所にありますので、ホテルの周囲は静かです。ホテルの外観は寺院風な作りでローカルの雰囲気抜群です。部屋も最低で20m2と十分な広さがあります。部屋内は仏像などの絵画が飾られてたり、家具やシーツの柄などにもこだわりが見えます。部屋は非常にシンプルで清潔に保たれています。

部屋選びの注意点としては、ファンだけの部屋と、エアコン付きの部屋があり、エアコン付きだと料金的には千円ぐらい高くなります。常夏な地域なので、できればエアコン付きの部屋を予約するのがおすすめです。口コミでは多くの方が朝食についてコメントしており、タイのローカルフードではないが非常に美味しいと評価しております。

Booking.com