ノイシュヴァンシュタイン城 予約から入場まで徹底解説

(2018年6月19日 公開) (2019-06-22 最終更新) マリエン橋から見る「ノイシュヴァンシュタイン城」

南ドイツ観光で絶対に外せないのが、ディズニーのシンデレラ城のモデルになったとも言われている「ノイシュヴァンシュタイン城」観光です。

「ノイシュヴァンシュタイン城」は、世界遺産でこそありませんが、その景観の素晴らしさから、ドイツの中でも世界遺産以上に人気のある観光名所です。

本記事では、「ノイシュヴァンシュタイン城」観光をお考えの方に向けて、オンラインでのチケット予約方法や当日の入場の流れなどを詳しく解説致します。

  • マリエン橋からの景観
  • マリエン橋
  • 中庭からの景観
  • 城へ向かう馬車
  • 城の中庭からの景観
  • 城の山道から見るホーエンシュヴァンガウ村
  • 入場門へと続く登城道
  • 中庭の階段

基本情報と概要

ノイシュヴァンシュタイン城の外観
ノイシュヴァンシュタイン城の尖塔

ノイシュヴァンシュタイン城内を見学するには、ツアーへの参加が必須となります。ツアーに参加の上で、専門ガイドと共に、オーディオガイドを聞きながら城内を見学していく形になります。

見学ツアーの所要時間は約40分ほどです。ツアーは毎回20人~30人の小グループで行われ、定員を超えた時間帯のツアーは予約する事ができません。

ピークシーズンなどは、当日のツアーが全て予約済みという事態もありえますので、希望の時間に効率良く観光したい場合は、事前にWEBでのチケット(ツアー)予約が必須となります。

見学ツアーのWEBでの事前予約方法や当日の入場の流れに関しては、次項以降で詳しく解説致します。

■ノイシュヴァンシュタイン城の基本情報

見学方法時間指定のツアー形式
チケット料金
  • 13€(当日購入)
  • 14.8€(WEBで事前予約)
    ※WEBで事前予約すると、通常料金の13€に、予約手数料の1.8€が加算されます。
営業時間(夏期※19:00 - 18:00
営業時間(冬期※210:00 - 16:00
休城日(お休み)1月1日、12月24日〜25日、12月31日
所要時間30分〜40分
※ツアー開始から終了までの所要時間になります。
チケット購入方法オンライン、もしくは現地窓口で申し込み可能
対応言語ドイツ語、英語
チケットに含まれる物入場料金、ガイド料金、無料オーディオガイド
城内施設・ギフトショップ
・お手洗い(無料)
・レストラン(2階)
※1 夏期は基本的に「3/24〜10/15」までの期間ですが、年度によって区切りが変わる場合があります。※2 冬期は基本的に「10/16〜3/23」までの期間ですが、年度によって区切りが変わる場合があります。
【ノイシュヴァンシュタイン城のロケーション】

■チケットセンターの基本情報

チケットセンターSouce:https://www.hohenschwangau.de/

WEBでツアーを予約した場合は、観光当日にチケットセンターで、予約書と交換にチケットを受け取る必要があります。

窓口で当日にツアーを予約する場合だけでなく、事前にWEB予約した場合でも料金はチケットセンターで支払います。ユーロ、もしくはクレジットカードでの支払いが可能です。

【チケットセンターの営業時間】
夏期※1 7.30 - 17.00
冬期※2 8.30 - 15.00
※1 夏期は基本的に「3/24〜10/15」までの期間ですが、年度によって区切りが変わる場合があります。※2 冬期は基本的に「10/16〜3/23」までの期間ですが、年度によって区切りが変わる場合があります。
【チケットセンターのロケーション】ホーエンシュヴァンガウ周辺地図

チケット予約方法

本項では、「ノイッシュヴァンシュタイン城」のオンラインでのチケット予約方法を解説致します。

【STEP1】チケットを選択

まずは、ノイッシュヴァンシュタイン城の「オンラインチケット予約サイト(英語サイト)」にアクセスします。

サイトにアクセスしたら、ノイッシュヴァンシュタイン城のチケット「NEUSCHWANSTEIN CASTLE(ノイッシュヴァンシュタイン城)」をクリックして、予約情報の入力画面に進んでください。

ノイッシュヴァンシュタイン城のチケットボタン「NEUSCHWANSTEIN CASTLE」

もし、同時に「ホーエンシュヴァンガウ城」の予約も行いたい場合は、二つの城の入場がセットになった「KINGS-TICKET(キングスチケット)」をクリックしてください。個別で予約するよりも料金的にお得になります。

KINGS-TICKET(キングスチケット)のチケットボタン

【STEP2】購入枚数と予約者情報の入力

このステップではチケットの購入枚数及び、予約者の基本情報、クレジットカード情報などを入力します。

必須項目には*のマークが付いているので、このマークが付いている必須項目のみを入力・選択して行けば予約を完了できます。

購入枚数の入力
  1. ①「Adults(大人)」チケットの購入枚数を入力します。右側の「0」となっている所に、購入したい枚数を入力します。

  2. ②「Children/Pupils under 18 accompanied by a parent(18歳以下の子供)」18歳以下の同伴者がいる場合は「大人」ではなくこちらに枚数を入力してください。

  1. ③「Date, Time(日時)」予約を希望する日時を選択します。赤枠の部分をクリックするとカレンダーが表示されますので、カレンダーを直接クリックして希望日時を選択していきます。

予約日の選択
カレンダーから予約日の選択

カレンダーが表示されたら、まずは「➂-a」のカレンダーから予約希望日をクリックして選択します。次に「➂-b」と「➂-c」の青枠の角丸四角形のボタンを左右に動かして、希望の予約時間を設定します。緑枠で囲った部分が、現在選択中の「日時」になります。
写真の例だと「2018年10月26日の12時(26.10.2018 12:00)」が予約の希望日時として選択されています。この希望日時で問題なければ「➂-d」のボタン「Done」をクリックして希望日時の選択を完了します。

「キングスチケット(KINGS-TICKET)」など、ノイシュヴァンシュタイン城とホーエンシュヴァンガウ城の入場がセットになったチケットを選択した場合は、入場時間の指定ができるのは「ホーエンシュヴァンガウ城」のみになり、「ノイシュヴァンシュタイン城」の入場時間は、「ホーエンシュヴァンガウ城」の2時間後に自動的に設定されます。

  1. ④「Language of your tour(ツアー言語)」青枠の部分をクリックすると言語の一覧が表示されるので「Japanese」を選択して日本語を選びます。ここで選択する言語は、無料で配布される「オーディオガイド」の希望言語になります。

ツアー言語の選択氏名の入力
  1. ⑤「Surname(苗字)」予約者(当日にチケットを受け取る方)の苗字をローマ字で入力します。可能ならこの予約を決済する「クレジットカード」と同じ名義の方がベターですが、必須ではありません。

  2. ⑥「First name(名前)」予約者(当日にチケットを受け取る方)の名前をローマ字で入力します。

  1. ⑦「Street(番地)」予約者の住所をローマ字で、都道府県を除いて入力します。例えば住所が「東京都 港区 麻布十番9−43−8 309号室」なら、「309, 9-43-8, Azabujuban, Minato-ku」という風に入力します。

予約者の住所を入力
  1. ⑧「ZIP/Postal Code(郵便番号)」予約者の郵便番号を入力します。ハイフン(-)はあってもなくても問題ないですが、なしにした方が無難です。

  2. ⑨「City(都道府県)」ご住所の都道府県をローマ字で入力します。東京都なら「Tokyo」と入力してください。

  1. ⑩「Tel(電話番号)」予約者の電話番号を入力します。電話番号が「080 9999 6666」なら「81 80 9999 6666」と、頭の数字を取って、そこに81をつけて入力します。この電話番号に何か連絡が来るという事はまずありません。

電話番号とメールアドレスの入力
  1. ⑪「eMail(メールアドレス)」メールアドレスを入力します。このアドレスに「予約確認書(バウチャー)」が届くので、絶対に間違えない様にしてください。

  1. ⑫「Type of credit card(カードの種類)」使用するクレジットカードの種類を選択します。JCBを含むほぼ全てのクレジットカードが選択可能です。

クレジットカード情報の選択
  1. ⑬「Credit Card number(カード番号)」クレジットカードの番号を入力します。カードの番号が間違っていたりカードが無効だと、連絡がないまま「予約確認書(バウチャー)」が送られてこない場合があるので、お間違いのない様にご注意ください。

  2. ⑭「Expiry date (MM/YY)(カードの有効期限)」カードの有効期限を入力します。月、年の順で入力してください。

  1. ⑮「Please agree to the terms of service(規約に同意)」青枠の部分にチェックを入れて、規約とプライバシーポリシーに同意します。同意しないとチケットの予約はできません。これはWEB予約では必ずあるプロセスです。

規約とプライバシーポリシーに同意して送信
  1. ⑯「Send order(予約を送る)」これまで入力・選択した内容を送信します。確認画面はありませんので、特にメールアドレスとクレジットカード情報に間違いがないかご確認ください。

「Send order」ボタンを押した後に、以下の画面に切り替われば送信完了です。

予約フォームの送信完了画面

【STEP3】自動返信メールの確認

予約情報の送信が正常に完了すると、予約時に入力したメールアドレス宛に以下の自動返信メールが届きます。

自動返信メールのサンプル

右のメールは、単なる自動返信メールなので、このメールを受信した時点ではまだ予約は完了していません。このメールを受信した数日後(数時間後)に送られてくる「予約確認書(バウチャー)」が添付されたメールを受信した時点で初めて予約が完了します。

メール内容をざっくりと要約しますと「申し込み状況を確認の上で、予約日時が確定したらご連絡します。ご希望の予約日が先の場合は連絡が遅くなる場合があります。」という様な内容です。つまり、予約日がかなり先の場合は、メールが届くのが遅くなる様です。ですので、直前の予約でなければ、気長にチケットセンターから「予約確認書(バウチャー)」が送信されてくるのを待ちます。

【STEP4】予約確認書(バウチャー)メールの受け取り

【STEP3】で、自動返信メールを受信後に、数日(早ければ数時間)経つと、今度はチケットセンターから「予約確認書(バウチャー)」が添付されたメールが届きます。

予約確認書(バウチャー)

右の画像が、予約確定後に届く「予約確認書(バウチャー)」になります。青枠で囲った部分が重要箇所になるので、しっかりとご確認ください。

①の「Pick-up time at Ticket-Center latest 14:45」の部分が、チケットセンターで予約確認書とチケットを交換する締め切り時間になります。

※記載された受け取り時間を1分でも過ぎてしまうと、予約確認書とチケットの引き換えが出来なくなってしまうのでご注意ください。

②が入場予約をした施設の名前です。上が「Hohenschwangau(ホーエンシュヴァンガウ城)」、下が「Neuschwanstein(ノイシュヴァンシュタイン城)」になります。

③が入場日時になります。写真の例だと、ホーエンシュヴァンガウ城の入場が2018年8月19日の15時45分、ノイシュヴァンシュタイン城の入場が同日の17時45分になっています。

④がオーディオガイド の言語になります。「Audio Japanisch」となっていれば日本語のオーディオガイド が選択されています。

観光当日は、チケットセンター窓口で、プリントアウトした「予約確認書(バウチャー)」を提示してチケットを受け取ります。チケット料金はその際に窓口で直接支払う形になります。

予約時に入力したクレジットカードはあくまでも、キャンセル時の課金、もしくは身分証明用になります。当日は予約時に使用したクレジットカードは念のために持参した方が良いです。

当日のチケットの受取り方などは、次項にて詳しくは解説しています。

■日本語で予約したい場合

GET YOUR GIDE ノイシュヴァンシュタイン城のオプショナルツアーページ

ノイシュヴァンシュタイン城のチケットを日本語で予約できるサイトはありませんが、「GET YOUR GIDE」というサイトで、「ノイシュヴァンシュタイン城が見学できる各種ツアー」が運行されております。このサイトを利用すれば、予約から支払いまで全て日本語で行う事ができます。

当日のツアー参加までの流れ

ノイシュヴァンシュタイン城の外観

■チケットの受け取りからツアー開始まで

ホーエンシュヴァンガウのチケットセンター

【手順①】チケットの受け取り(購入)

見学ツアーをWEBで事前予約済みの方も、当日予約される方も、必ずチケットセンターで料金を支払って、チケットを購入する(受け取る)必要があります。ですので、予約済みの方も必ず当日にチケットセンターで、チケットを受け取る(購入する)様にしてください。

チケットセンターの入口(窓口)は以下の3つがあります。

  1. ①「TICKETS」当日にチケットを購入する人用の入口。

  2. ②「RESERVED TICKETS」事前にWEBで予約済みの人用の入口。

  3. ③「TOUR GIDES」ガイドや団体客用の入口になります。

チケットセンター
Souce:https://www.hohenschwangau.de/

チケットセンターの窓口

WEBで事前にチケットを予約済みの方は、②「RESERVED TICKETS」の列に並びます。チケットセンターの中に入ったら、後は窓口(写真右)で料金を支払ってチケットを受け取るだけです。

チケットを受け取るには、予約時にメールに添付されてきた「予約確認書(バウチャー)」をプリントアウトしたものが必要です。予約確認書を提示すると、チケットと一緒にノイシュヴァンシュタイン城の周辺マップも配布されます。予約時に使用したクレジットカードは提示を求められない事が多いですが、念のため持参する事をお勧めします。料金はユーロかクレジットカードで支払いが可能です。

チケットセンターの予約者専用カウンター

事前に予約をしていない方は①「TICKETS」の列に並んでチケットを購入します。

下の写真はチケットセンター内の窓口です。混雑具合によっては右側の2つの窓口が予約者専用になっている場合もあります。チケットセンター内の窓口
Souce:https://www.hohenschwangau.de/

日中、チケットセンターは長蛇の列ができますが、予約さえしておけば並んでも精々10分ほどでチケットを受け取ることができます。

チケットセンター内の様子

【手順②】城の入り口(ツアー開始口)に移動

ノイシュヴァンシュタイン城の入口付近

チケットセンターでチケットを入手したら、遅くともツアー開始時間の10分〜15分ぐらい前には、ノイシュヴァンシュタイン城の中庭(写真上)に移動しておきます。中庭に入場する際には簡単な荷物検査(写真下)があります。

ノイシュヴァンシュタイン城の荷物検査

荷物検査を通過して中庭に出たら、ご自身のツアー開始時間まで待機します。

チケットセンター付近からノイシュヴァンシュタイン城までは、徒歩、シャトルバス、馬車のいずれかの方法でアクセス可能です。詳しくは本記事後半の「行き方・アクセス」を参照ください。

【手順③】モニターを確認して入場

ノイシュヴァンシュタイン城の入場口とモニター

城の入口ゲート(ツアー開始口)の上にはモニターがあります。ツアーの開始時間や、ツアー番号、運行状況などは、このモニターで随時確認する事ができます。

ノイシュヴァンシュタイン城 入場口モニターの説明
チケット側にも「ツアー番号(Tour)」と「開始時間(Entry)」が記載されているので、モニターとチケットを照らし合わせて、ご自身のツアー番号が、モニターの左上に大きく表示されるのを待ちます。

下のチケットの例だと、ツアー番号(Tour)が505、開始時間(Entry)が16時45分になります。

ノイシュヴァンシュタイン城のチケット

モニターの左上にご自身のツアー番号が大きく表示されたら、チケットのバーコード部分を上にして、下の写真の様な感じで機械にチケットを挿入します。

入場口の改札機 チケットの通し方

チケットを通すと、レバーのロックが解除されるので、奥の入り口から入場します。

ノイシュヴァンシュタイン城内部への入場口

参考までに、下の写真は中庭を上から撮影したものです。城門や入口などの位置関係を把握するのにご覧ください。

ノイシュヴァンシュタイン城 中庭の景観

【手順④】オーディオガイドの受け取り

城内に入場後、階段を登って順路に沿って行くと、必ず途中でオーディオガイドの貸し出しカウンター(写真下)を通過します。

ノイシュヴァンシュタイン城内 オーディオガイド貸出カウンター

チケット料金には「オーディオガイド」のレンタル料金も含まれているので、カウンターで「ジャパニーズ」と伝えるだけで、オーディオガイドをレンタルする事ができます。オーディオガイドを受け取ったら、更に奥まで進んでツアーの開始場所まで移動します。ここから先は一切の写真撮影が禁止となります。

ノイシュヴァンシュタイン城内の順路

【手順⑤】ツアーの開始と終了

見学ツアーは、螺旋階段を登って、4階からスタートします。ツアーはガイドと共に部屋を回って行くスタイルです。説明はオーディオガイド(日本語)を通して聞きます。オーディオガイドは特に操作の必要はなく、部屋に入るとガイドさんによって自動で再生されます。

ツアーの所要は40分ほど、5階の「歌人の間」という部屋で終了します。オーディオガイドは、ツアー終了後に通過する返却ボックスで返却します。

チケットについて

「入場の流れ」の所でも若干ご説明しましたが、下の写真が、当日にチケットセンターで受け取る「ノイシュヴァンシュタイン城」の入場チケットになります。ノイシュヴァンシュタイン城のチケット

赤枠①「Tour:505」の数字の部分が「ツアー番号」、赤枠②「Entry:16:45」の部分が「ツアーの開始時間」になります。

当日はこの「ツアー番号」が、ノイシュヴァンシュタイン城の中庭にあるモニターの左上に大きく表示されたら、ツアー開始の合図です。改札でチケットをかざして、城内に入場してください。

また、かなり見にくいですが、チケットの右上の赤枠③の部分に「Audeio Japannisch(オーディオ 日本語)」と記載されております。ここはチケット予約時、もしくは購入時に、オーディオガイドで日本語を選択した場合にこう表示されます。仮にドイツ語を選択した場合は、「Audeio Deutsch(オーディオ ドイツ語)」と表示されます。

■チケットの種類

ノイシュヴァンシュタイン城の入場チケット

チケットは「ノイシュヴァンシュタイン城」単体の入場チケット(13€)の他にも、「ノイシュヴァンシュタイン城」と「ホーエンシュバンガウ城」の入場がセットになった「キングスチケット(KINGS-TICKET)」など、コンビネーションチケットと呼ばれるお得な料金で複数施設に入場できるチケットがあります。チケットの種類と概要は以下になります。

キングスチケット(KINGS-TICKET)

  • ・料金:25€
  • ・入場可能施設:ノイシュヴァンシュタイン城、ホーエンシュバンガウ城
  • ・窓口での受取期限:入場の60分前まで

プリンスチケット(PRINCE-TICKET)

  • ・料金:22€
  • ・入場可能施設:ノイシュヴァンシュタイン城、バイエルン王博物館
  • ・窓口での受取期限:入場の90分前まで

スワンチケット(SWAN-TICKET)

  • ・料金:31.5€
  • ・入場可能施設:ノイシュヴァンシュタイン城、ホーエンシュバンガウ城、バイエルン王博物館
  • ・窓口での受取期限:入場の90分前まで

ヴィッテルスバハチケット(WITTELSBACH-TICKET)

  • ・料金:22€
  • ・入場可能施設:ホーエンシュバンガウ城、バイエルン王博物館
  • ・窓口での受取期限:入場の60分前まで

ノイシュヴァンシュタイン城(NEUSCHWANSTEIN CASTLE)

  • ・料金:13€(※WEBの事前予約する場合はプラス1.8€)
  • ・入場可能施設:ノイシュヴァンシュタイン城
  • ・窓口での受取期限:入場の90分前まで

ホーエンシュバンガウ城(HOHENSCHWANGAU CASTLE

  • ・料金:13€(※WEBの事前予約する場合はプラス1.8€)
  • ・入場可能施設:ホーエンシュバンガウ城
  • ・窓口での受取期限:入場の60分前まで

バイエルン王博物館(MUSEUM OF THE BAVARIAN KINGS)

  • ・料金:11€
  • ・入場可能施設:バイエルン王博物館
  • ・窓口での受取期限:入場の時間指定がないので特になし

バイエルン王博物館はともかくとして、ほとんどの方が「ノイシュヴァンシュタイン城」と「ホーエンシュバンガウ城」の両方を見学されると思います。その場合は「キングスチケット」を1枚購入すれば、個別でチケットを2枚購入するよりも、1€だけ安くなります。

また、チケット種類によって窓口での受け取り期限が「60分前」と「90分前」で異なるのでご注意ください。

行き方・アクセス

ノイシュヴァンシュタイン城への道
ホーエンシュヴァンガウ周辺地図

ノイシュヴァンシュタイン城は「ホーエンシュヴァンガウ村(Hohenschwangau)」の高台に位置しています。ホーエンシュヴァンガウ村のふもとから城の入り口までは、距離にして約1.4kmほどあり「馬車」「バス」「徒歩」のいずれかでアクセスする事ができます。

馬車での行き方

ミュラーホテル前の馬車乗り場と馬車
乗り場ミュラーホテル前
料金7.0€(登り)
3.5€(下り)
※支払いは現金のみ
城までの所要時間馬車(20分)+徒歩(10分)= 約30分
最終運航(夏季※1下り:18:00迄
※1 夏期は基本的に「3/24〜10/15」までの期間ですが、年度によって区切りが変わる場合があります。

馬車はホーエンシュヴァンガウ村ふもとの「ミュラーホテル(写真下)」前から出発します。

ミュラーホテル前の馬車乗り場

馬車に乗車後、山道をゆっくりと登って、城のやや下の土産物屋があるエリア(写真下)まで行ってくれます。馬車を降りるとすぐにノイシュヴァンシュタイン城が見えるので、後は城を目指して歩いて行くだけです。

お城近くの土産物屋付近にある馬車降り場

馬車降り場から「ノイシュヴァンシュタイン城」までは徒歩で坂道を登って8分〜10分ほどです。

馬車の乗車チケットについて

馬車には乗車チケットなどはなく、馬車の運転手に直接お金を支払って乗車します。ある程度人数が揃ってからの出発となります。馬車は冬の寒い時期も含めて、城が営業している時間は運航しています。

シャトルバスでの行き方

城行きのシャトルバス
乗り場「Alpse parking area」駐車場P4
ミュラーホテルを右手にして真っ直ぐ200mほど行った先にあります。
料金・2.5€(登り)
・1.5€(下り)
・3.0€(往復)
※支払いは現金のみ
城までの所要時間バス(10分)+徒歩(15分)= 約25分
最終運航(夏季※1登り:17:30
下り:18:45
最終運航(冬期※2登り:15:30
下り:17:00
※1 夏期は基本的に「3/24〜10/15」までの期間ですが、年度によって区切りが変わる場合があります。
※2 冬期は基本的に「10/16〜3/23」までの期間ですが、年度によって区切りが変わる場合があります。
ホーエンシュヴァンガウ村 ふもとの標識

シャトルバスは、P4駐車場の右側のエリアから乗車可能です。丁度、ホーエンシュヴァンガウ城の下あたりなので、城を目印にして歩いて行けば辿り着けます。

シャトルバス乗り場の景観

シャトルバスは、ホーエンシュヴァンガウ村のふもとの乗り場から、城の南側の「マリエン橋」付近(写真下)までアクセスしてくれます。

シャトルバス降り場

シャトルバス下車後は、青い標識に従って、マリエン橋にいく場合は直進、ノイシュヴァンシュタイン城に行く場合は左側の道を進んでください。

シャトルバス降り場付近の案内板マリエン橋まで続く行列

ピークシーズンなどは、シャトルバス降り場からマリエン橋まで長蛇の列ができています。

マリエン橋に並ぶ行列

シャトルバス降り場から「マリエン橋」までは行列が無ければ徒歩8分〜10分ほど、「ノイシュヴァンシュタイン城」までは徒歩10分〜15分ほどです。

シャトルバスの乗車チケットについて

乗車チケットは、チケットオフィスがオープンしている日中の時間帯は、シャトルバス乗り場に向かって左手側にあるシャトルバス専用の「チケット売り場(写真下)」で購入します。

シャトルバスの乗車チケット売り場
シャトルバスの乗車チケット

シャトルバスのチケット売り場が営業している観光客が多い時間帯は、運転手から直接チケットを購入する事ができません。運転手やタイミングによっては購入できる時もありますが、混雑時はチケットオフィスで購入してくれと言われる事が多いです。ですので、基本的には乗車チケット(写真右)を購入してからシャトルバス乗り場の列に並んで乗車するという流れです。

ただし、午後4時以降ぐらいになると、シャトルバスのチケット売り場はクローズドするので、その場合は運転手に直接料金を支払って乗車します。同様に、帰路のバス乗り場付近に乗車チケット売り場はありませんので、バスの運転手に直接料金を払って乗車する形になります。

バスは絶景スポットのマリエン橋の近くまで行ってくれるので、ノイシュヴァンシュタイン城の前に「マリエン橋(写真下)」に行きたい場合は、こちらの方が便利です。逆に城に先に行く場合は馬車の方がおすすめです。

マリエン橋の景観

徒歩での行き方

「ホーエンシュヴァンガウ村」のふもとから、城の入口までの徒歩でのアクセスを「GoogleMap」で調べると、所要20分ほどで計算されますが、急な坂道を登るので実際は徒歩30分〜40分ほどかかります。

徒歩でのアクセスは、行きは上りになるのであまりお勧めしません。しかし、下りとなる帰りは、徒歩でもあっという間に麓まで到着してしまうので、景色を眺めながらゆっくり下るのもおすすめです。

ホーエンシュヴァンガウへの行き方

ホーエンシュヴァンガウ村とホーエンシュヴァンガウ城

以下、ノイシュヴァンシュタイン城観光の起点となる「ホーエンシュヴァンガウ」への近隣都市からのアクセス方法になります。

【フュッセン駅(Füssen)】からのアクセス

「フュッセン駅(Füssen)」からバスかタクシーで8分〜10分ほどです。

【ミュンヘン駅(Munich)】からのアクセス

「ミュンヘン駅」から「FlixBus」で120分〜140分ほど

【フランクフルト駅(Frankfurt)】からのアクセス

「フランクフルト」からロマンチック街道バスで、8:00に出発して20:25に到着。2019年4月より、フランクフルトからホーエンシュヴァンガウ行きのロマンチック街道バスの運行がなくなりました。ロマンチック街道バスを利用してフランクフルトからノイシュヴァンシュタイン城を目指す場合は、一度ミュンヘンで降りて宿泊し、翌日以降にミュンヘンからホーエンシュヴァンガウを目指す形になります。あるいは、電車でフランクフルトからフュッセンまで行き、フュッセンからバスかタクシーでアクセスする形になります。

フランクフルトやミュンヘン、ローテンブルクなどからの「ホーエンシュヴァンガウ」への行き方は別記事の「ノイシュヴァンシュタイン城 行き方 電車やバスでのアクセス方法を出発地別に徹底解説」にて詳細に解説しております。

また、どの経由のどのアクセス方法でも、ノイシュヴァンシュタイン城の麓の村「ホーエンシュヴァンガウ」に夜遅く到着される方は、「ホーエンシュヴァンガウ村 周辺のホテル」への宿泊がお勧めです。朝一番で観光をスタートする事ができます。

所要時間の目安

ノイシュヴァンシュタイン城の第一城門

ノイシュヴァンシュタイン城の所要時間の目安は3時間30分ほどです。

所要時間のおおよその内訳は、城内の見学ツアーで約40分、ギフトショップで約20分、マリエン橋への移動と観光で約60分ほど、これにチケットの受け取りや移動時間、更に待ち時間や休憩時間なども加えると、所要3時間30分ぐらいは必要です。

また、ノイシュヴァンシュタイン城だけでなく、同時にホーエンシュバンガウ城も観光される方は、半日(所要5時間〜6時間)は見ておいた方が、ランチ休憩なども含めて余裕を持って観光できると思います。

上記の所要時間は、WEBで事前にチケットを予約する事を前提としています。事前予約がない場合、ピークシーズンなどは、観光当日にノイシュヴァンシュタイン城を見学できないという事態も発生致しますのでご注意ください。

おすすめの観光時間帯

ノイシュヴァンシュタイン城 中庭の階段

「ノイシュヴァンシュタイン城」のおすすめの観光時間は、やはり朝の早い時間です。

行列を避けるために、チケット予約したにも関わらず、ツアー客が押し寄せる日中は、城に行くためのバスや馬車に乗るために並ぶ場合があります。

また、絶好の「ノイシュヴァンシュタイン城」の撮影スポットである「マリエン橋」にも日中は観光客がどっと押し寄せて来ます。

以上を踏まえ、もしその日の「ノイシュヴァンシュタイン城」の見学ツアーの開始時間が9時ならば、10時開始ぐらいの見学ツアーを予約します。

そして、朝一番で「マリエン橋」を先に観光してしまってから、「ノイシュヴァンシュタイン城」のツアーに参加した方が、マリエン橋での混雑を避ける事できます。

また、ホーエンシュヴァンガウからマリエン橋へアクセスする際は、馬車よりも「シャトルバス」を利用した方が降り口からの徒歩は容易になります。逆にノイシュヴァンシュタイン城の見学後は、馬車か徒歩で下山すれば、上り坂なしで麓に戻る事ができます。

キャンセル・予約の変更・注意事項など

ノイシュヴァンシュタイン城 中庭からの景観

キャンセルについて

キャンセルは予約したツアーが開始される2時間前まで可能です。キャンセル方法は、Eメールで「infoアットマークticket-center-hohenschwangau.de」宛にメール、もしくはチケットセンターに直接電話をして行う事ができます。

ただし、直前の場合は、行き違いになる可能性が高いので、電話でのキャンセルがベターです。

また、予約をキャンセルしなかった場合は、サービス料の1.8€が、予約時に登録したクレジットカードに課金されます。ただし、チケットセンターで、既にチケットを受け取って、チケット料金の支払いも完了している場合は、支払い済みのチケット料金は返金されません。

つまり、予約しても、チケットを受け取っていない場合は、課金されるのはサービス料の1.8€のみとなります。とは言え、予約をきちんとキャンセルすれば、キャンセル待ちの人がツアー参加できる様になりますので、その辺は常識の範囲内できっちりと行う様にしてください。

参考までに、以前に「キャンセルリクエスト」をした際は以下の様な内容でメールしました。

Cancel request (Reservierung Nr. 884811)(← 件名に予約番号も記載)」

Dear Sir/Madam

Hello, my name is ●●(←名前をローマ字で)

I am afraid that I would like to cancel my reservation.
Details of my reservation is below.

・Reservierung Nr.
884811(←予約番号)

Best regards.

基本的にはキャンセルしたい旨をしっかりと伝えて、名前と予約番号を記載すればOKです。上記のメールを送った数日後に以下の様な内容でキャンセル完了の連絡がきました。

Dear Sir/Madam

Thank you for your message.

Your reservation #884811 is now cancelled free of charge.

Best regards

簡単に訳すと「あなたの予約のキャンセルは完了しました。キャンセル料は発生しません。」と言った内容です。英文メールでの「キャンセル」はハードルが高く感じるかもしれませんが、私が送った様な文法の怪しい短文の英語メールでも、キャンセルは完了できるので意外と簡単です。やむ得ない場合は、当記事を参考に早めにメールでキャンセルリクエストを行なってみてください。

予約の変更について

城門

予約済みのツアー時間の変更は、Eメールで「infoアットマークticket-center-hohenschwangau.de」宛にメール、もしくはチケットセンターに直接電話をして行う事ができます。ただし、変更を希望するツアーの時間帯に空きがある事が前提となりますので、余程のローシーズンでない限りは、当日中の時間変更は厳しいと思います。

予約変更の期限に関しては、HPでも記載がありませんが「空きがあれば予約の変更が可能」という一文から推測する限り、キャンセルの期限と同様に2時間前まで、予約の変更が可能(空きがあれば)だと思われます。

また、予約時間だけでなく、予約日も変更したい場合は、一度予約をキャンセルしてから、再度予約を行った方が効率が良い場合があります。

ただし、変更を希望する日時に空きがあるとは限りませんので、先に新しい日時での予約を完了してから、古い方の予約をキャンセルした方が確実です。注意点としては、同日中に2つの予約を入れる事はできないので、同日の中で予約時間を変更する場合は、やはりチケットセンターに連絡して変更手続きを行ってもらう必要があります。

■注意事項・予約時のトラブルなど

【予約に関する注意事項】

  • (1)WEBでの事前予約は、2日前の15時まで可能です。例えば1月3日の予約をしたいなら、1月1日の15時までに行う必要があります。1月1日の15時を過ぎると、1月3日のツアー予約はできなくなります。
  • (2)WEB予約時にリクエストした「希望の時間帯」に必ずしも予約できるとは限りませんので、予約後に送られてくる「予約確認書」に記載されている「予約時間」を必ずチェックする様にしてください。

【ツアー当日の注意事項】

  • (1)当日、窓口での【ノイシュヴァンシュタイン城】のチケット受け取りは、ツアー開始時間の1時間30分前までに受け取る様にしてください。1時間30分を過ぎるとキャンセル扱いとなり、サービス料金の1.8€が課金されます。
  • (2)窓口でのチケットの受け取り期限は「チケットの種類」によって異なります。チケットの種類と受取期限に関しては、「チケットの種類」にて詳しく解説しています。
  • (3)チケットに記載されているツアー開始時間までに、入場口の改札をくぐらないとツアーに参加できなくなります。ツアーに参加できなかった場合でも、ツアーのキャンセルや返金はできません。
  • (4)城内での写真撮影は禁止です。ただ、内部から外を撮影する分には問題ありません。

【自動返信メールが届かない】

チケット予約ページで予約情報を送信すると、すぐに自動返信メールが届きます。

もし、自動返信メールが届かない場合は、かなりの確率で「メールアドレス」の入力間違いだと思われます。少し時間を空けてもメールが届かない場合は、再度予約者情報の入力と送信をやりなおす必要があります。

ただ、タイミングによってはシステムの遅延や不具合という事もなくはないので、焦らずに少し時間を空けてみてください。合わせて、スパムフォルダにメールが入っていないか、PCメールを受信拒否していないかなどもご確認ください。

【予約確認書(バウチャー)が届かない】

チケット予約ページで予約情報を送信して、自動返信メールを受信できたのなら、メールアドレスの入力間違いの可能性はありません。ですので、待てるギリギリまで連絡を待ってみてください。

メールにも記載がありますが、予約希望日が先であるほど、バウチャーが送られてくるのは後になります。

ギリギリまで待っても、バウチャーが届かない場合は、チケットセンターに連絡するか、再度予約を行ってください。もし、予約時のクレジットカード情報の入力に不備があった場合は、その旨をお知らせするメールがチケットセンターから届きます。

トランクなどの大きな荷物の持ち込みに関して

ノイシュヴァンシュタイン城内および、隣接する中庭への、トランクやバックパックなどの大きな荷物の持ち込みは禁止されています。

もし、大きな荷物がある場合は、滞在ホテルで預けるか、フュッセン駅のコインロッカー、もしくはホーエンシュバンガウの観光案内所付近のコインロッカーで預ける形になります。

ノイシュヴァンシュタイン城の外観

ただし、コインロッカーのサイズはミディアムとなっているので、大きいサイズのトランクを預けるのは厳しいかもしれません。また、ピークシーズンなどはコインロッカーが全て埋まっている可能性も非常に高いです。

どうしても大きなトランクを城に持ち込まざるを得ない場合は「ノイシュヴァンシュタイン城の中庭にあるインフォメーションセンター(写真下)で大きな荷物を預ける事ができる」と、公式HP上では記載されています。

荷物の持ち込みに関する情報はこちらのページ(英語)で詳しく明記されています。

ノイシュヴァンシュタイン城 中庭のインフォメーションセンター

ベビーカーに関しては中庭のインフォメーションセンター内に置いておくことができます。

中庭のインフォメーションセンターの荷物置き場

また、中庭のインフォメーションセンターには、コインロッカーも完備しています。

予約なしで当日にチケットを購入する場合

予約なしで「ノイシュヴァンシュタイン城」を訪問するのはお勧め致しませんが、状況によっては止むえない場合もあると思います。

その場合は、下の画像を参考にして、チケットセンター前の「①TICKETS」の列に並んで、購入の順番をまってください。ただし、当日の見学ツアーに100%参加できる保証はありません。

チケットセンター
Souce:https://www.hohenschwangau.de/

▼チケットセンター内の窓口。チケットセンター内の窓口
Souce:https://www.hohenschwangau.de/▲右側の「RESERVED TICKETS」のカウンターは、ツアーを予約済みの人用の窓口で、残りの窓口が、当日にチケット購入(ツアー予約)する人の窓口になります。窓口の数は日によって変わる場合がありますので、「TICKETS」と書かれた緑色の帯の看板を常に目印にしてください。

チケットセンターの中には、直近のツアーの運行状況を確認できる電光掲示板もありますので、それを参考にして、当日のツアー予約(チケット購入)を行ってください。

▼チケットセンター内の電光掲示板
ノイシュヴァンシュタイン城 入り口の電光掲示板

また、あまり知られていませんが、実はノイシュヴァンシュタイン城の中庭にあるインフォメーションセンター内にもチケット売り場(写真下)があります。

中庭のインフォメーションセンター窓口

チケットを購入せずに城の中庭まで来てしまった人は、こちらの窓口で当日券を購入する事も可能です。ただし、ピークシーズンは当日券を購入できる保証はありませんし、購入直後の時間帯で入場できる保証もありません。予約の上で、城の麓のチケットセンターでチケットを受け取ってから城にアクセスするのがベストです。

オーディオガイドについて

オーディオガイドの案内

ツアー参加時に無料で配布される「オーディオガイド」は日本語にも対応しています。入り口の改札機でチケットを通して城に入場後、城内の順路に沿って歩いて行くと、ツアー開始前に必ずオーディオガイドの受け取りカウンターを通ります。ツアーの流れに沿って行けば自然に受け取る事ができるので、特にオーディオガイド の受け取りを意識する必要はありません。

ただし、何語のオーディオガイドが希望か聞かれる場合があるので、受付カウンターで何か言われたら、とりあえず「ジャパニーズ」と答えておけば問題ないです。

参考までにオーディオガイドの対応言語は以下になります。

日本語、イタリア語、スペイン語、フランス語、ポルトガル語、ギリシャ語、オランダ語、ハンガリー後、ポーランド語、チェコ語、ロシア語、スロヴェニア語、韓国語、タイ語、アラビア語、北京語

ノイシュヴァンシュタイン城のオーディオガイド

右の写真がノイシュヴァンシュタイン城で配布される「オーディオガイド」の現物です。イヤホンは付いてませんが、何故かイヤホンジャックは付いているので、イヤホンを持参すると差し込む事ができます。ただし、オーディオガイドに直接耳を当てて音声を聞いても特に不憫はないので不要かと思います。

オーディオガイドにボタンがいくつか付いてますが、ボリューム調整以外で特に操作の必要はありません。確かAボタンが音量アップ、Bボタンが音量ダウンだったと思います。ダメだったら、CとDボタンで試して見てください。

ガイド音声は、城内の各見学スポットごとに、ガイドさんが勝手に再生してくれるので、ガイドさんから合図があったら、オーディオガイドを耳に当てるだけでOKです。

オーディオガイドはツアーが終了後の5階に置いてある「返却ボックス」に入れて返却します。

オーディオガイドの返却ボックス

上記以外にも、出口の途中で通過するギフトショップの前にも返却ボックス(写真下)があるので、5階で返し忘れた方はこちらで返却可能です。

ギフトショップ前のオーディオガイド返却ボックス

まとめ

ノイシュヴァンシュタイン城の景観

ノイシュヴァンシュタイン城は、ドイツ観光のハイライトに相応しい絶景の観光スポットです。WEB経由で予めチケットを予約するのが面倒だと思う方もいるかと思いますが、観光当日にチケット購入の列に並ぶ事や、入場できないリスクを考えると、絶対に前もってWEBでチケットを予約しておくのがおすすめです。

また、混雑を避けて「ノイシュヴァンシュタイン城」を効率良く観光したいなら、前日の夜には、ホーエンシュヴァンガウ村に到着して「ホーエンシュヴァンガウ村 周辺のホテル」に一泊するのがおすすめです。

理由としては、翌日の朝一番で観光をスタートできるのも一つですが、観光中もホテルでトランクを預けたり、観光終了後にタクシーを呼んでもらったりと、色んな意味で便利で効率も良いです。スケジュールの都合などもあると思いますが、個人的にはおすすめの方法です。