「ドゥブロヴニク」空港から旧市街まではシャトルバスでの移動がおすすめ

(2017年6月1日) ドゥブロヴニク空港のシャトルバス

ドゥブロヴニク空港から旧市街までの移動は、「アトラス社(Atlas)」という会社が運行している「シャトルバス」が安くて便利です「アトラス社」のシャトルバスは、ドゥブロヴニク空港のオフィシャル交通機関なので、安心して利用できる移動手段です。

所要時間

空港から旧市街の目の前に位置するバスターミナル「ピレ門」までは所要30分〜40分ほどです。停車駅は全部で2駅だけなので、タクシーと比べても、所要時間はほとんど変わりません。途中にアドリア海の沿岸を走るので景色が綺麗です。

チケットの購入方法

前もって予約の必要はありません。空港のバゲージクレームを出ると、右側にアトラス社のチケットカウンターがあるので、そこで購入できます。空港への到着時間によってはチケットカウンターが閉まっている場合がありますが、心配ありません。その場合は、運転手から直接購入する事ができます。

チケット料金は、片道で「40クーナ(約800円ぐらい)」。往復だと割引が適用され「70クーナ(約1,200円ぐらい)」になります。

参考までにタクシーだと片道「200~250クーナ(3,000円〜4,000円)」と5倍ぐらい高くなります。確かにタクシーは楽ですが、クロアチア空港は狭い空港で、シャトルバスに乗るのは非常に簡単なので、個人的には絶対に往路は「シャトルバス」をおすすめします。

ちなみに筆者は、片道だけバスのチケットを買って、帰りは絶景ポイントであるスルジ山にゆっくりと立ち寄りたかったので、タクシーを利用しました。

後述しますが、帰りに関してはタクシーの方がおすすめです。ピレ門近くから定額タクシーがあるので、そこから乗ればボッタクられる心配はないです。

シャトルバスの運行時間(空港発)

空港から旧市街へ行くバスは、ドゥブロヴニク空港に到着する全ての到着便に合わせて運行しています。そのため、特にタイムテーブルはなく、飛行機の遅延なども考慮して運行してくれます。ですので、飛行機が遅延しても墜落しなければ問題ありません。

シャトルバスは、到着ゲートを出て建物に沿って、右側に数メートル行った所に待機しているのですぐにわかると思います。

停車駅

空港から旧市街へ行くシャトルバスは、以下2駅にだけ停車します。
・Pile Gate(ピレ門):旧市街の入り口「ピレ門」前のバス乗り場です
・Gruž(グルージュ):長距離バスが発着するメインのバス乗り場です。

最初に停車するのは城壁がある「Pile Gate(ピレ門)」で、次が終点の「Gruž(グルージュ)」になります。ご自身の宿泊先の場所を確認して、近い方の停車駅で降りてください。

参考までにピレ門近くのホテルに宿泊すると、非常に効率よく観光できます。

帰路のシャトルバス

空港行きのシャトルバスは、各国際線の出発120分前に市内発、国内線なら90分前に市内発でタイムテーブルが組まれています。

バスのタイムテーブルはATLAS社のHPで、直近3日のスケジュールが随時確認できます。毎日だいたい21時前が最終のバスになります。

しかしながら、帰りのバスに関しては、飛行機の運航状況によって発車時間が変動するので、いつバスが乗り場に到着するか分かりません。私も実際バス乗り場で1時間30分待った経験があります。

ですので、帰路に関しては、ピレ門前に、定額タクシー乗り場があるので、そこからタクシーに乗ってしまう方がおすすめです。料金は確か「200~250クーナ(3,000円〜4,000円)」ぐらいだったと思います。シャトルバスよりも高くなりますが、バス乗り場で、いつ来るか分からないバスを待つよりは良いと思います。

また、どうしても現地でバスのチケットを買ったり、タクシーと交渉したりするのが不安な方は、料金は高いですが「veltraのオプショナルツアー」でプライベートトランスファーを予約するのもありだと思います。

一応、下記に3箇所ある空港行きバス乗り場を記載致します。

・Main bus station in Gruž(グルージュのメインバスターミナル)・Bus stop near the Grawe building(グルージュ港付近のGrawe社の建物の近くのバス乗り場)・Bus stop near the Dubrovnik Cable Car(旧市街付近、ケーブルカー近くのバス乗り場)