【ドブロブニク】スルジ山 ロープウェイでの行き方と基本情報(営業時間・料金・乗り場)

(2017年7月26日 公開) (2018-07-24 最終更新) スルジ山からの景観

ドブロブニクの絶景ポイントとして、絶対に外せないのがこのスルジ山ビューです。スルジ山の上から見るドブロブニク旧市街とアドリア海の景観は、絶景の一言です。

晴れた日であれば周囲約60km先まで見渡す事ができるので、旧市街の全景はもちろん、アドリア海の島々も視界にとらえる事ができます。

スルジ山のビューポイントへのアクセス方法で一般的なのは、ロープウェイ(ケーブルカー)です。ロープウェイで麓から山頂まで4分ほどで到着します。

本記事では、ドブロブニク旧市街からスルジ山の山頂までロープウェイ(ケーブルカー)で行く方法を詳しく解説致します。

ロープウェイ(ケーブルカー)の基本情報

旧市街とスルジ山のビューポイントを繋ぐロープウェイは1969年に誕生しました。ロープウェイの一度の最大乗車人数は32人、地上から山頂までの778m(海抜405m)の距離を結んでいます。麓から頂上までのロープウェイでの所要時間は4分ほどです。

■チケット料金

  • 150kn(往復)、85kn(片道)

チケットはケーブルカー駅(乗り場)や、複数箇所で購入可能です。お支払いはクロアチアクーナか、クレジットカードで決済が可能です。

また、こちらのサイトからオンラインで前もっての購入も可能です。アクセスするとクロアチア語で表示されるので、言語を英語に切り替える必要があります。

■営業時間

9時〜16時(1月と12月)、9時〜17時(2月と3月と11月)、9時〜20時(4月)、9時〜21時(5月)、9時〜24時(6月と7月と8月)、9時〜22時(9月)、9時〜20時(10月)

強風や落雷があると運行中止になる場合があります。運行のタイムテーブルはなく、人が集まり次第出発となります。また、最終運行は運行時間の30分前となるのでご注意ください。

■ロープウェイ乗り場への行き方

ドブロブニクの旧市街からロープウェイの乗り場へのアクセスする場合は、「ピレ門」からなら徒歩12分ほど、「プロチェ門」からだと徒歩4分ほどになります。

スルジ山のビューポイントについて

スルジ山から見るドブロブニク旧市街

スルジ山のビューポイントには3つのテラスがあります。各テラスには「パノラマビューのレストラン」「ギフトショップ」「トイレ」「劇場(120人収容可)」などがあり、望遠鏡も設置されています。

また、ロープウェイでスルジ山に登って見ると分かりますが、旧市街の全景を写真に収めようとすると、下の写真の様にロープウェイのケーブルがかなり邪魔です。

スルジ山から見るドブロブニク旧市街の景観 スルジ山から見るドブロブニク旧市街の景観

ですので、ロープウェイの降り場に着いたら、少しだけ下って行くと、良い感じに写真が撮れる場所があります。

▼スルジ山の上からアドリア海と別の方角を見ると、隣国であるボスニアとの国境が見えます。

ドブロブニクから見るボスニアとの国境

ロープウェイは乗れば4分ほどで、ビューポイントまで連れて行ってくれるので非常に便利です。しかし、スルジ山に登る途中の景観も非常に素晴らしいので、行きはロープウェイで山頂まで行って、帰りは歩いて戻ると、様々なビューポイントから、旧市街とアドリア海の美しい写真を撮る事ができます。

▼スルジ山の中腹からの景観。個人的には頂上からよりも、この景観が最も美しいと思います。このビュースポットは徒歩かタクシーでアクセスする事ができます。