イスタンブール タクシム広場 行き方、歴史、観光情報

(2018年5月23日) タクシム広場

タクシム広場はイスタンブール新市街の中でも特に中心的な場所として知られており、周囲にはバスの停留所や地下鉄駅があるのはもちろん、たくさんのホテルやレストランも立ち並んでいます。

更に、この広場に向かって真っ直ぐ伸びているのが、新市街の目ぬき通りである「イスティクラル通り」です。この通りに沿ってバーやナイトクラブ、映画館などがあるため、「イスティクラル通り」と「タクシム広場」の周囲は、若者を中心に常に人で賑わっています。

トルコ建国の記念碑「共和国のモニュメント」

タクシム広場で最も重要なモニュメントが、1928年にイタリアの彫刻家「ピエトロ・カノーニカ」によって造られた「共和国のモニュメント」です。この記念碑は、トルコ共和国の建国を記念して造られました。

モニュメントの正面である南側中央に建つのが、トルコ初代大統領の「ムスタファ・ケマル・アタテュルク」です。そしてその両脇を固める様に「アタテュルク」の右手には、トルコ二代目大統領「イスメト・イノニュ」、左手には、軍人であり政治家だった「フェヴズィ・チャクマク」の像が建っています。更に3人の像の後ろには、二人のロシア人将校を含む、数体の偉人像が建っています。また、モニュメントの東側と西側には、トルコの国旗を持った兵士の像も建っています。

トルコ初代大統領の「ムスタファ・ケマル・アタテュルク」の像

▲記念碑の中央に建つトルコ初代大統領「ムスタファ・ケマル・アタテュルク」の像

行き方

タクシム広場は、メトロの「Taksim(タクシム)駅」もしくはトラムT2ラインの「Taksim(タクシム)駅」から徒歩1分ほどの場所にあります。

もし、旧市街エリアから乗り換えなしで、トラム一本でアクセスしたい場合は、トラムT1ライン「Kabataş駅」で降りて徒歩15分ほどになります。

まとめ

現在、タクシム広場はイスタンブール市民の間で最もポピュラーな待ち合わせ場所となっています。また、ニューイヤーイベントや、パレード、コンサートなどもこの広場で行われており、正に新市街の心臓部とも言える場所です。

ただ、観光的な視点で見ると、広場の中央にモニュメントが建っているだけの場所なので、軽く記念撮影をして、所要5分もあれば十分なスポットです。とは言え、トルコの独立を象徴する歴史的な場所なので、イスラティクル通りまで来たのであれば、是非「タクシム広場」まで足を運んで見てください。