【ワットポー 行き方】地下鉄か水上バスでの快適アクセスがおすすめ

バンコク
ワットポー 涅槃像(リクライニングブッダ)

バンコク市内から『ワットポー』への行き方は複数ありますが、「地下鉄(MRT)」か「水上バス」のいずれかを利用したアクセス方法がおすすめです。

本記事でも「地下鉄」と「水上バス」を利用した2通りの『ワットポー』への行き方について詳しく解説していきます。

ワット・ポーへの行き方を解説

地下鉄」か「水上バス」を利用して『ワット・ポー』へアクセスする場合、それぞれの移動手段の概要は以下のとおりです。

  1. 地下鉄でアクセス(料金目安:20〜42バーツ) バンコクの中心部「スクムウィット駅」や「シーロム駅」「バーンワー駅」などから運行している地下鉄(MRT)のブルーライン(BLUE LINE)を利用してアクセスする方法です。ブルーラインに乗車してしまえば、乗り換えなしでワットポーの地下鉄最寄り駅「サナームチャイ駅(Sanamchai)」にアクセスが可能です。駅下車後、ワットポーまでは徒歩3分ほどです。

  2. 水上バスでアクセス(料金目安:16〜60バーツ)BTSシーロム線「サパーンタクシン駅(Saphan Taksin Station)」にあるサトゥーン船着き場から「水上バス」を利用してアクセスする方法です。風を切ってチャオプラヤー川を疾走するのは非常に爽快で旅行気分を高揚してくれます。最初に「ワット・ポー」ではなく「ワット・プラケオ」に行く場合は、水上バスを利用した方が効率が良いです。

「料金」は皆さんの出発地点(出発駅)によって異なりますので、文字通り目安として記載しておりますが、基本的にどちらの行き方もリーズナブルで大差ありません。

以下に「地下鉄」と「水上バス」それぞれの「アクセスフロー図」を掲載致しましたので、ワット・ポーへの移動手段を決める際の参考にしてください。

地下鉄利用時 ワット・ポーへのアクセスフロー図

地下鉄を利用した場合のワット・ポーまでのアクセス所要時間は、スタート地点にもよりますが、スムーズに行けば約30分ほどです。とにかく最短でワット・ポーにアクセスしたい方はこの方法でのアクセスが便利です。

地下鉄を利用したワットポーへのアクセスフロー図

水上バス利用時 ワット・ポーへのアクセスフロー図

水上バスは「チャオプラヤーエクスプレス」と「チャオプラヤーツアリストボート」の2種類があり、どちらを利用しても『ワット・ポー』へのアクセスが可能です。2つの水上バスは途中の停車駅が若干異なりますが、アクセスフローは同じです。

水上バスを利用したワットポーへのアクセスフロー図

どちらの水上バスも、BTS「サパーンタクシン駅」から徒歩1〜2分でアクセスできる「サトゥーン船着き場」から発着しています。参考までに「BTS」とはバンコク市内中心部を東西南北に走る高架鉄道の事です。

どちらの水上バスを利用した場合も「ワット・ポー」までの所要時間は50分ほどです。運賃などの違いは、本記事後半の「水上バスの基本情報(運行時間・運賃・路線図)」にて詳しく解説しております。

地下鉄と水上バス どちらのアクセス方法がお勧め?

『ワット・ポー』へバンコク市内からアクセスする際に、最も効率の良いお勧めの移動手段は、出発地点によっても変わってきますが、多くの人にとっては「地下鉄(MRT)」を利用するのが、最も手軽かつ体力的に省エネだと言えます。

特に、シーロム駅(SiLom)や、スクムウィット駅(Sukhumvit)周辺に滞在の方は、ワット・ポーの最寄り駅「サナームチャイ駅(Sanamchai)」まで、地下鉄のブルーラインで乗り換えなしで簡単アクセスできます。バンコク中心部の路線図にて位置関係もご確認ください。

バンコク市内中心部の路線図

一方で、皆さんの滞在ホテル(出発地点)が「チャオプラヤ川」沿いのエリアで、「サトゥーン船着き場(SATHORN)」が徒歩圏内であれば、水上バスを利用した方が圧倒的に便利だと思います。上の路線図で青色で記したのがそれぞれの船着き場の位置になります。

また「水上バス」はアトラクション的な要素も強く、乗るだけでバンコク旅行の記念になります。「行きは水上バス」で「帰りは地下鉄」の様に、行きと帰りでアクセス方法を変更するのも個人的にはお勧めです。

次項より「① ワット・ポーへの地下鉄での行き方の流れ」「② ワットポーへの水上バスでの行き方の流れ」の順で、それぞれの行き方の流れを写真付きで詳細に解説していきます。

① ワット・ポーへの地下鉄での行き方の流れ

地下鉄MRT 駅内の様子

MRT(地下鉄)には主に「ブルーライン(BLUE LINE)」と「パープルライン(PURPLE LINE)」の2路線があります。そのうち「ワット・ポー」の最寄り駅「サナームチャイ駅(Sanamchai)」へアクセスできるのはバンコク市内の中心部を走る「ブルーライン(BLUE LINE)」になります。

地下鉄のブルーラインへアクセス

バンコク市内中心部の路線図

ワット・ポーに地下鉄で行く場合、まずは滞在ホテルの最寄り駅から「地下鉄(MRT)のブルーライン」にご乗車ください。BTS(スカイトレイン)の各駅が最寄りの場合は、「ハイェーク ラーブラオ駅」「モーチット駅」「アソーク駅」「サラデーン駅」などで、地下鉄のブルーラインへ乗り換えが可能です。

以下に、地下鉄ブルーラインを停車駅順に記したました。ご自身のアクセスしやすい駅から地下鉄に乗車(もしくは乗り換え)して、ワット・ポーの最寄り駅である「サナームチャイ駅(Sanamchai)」で下車します。

【ブルーライン(BLUE LINE)】
  1. BL-01タープラ

    (Tha Phra)
  2. BL02チャラン13

    (Charan 13)
  3. BL03ファイチャイ

    (Fai Chai)
  4. BL04バンクンノン

    (Bang Khun Non)
  5. BL05バンイカーン

    (Bang Yi Khan)
  6. BL06シリントーン

    (Sirindhorn)
  7. BL07バンプラット

    (Bang Phlat)
  8. BL08バンオー

    (Bang)
  9. BL09バンポー

    (Bang Pho)
  10. BL10タオプーン

    (Tao Poon)
  11. BL11バンスー

    (Bang Sue)
  12. BL12カムペーンペット

    (Kamphaeng Phet)
  13. BL13チャトゥチャックパーク

    (Chatuchak Park)BTSスクンビット線 乗り換え可
  14. BL14パホンヨーティン

    (Phahon Yothin)BTSスクンビット線 乗り換え可
  15. BL15ラットプラーオ

    (Lat Phrao)
  16. BL16ラチャダーピセーク

    (Ratchadaphisek)
  17. BL17スティサン

    (Sutthisan)
  18. BL18フワイクワーン

    (Huai Khwang)
  19. BL19タイランドカルチャーセンター

    (Thailand Cultural Centre)
  20. BL20プララム9

    (Phra Ram 9)
  21. BL21ペッチャブリー

    (Phetchaburi)
  22. BL22スクンビット

    (Sukhumvit)BTSスクンビット線 乗り換え可
  23. BL23クイーンシリキット
    ナショナルコンベンションセンター

    (Queen Sirikit National Convention Centre)
  24. BL24クロントゥーイ

    (Khlong Toei)
  25. BL25ルンピニー

    (Lumphini)
  26. BL26シーロム

    (Si Lom)BTSシーロム線 乗り換え可
  27. BL27サムヤン

    (Sam Yan)
  28. BL28フアランポーン

    (Hua Lamphong)
  29. BL29ワットマンコン

    (Wat Mangkon)
  30. BL30サムヨード

    (Sam Yot)
  31. BL31サナームチャイ

    (Sanam Chai)ワットポーなど三大寺院の最寄駅
  32. BL32イサラパープ

    (Itsaraphap)
  33. BL01タープラ

    (Tha Phra)
  34. BL33バンパイ

    (Bang Phai)
  35. BL34バンワー

    (Bang Wa)BTSシーロム線 乗り換え可
  36. BL35ペットカセム48

    (Phetkasem 48)
  37. BL36パーシーチャルーン

    (Phasi Charoen)
  38. BL37バーンケー

    (Bang Khae)
  39. BL38ラックソン

    (Lak Song)

バンコクの全路線図を見る

バンコク中心部の各地下鉄駅から、ワット・ポーの最寄り駅である「サナームチャイ駅(Sanamchai)」までは、乗車した駅にもよりますが、おおよそ所要20〜25分ほどです。地下鉄(MRT)やBTS(スカイトレイン)の利用方法につきましては、以下の記事にて詳しく解説しておりますので、合わせて参照ください。

地下鉄で20分〜25分程

サナームチャイ駅(Sanamchai)

サナームチャイ駅に到着したら「Wat Pho」と書かれた標識(写真下)がある出口①番から地上に上がってください。

徒歩3分〜5分程

ワット・ポー

ワット・ポーの最寄り駅「サナームチャイ駅(Sanamchai)」から「ワット・ポー」の入り口までのルートは以下のグーグルマップを参考にしてください。下のルートの様に「サナームチャイ通り(Sanam Chai Road)」という大通りを通ってアクセスした方がわかりやすいと思います。

地図上の「A」が「サナームチャイ駅(Sanamchai)」、「B」が「ワット・ポー」の南側入口付近になります。ワット・ポーはこの南側以外にも、北側や西側にも入り口があります。もし南側の入り口が閉まっている場合は、敷地の外周を時計回りに回って行けば、開いている入り口に辿り着けます。

② ワットポーへの水上バスでの行き方の流れ

チャオプラヤーツアリストボートとチャオプラヤーエクスプレス

バンコク市内中心部から「ワットポー」へ「水上バス」を利用してアクセスする流れを詳しく解説していきます。

バンコク市内 BTSの各最寄り駅からスタート

バンコク市内中心部の路線図

▶︎ バンコクの全路線図を見る

恐らくバンコクの中心地に滞在の方は、BTS スクムウイット線の各駅「アソーク(Asok)」「ナーナー(Nana)」「ブルンチット(Phloen Chit)」「トンロー(Thong Lo)」などが最寄り駅となると思いますので、BTSスクムウィット線と、BTSシーロム線の両方が走る「サヤーム(Siam)」駅を目指してください。

もし、BTSシーロム線の各駅が最寄り駅の場合は、シーロム線の各駅から直接、水上バスの最寄り駅「サパーンタクシン駅(Saphan Taksin Station)」を目指してください。

BTS(高架)で5分〜15分程

BTS スクムウイット線 サヤーム駅

サヤーム駅

サヤーム(Siam)に到着にしたら、BTSのスクムウィット線から、BTSのシーロム線に乗り換えて「サパーンタクシン(Saphan Taksin Station)」駅を目指してください。

BTSシーロム線で10分程

BTS シーロム線 サパーンタクシン駅

サパーンタクシン駅

水上バス乗り場へのアクセスは、サパーンタクシン駅(Saphan Taksin Station)に到着後、まずは「2番出口」から階段を降ります。

サパーンタクシン駅の2番出口

2番出口から階段を降りて地上に出たら、道なりに真っすぐ進んでいきます。

サパーンタクシン駅から「サトーン船着場」への道

数10mほど行くと、突き当りにぶつかります。突き当たりには案内の看板があり「Chao Phraya Express Boat」は左方向と書かれているので、その方向に数メートルほど進んで行くと「サトゥーン船乗り場」に到着します。

「サトーン船着場」への案内板

サパーンタクシン駅と「サトーン船着場」の位置関係は以下の地図を参考にしてください。

サパーンタクシン駅の周辺地図

また、「サパーンタクシン駅」の2番出口から出て、すぐ左手の公園内に無料公衆トイレがあるので、水上バスの乗船前に立ち寄っておくのがお勧めです。無料の割に結構綺麗なトイレです。

サパーンタクシン駅近くの公衆トイレ

徒歩1分〜2分

サトーン船着場

サトーン船着場 入口

「ワットポー」「ワットプラケオ」「ワットアルン」のいずれかの寺院に水上バスで行く場合は、この「サトーン船着場(sathorn / Taksin)」が起点となります。

サトーン船着場の入口は、4つのフラグの看板が目印です。

サトーン船着場の入口

サトーン船着場の入口から入場すると、チケット売り場が2か所あります。入口から入って右手側にあるのが、「Chao Phraya Express Boat(チャオプラヤーエクスプレスボート)」のチケット売り場で、正面に見える青色のカウンターが「CHAO PHRAYA TOURIST BOAT(チャオプラヤーツアリストボート)」のチケット売り場になります。

サトーン船着場のチケット売り場

水上バスの乗り場は、それぞれのチケット売り場の先にありますので、チケット購入後はそのままの流れでカウンターの奥に歩いて行けば水上バスに乗船する事ができます。

どちらのボートを利用する場合も、この「サトゥーン船着き場」から「ターチャン船着場」まで乗船する流れになります。若干だけ途中の停車駅が異なりますが、基本的なアクセスフローは同じです。

水上バスを利用したワットポーへのアクセスフロー図

それぞれの水上バスの特徴や運賃などの違い、チケットの購入方法などは、本記事後半の「水上バスの基本情報(運行時間・運賃・路線図)」にて詳しく解説しております。

水上バスで約30〜40分

ターチャン船着場

ターチャン船着場

現在、ワットポーに水上バスを利用して行く場合は、この「ターチャン船着場」から徒歩でのアクセスになります。

どちらにしても、下のグーグルマップのルート「A. ターチャン船着場」「B. ワット・プラケオ」「C. ワット・ポー」の順で、まずは「ワットプラケオ」に立ち寄ってから、「ワットポー」を目指すのがお勧めです。「ターチャン船着場」から「ワット・プラケオ」までは徒歩3分〜5分、「ワット・プラケオ」から「ワット・ポー」までは徒歩10分〜12分ほどになります。

「A. ターチャン船着場」に到着したら、橋の様な通路(写真下)を渡ります。

ターチャン船着場の通路

橋の先に進むと、アーケード通りに出るので、そのまま真っすぐ進みます。このアーケードに有料のトイレがあるので立ち寄っておくと良いと思います。

ターチャン船着場の通路

アーケードを抜けると、露店が並ぶ通りに出るので更に真っすぐ進んで行きます。

ターチャン船着場周辺の景観

左手に飲食店なども見えますが、ひたすら真っ直ぐ進みます。

ターチャン船着場周辺の景観

数10mほど進むと、正面奥の右斜め方向に「王宮」と「ワット・プラケオ」を囲む塀が見えてきます。

ワットプラケオ周辺の通り

塀を右手にして進むと「ワット・プラケオ」の入口があります。通りの右手側から伸びる通りが「ワット・ポー」へと続く「Maha Rat (マハラット通り)」になります。直接、ワットポーに行く場合も、ワット・プラケオを観光してから行く場合も、この「マハラット通り(写真下)」を通って、「ワットポー」にアクセスする形になります。

マハラット通り

しばらくは白い壁を左手に「マハラット通り」ひたすら真っ直ぐです。10分ほど進むと正面に黄色と緑の建物(写真下)が見えてきます。

ワット・ポー周辺の黄色と緑の建物

この建物のほぼ正面に「ワット・ポー」の入り口があります。

ワット・ポーの入口

「ワットポー」の入り口がある「Maha Rat (マハラット通り)」周辺の景観は、下のグーグルマップを参考にしてください。左手側が「ワットポー」の入り口がある塀沿いになります。正面が「Maha Rat (マハラット通り)」になります。

下の写真はワットポーの入口を正面から見たものです。

ワットポーの入口

徒歩10分〜15分

ワットポー

ワットポーの涅槃像(リクライニングブッダ)

各スポットや最寄り船着き場から「ワット・ポー」にアクセスする場合、ワット・プラケオやターチャン船着場(Tha Chang)からなら徒歩10分ほど、現在閉鎖中のターティアン船着場(tha tien)からなら徒歩2分ほどになります。

ワットポーの入口は複数箇所ありますが、本記事の行き方の流れで紹介している「Maha Rat (マハラット通り)」沿いにある入口(写真下)から入場すると、下のVR画像の場所に出ます。

この奥にチケット売り場や見学ゾーンの入口があります。

ワット・ポーのチケット売場と見学ゾーンの入口

ワット・ポーのチケット売り場でチケット(200バーツ)を購入します。

ワット・ポーのチケット売場

チケット購入後は売場を背にして奥に真っ直ぐ進めば、ワット・ポーの見学ゾーンの入口(写真下)があります。

ワット・ポーの見学ゾーン入口

ここでチケットを提示したら、後は自由に観光をスタートしてください。

水上バスの基本情報(運行時間・運賃・路線図)

2種類の水上バス「 チャオプラヤーエクスプレス」「チャオプラヤーツアリストボート」について、それぞれの運行情報など詳しくご紹介致します。

水上バス チャオプラヤーエクスプレスの基本情報

チャオプラヤーエクスプレスとチャオプラヤー川の景観

チャオプラヤーエクスプレスは、バンコク市民の通勤や移動にも利用される水上バスで、料金的には最もリーズナブルです。バンコク市民の生の空気感を感じる事ができるので、バックパッカー的な旅を求めている方にはお勧めです。

チャオプラヤーエクスプレス船内の景観

「チャオプラヤーエクスプレス」には「オレンジライン」「イエローライン」「グリーンライン」「レッドライン」の4路線がありますが、運行時間や運行本数などを考慮すると、我々観光客が実質的に利用するのは、「オレンジライン」のみとなります。「オレンジライン」の運行情報のみ把握しておけば問題ありません。

乗り場 サトーン船着場「sathorn」
乗り場の最寄駅BTSサパーンタクシン駅(Saphan Taksin Station)から徒歩1分〜2分。
営業日毎日運行
営業時間

【平日】

06.00頃発 〜 18.00台発まで

【土曜・祝日】

08.30頃発 〜 17.30台発まで

【日曜】

10.30頃発 〜 17.30台発まで

※始発終発の時間は乗車船着き場によって異なります。

運賃16 バーツ(距離に関係なく一律)
主な停車駅
  • 「ワット・ポー」があるターティアン船着場(tha tien)※閉鎖中
  • 「ワット・プラケオ」があるターチャン船着場(Tha Chang)
  • 「ワット・アルン」があるワット・アルン船着場(Wat Arun)に停船。
公式サイトChao Phraya Express Boat

上記の基本情報は「チャオプラヤーエクスプレス」の「オレンジライン」の運行情報となります。

乗車チケットの購入方法

サトーン船着場 チャオプラヤーエクスプレスのチケット売り場

水上バス(チャオプラヤーエクスプレス)のチケットは、「サトーン船着場」に入って右手にチケットカウンター(写真上)があるので、そこで購入が可能です。停船予定の船着き場を告げれば、それに応じたチケットの値段を教えてくれます。

観光する時間帯で利用するのは、ほぼ「オレンジライン」の水上バスになるので、料金は一律16バーツと思っていればOKです。チケットは乗船後でも、随時同船している水筒の様な筒を持った売り子さん(写真下)から購入する事も可能なので、降りる前に購入すれば問題ありません。

水上バス チケットの売り子

水上バスを降りる際も、チケットの提示や回収などはありません。ただし、念のため下船するまでチケットは無くさない様にしておくのが間違いありません。

【チャオプラヤーエクスプレスのチケット】チャオプラヤーエクスプレスの乗船チケット

チャオプラヤーエクスプレスのチケット(写真下)は切手ぐらいの大きさの薄い紙切れです。

路線図・運行ルート

チャオプラヤーツアリストボートの路線図です。観光客の方が利用する可能性のある船着き場のみ日本語表記しております。

チャオプラヤーツアリストボートの路線図

2022年11月の確認時点では「ワットポー」がある「ターティアン船着場(tha tien)」は改装中のため、全ての水上バスが停船致しません。そのため、ワットポーに「チャオプラヤーエクスプレス」を利用して行く場合は、「ターチャン船着場」から徒歩でのアクセスになります。

ただし、ワットアルンとワットポーを往復する渡し船は「ターティアン船着場(tha tien)」からも乗車する事ができます。

水上バス チャオプラヤーツアリストボートの基本情報

チャオプラヤーツアリストボートとチャオプラヤー川の景観

チャオプラヤーツアリストボートは、完全に観光客向けの水上バスで、「ホップオンホップオフボート」とも呼ばれます。

「Sathorn(サトーン船着場)」から、カオサン通りの最寄り船着き場である「Phra Arthit(プラアーティット船着き場)」までを結び、「ワット・プラケオ」や「ワット・ポー」の最寄り船着き場などにも停船します。

こちらの水上バスに路線の区分けはありませんので、チケット購入時に手書きで渡される乗車時間に合わせて、到着した水上バスに乗船すればOKです。

営業日毎日運行
営業時間
  • 【サトゥーン(Sathorn)発】
    09:00〜17:30(30分間隔で運行)
  • 【サトゥーン(Sathorn)行き】
    08:30台発〜17:00台発(30分間隔で運行)

※サトゥーン行きの水上バスは乗車する乗り場によって営業時間が若干異なりますが、「Maharaj(ワットプラケオ最寄り)」や「Wat Arun(ワットアルン最寄り)」からサトゥーン船着き場に戻る場合は17時頃が終発となります。

運賃
  • 【片道(1回用)】
    60バーツ
  • 【1日券】
    150〜200バーツ
主な停車駅
  • 「ワット・ポー」があるターティアン船着場(tha tien)※閉鎖中
  • 「ワット・プラケオ」があるターチャン船着場(Tha Chang)
  • 「ワット・アルン」があるワット・アルン船着場(Wat Arun)
  • 「カオサン通り」があるプラアーティット船着場(Phra Arthit)

乗車チケットの購入方法

チャオプラヤーツアリストボートのチケット売場

チャオプラヤーツアリストボートのチケットは乗り場前にあるチケットカウンターで購入します。チケットは1回券と1日券のみになるので、「ワンアダルトプリーズ」と言えば、通常は1回券が購入できます。1日券は3回以上乗船しないと元が取れないので、基本は1回券で十分です。

チャオプラヤーツアリストボートのチケット

チケットを購入すると路線マップも貰えます。下に乗車時間が手書きで記載されていますが、この時間じゃなくてもボートが来たタイミングで乗船できます。

路線図・運行ルート

チャオプラヤーツアリストボートの路線図です。

チャオプラヤーツアリストボートの路線図

一つ前でご紹介した「チャオプラヤーエクスプレス」と同様に「ワットポー」がある「ターティアン船着場(tha tien)」には停船致しません。ワットポーに行く場合は、「ターチャン船着場」から徒歩でのアクセスになります。

どちらの水上バスがお勧め?

2種類の水上バスの乗船料金は、「チャオプラヤーエクスプレスボート」が16バーツ、「チャオプラヤーツアリストボート」が60バーツになります。安い運賃でローカルの雰囲気を味わいたいなら「チャオプラヤーエクスプレスボート」を、停車駅を若干だけ少なく快適に移動したいなら「チャオプラヤーツアリストボート」の利用がお勧めです。

「ワット・ポー」までの所要時間に関しては、「チャオプラヤーツアリストボート」の方が若干早いですが、そこまで大きな差はありません。行きと帰りで交互に乗船してみるのも良いかもしれません。乗りたい方にご乗車ください。

ワットポーの基本情報

ワットポー 寺院内の景観

営業時間08:00 – 18:30
入場料金200バーツ(約690円)
最寄り駅
  • 地下鉄 サナームチャイ駅(Sanamchai)から徒歩3分〜5分
  • ターティアン船着場(tha tien)から徒歩2分〜4分
  • ターチャン船着場(tha tien)から徒歩10分〜12分
  • ワット・プラケオから徒歩10分〜12分

※ ターティアン船着場(tha tien)は閉鎖中となっております(2022年11月)

寺院内マップワットポーマップ

三大寺院を効率よく観光するためのヒント

ワットポーの仏像

「ワットポー」だけに行くなら、地下鉄を利用して「サナームチャイ駅(Sanamchai)」からアクセスするのが最も手軽な「ワットポー」へのアクセス方法ですが、「ワット・プラケオ」や「ワット・アルン」も合わせて観光する場合は「水上バス」の方が効率がいい場合があります。

水上バスを利用した「三大寺院」のアクセスフローをご覧ください。

3大寺院の観光フロー図

①〜⑥のオレンジ色の矢印を流れで移動・観光して行きます。観光手順をまとめると以下のとおりです。

  1. 水上バスで「ターチャン船着場」にアクセス

  2. 徒歩でワット・プラケオに移動し観光

  3. 徒歩でワット・プラケオからワット・ポーに移動し観光

  4. 「ワット・ポー」の最寄り駅「ターティアン船着場」に徒歩で移動

  5. 渡し船で対岸の「ワット・アルン」へ移動し観光

  6. 「ワット・アルン」の最寄り駅「ワット・アルン船着場」から水上バスで「サトーン船着場」に戻って終了

「ワット・ポー」「ワット・プラケオ」「ワット・アルン」の位置関係を考慮すると、「ワット・アルン」は最初か最後に観光した方が効率がよいです。また、行きは水上バスではなく、地下鉄と徒歩で「ワット・プラオケ」にアクセスして、帰りは「ワット・アルン」から水上バスでサトゥーン船着場に戻ってくるルートもお勧めです。

とにかく「ワット・ポー」は「ワット・プラケオ」と「ワット・アルン」の中間に位置しているので、最初に観光すると、「ワット・ポー」を往復する羽目になるのでお勧めしません。

時間の都合などで「ワット・プラケオ」に立ち寄らない方は「ワットポー」「ワットアルン」の順で観光して、サトーン船着場に戻って来ると効率が良いです。ただし、「ワット・プラケオ」は見どころ満載なので、観光ルートから外すなら「ワット・アルン」の方だと思います。「

現地発着のツアーを利用した「ワット・ポー」観光もおすすめ!

現地発着のオプショナルツアーが予約できる「GET YOUR GIDE」

ワット・ポーやワット・プラケオに自力で行くのが不安という方は、ツアーを利用するという選択肢もあります。料金は多少高くなりますが、移動に神経を煩わされる事なく観光に集中できます。

私も良く利用する「GET YOUR GIDE」というオプショナルツアーの日本語予約サイトでは、ワット・ポーの各種ツアーを運行しています。

GET YOUR GIDEは2009年に設立された世界遺産や施設のツアーやチケット手配を行っている会社です。以前は日本語に対応しておりませんでしたが、ここ数年は日本語に対応し、日本の利用者も増えております。