スコータイ観光はバンコクから一泊二日の旅がおすすめ。

(2017年4月4日) スコータイ遺跡の仏像
バンコクからスコータイへの観光は、日帰りツアーもありますが、広大なスコータイ遺跡を堪能するには日帰りツアーはお勧めできないです。ツアーだと自分のペースで、じっくり見学ができませんし、日帰りの慌ただしいスケジュールにも関わらず、5万円前後か、それ以上の高額な費用がかかります。

一方、個人旅行なら、バンコクから日帰りでも1万5千円〜2万5千円(飛行機+遺跡までの移動費)ほどに予算を抑えられます。また、バンコクから1泊2日で行っても、宿泊費込みで3万円程度(宿が安い!)に費用を抑える事ができますので、個人的には断然、バンコクからの個人旅行がおすすめです!

それでもやはり、スコータイを個人で観光するのは、怖くてハードルが高いと感じる方のために、おすすめのスコータイツアーをご紹介します。良ければ参考にしてください。

個人旅行でもスコータイの日帰り観光は、おすすめできない理由

スコータイへの個人旅行は、日帰りも可能ですが、現地での滞在時間を考慮すると、往路は07:00の便で出発し、復路は18:45の便でバンコクに戻る形になると思います。朝一の便(07:00)に乗るためには、遅くとも1時間30分前の05:30ぐらいには空港に到着している必要があります。しかし、バンコク市内からスワンプーナ空港行きのエアポートリンクは朝6時が始発なので、この時間(07:00発)の飛行機に乗るには、早朝に空港までタクシーで行く必要があります。もしタクシーを拾えなかったり、前日に予約したタクシーが迎えに来なかった場合、飛行機の時間に間に合わないというリスクが発生します。また、タクシー代もバカになりませんし、タクシーには極力乗りたくないという旅行者の方も多いと思います。

何より、日帰りのスコータイ観光だと、スムーズに遺跡に到着しても、遺跡の観光時間は約5時間〜6時間ほどになると思います。これだけあれば、スコータイ歴史公園内と城壁外の主要な遺跡は大まかには全て観光可能ですが、常に慌ただしさがつきまといます。また、時間によっては逆光だったりするので、タイミングによって良い写真が撮影できなかったりしたら残念ですよね。ですので、日程に余裕がない方はやむ得ませんが、せっかくスコータイを観光するなら、一泊二日でのスコータイ訪問を強くオススメします。

「バンコク・エアウェイズ」スワンプーム空港 → スコータイ空港行きの国内線時刻表
フライト番号出発時間到着時間所用時間
PG21107:00発08:15着1時間15分
PG20913:15発14:30着1時間15分
PG21317:00発18:15着1時間15分
(2017年4月時点)

「バンコク・エアウェイズ」スコータイ空港 → スワンプーム空港行きの国内線時刻表
フライト番号出発時間到着時間所用時間
PG21208:45発10:00着1時間15分
PG21015:00発16:15着1時間15分
PG21418:45発20:00着1時間15分
(2017年4月時点)

スコータイ遺跡の魅力は、一泊して初めて分かる!

スコータイに一泊すれば時間を気にせずに、朝からノンビリとスコータイ遺跡を観光できて、タイの田舎街の雰囲気をじっくりと肌で味わう事ができます。スコータイ旧市街は、本当にのどかな田舎街で、まだまだ観光地化されてないです。この雰囲気は、慌ただしい日帰り旅行や、バンコク市内やアユタヤ遺跡で一泊したとしても、きっと味わう事はできないでしょう。

一泊する事のメリットはまだあります。スコータイ歴史公園の近くには、安くて上手なタイ古式マッサージ店(1時間200タイバーツ※日本円で600円ぐらい)があるので、是非このマッサージ店を利用してください。本当に安くて上手で気持ち良かったです。ちなみに私は一泊二日のスコータイ観光中に、全身マッサージを1時間、足裏マッサージを1時間づつ受けました。それでも、スコータイ歴史公園内の遺跡と城門外の遺跡をじっくり観光する時間は十分にありました。夜は夜で、店数こそ少ないものの、大通りはレストランが並び、タイ田舎街のローカールフードを低価格で楽しむ事ができました。

そして何よりも一番のメリットは、朝焼けと夕焼けに染まる「スコータイ遺跡」の様々な表情が見れる事です。夕焼けに照らされた仏像が、朝焼けや夕焼けに照らされて、池に反射する光景は本当に神秘的です。写真の被写体としてもこれ以上にないほど上質で、まさに絶景です。シーズンによっては、夜の遺跡ライトアップもありますし、朝一で観光すれば涼しいのはもちろんのこと、ツアーの団体客はや日帰り旅行者がまだ到着していませんので、高い確率で遺跡を独り占めできます。私自身「ワット・マハタート」に朝一で訪問して貸切状態でした。これも一泊してこそ得られるメリットです。

「スコータイ遺跡」は多くの日本人の方にとっては一生に一度訪れるか訪れないかの貴重な世界遺産です。折角なら、一泊して存分にスコータイ遺跡を堪能してください。

スコータイ遺跡周辺のホテルは、宿泊費も基本的に非常にリーズナブルです。3,000円ぐらいから質の良いホテルやゲストハウスが見つかります。しかも、この値段で、この立地とこのサービスか!と感じるほど、コストパフォーマンスは非常に高いです。スコータイ遺跡は世界遺産でこそありますが、アクセスの面では決して良いとは言えず、同じく世界遺産のアユタヤ遺跡と比べると観光客も少ないのが現状です。そのためかは定かではありませんが、非常に宿泊費が安く設定されております。

旅慣れしてない方だと、個人旅行での都市間移動は非常にハードルが高く感じる方もいるかと思いますが、バンコクとスコータイへの移動は、ちゃんとした交通機関も整備されております。その気にさえなれば簡単に移動できる観光地です。是非、この機会にツアーに頼らない個人旅行に挑戦してみてください。一度経験すれば楽勝です!