【シティエアポートトレイン(CAT)】乗り方・チケット購入方法・シティチェックインまで徹底解説

(2019年9月3日 公開) (2019-09-03 最終更新) ウィーン空港内 CATのチケットオフィス

ウィーン空港とウィーン・ミッテ駅を直通の最短16分で結ぶ「CITY AIRPORT TRAIN(CAT)」の利用方法を実際に、ウィーン空港からウィーン・ミッテ駅に移動する流れを例にして解説致します。記事の後半では、CATでのシィティチェックインサービスについてもご紹介致します。

STEP1 乗車チケットを購入する

CATの乗車チケット

CITY AIRPORT TRAIN(CAT)を利用するには、まずチケットを購入します。チケットは現地で購入する場合は到着ホールの「チケットオフィス」か、空港内に複数設置してある「自動券売機」で購入が可能です。

CATの乗車チケットを事前に予約する必要は一切ありませんが、当日にバタバタしたくない方や、英語表示の自動券売機に抵抗のある方は、GET YOUR GIDEというサイトの「ウィーン国際空港~ウィーン ミッテ駅:CAT 移動」ページから予約すれば、正規料金の11€(手数料なし)で日本語ページから予約可能です。事前にチケットを準備しておきたい方は是非ご利用ください。

さて、本記事ではウィーン空港の自動券売機でチケットを購入する流れで説明を進めていきます。CATの自動券売機は、到着時のバゲージクレームや、到着ホールを出てすぐ左の「CAT」のチケットカウンター、CATの乗り場に行く途中などに複数台設置してあります。時間を有効活用したい方は、バゲージクレームにある自動券売機(写真下)で荷物を待っている間に購入してしまうのが効率がよくてお勧めです。

CATの自動券売機

下の写真は、ウィーン空港の到着ホールに出てすぐ右手側にある「CAT」のチケットカウンターの景観です。ここにも自動券売機の設置があります。

ウィーン空港 CATのチケットオフィス

乗車チケットはこのチケットオフィスで直接購入する事も可能です。

自動券売機での購入方法

CATの自動券売機の操作方法を解説します。まずは以下の初期画面が表示されているので、画面にタッチしてください。操作は画面に直接タッチして行います。

CATの自動券売機 初期画面

続いてチケットの選択画面が表示されるので、イギリス国旗をタッチして言語を英語に切り替えます。

CATの自動券売機 チケット選択画面

チケットは上から「片道チケット」「往復チケット」の順で表示されているので、お好きな方をタッチしてください。往復でまとめて購入すると3ユーロお得になります。

CATの自動券売機 チケット選択画面

今度は「+」ボタンをタッチしてチケット枚数を選択します。

CATの自動券売機 チケット枚数の選択画面

購入枚数が確定したら、右上の緑色のボタン「Checkout」をタッチしてください。お支払い画面(写真下)に移動します。

CATの自動券売機 お支払い画面

お支払い画面には、現在使用可能な硬貨や紙幣、クレジットカードブランドなどが表示されていますので、お好きなお支払い方法で支払いを完了します。残念ながらJCBは使用できません。支払い方法の投入口は、以下の自動券売機のパーツ説明を参考にしてください。

CATの自動券売機 パーツの説明

お支払いが完了すると、乗車チケットが発券されます。

CATの乗車チケット

STEP2 CATの乗車ホームに移動する

ウィーン空港駅 乗車ホームの景観

乗車チケットの購入が完了したら、CATの乗り場がある「ウィーン空港駅(Flughafen Wien Busterminal)」に移動します。ウィーン空港駅は、ウイーン空港と直結した地下2階に乗車ホームがあります。まずは以下の空港内マップで、CATの乗車ホームをご確認ください。

ウィーン空港マップ

地図で見ると少々複雑に感じるかもしれませんが、実際のアクセス方法はシンプルです。空港内の至る所に設置してある案内標識の「電車マーク」か「City Express」に従って乗車ホームを目指してください。

ウィーン国際空港 CATの乗り場案内標識

標識の案内に従ってしばらく進んでいきます。途中で長い通路(写真下)も通過します。

ウィーン国際空港 CATの乗車ホームへと続く通路

到着ホールから、CATの乗車ホームまでの経路は大きく2つあるので、上画像の通路を通らない経路もありますが、とにかく「City Express」の標識に従って進んでください。

CATの乗車ホームは「PlatForm 3(乗車ホーム番号3)」になりますので、最後は「PlatForm 3」案内に従って乗車ホームに降ります。日本の様な改札はありませんので、チケットの提示は乗車してからになります。

ウィーン空港 CATの乗車ホーム案内板

上画像の下り階段付近に、発車時刻と乗車ホーム、行き先などが表示されているモニターもあります。

ウィーン空港駅 列車運行案内の電光掲示板

どちらにしても、ウィーン空港駅から乗車の場合、CATはプラットフォーム3番から発着します。1と2番はオーストリア鉄道のRailjetやS-バーンの発着ホームになります。

下の写真はウィーン空港駅「CAT」の乗車ホーム3番の景観です。

ウィーン空港 CATの乗車ホーム

乗車ホームに到着したら、電車の到着を待ちます

STEP3 乗車して座席を探す

乗車ホームに到着するCATの車両

乗車ホームに「CAT」の車両が到着したら、お好きな車両から列車に乗車します。ドアは降りる人がいれば自動で開きますが、開かない場合はドア付近の丸い緑色のボタンをタッチして開きます。

CAT 車体のドアと開閉ボタン

列車に乗車したら座席を探します。席は全て自由席ですので、お好きな席に座ってください。

CATの座席

CATの座席車両は1階と2階があり、座席も革張りで豪華です。車内は混雑する事は滅多にありません。というかいつもガラガラの印象です。座席間のスペースも広く、席によっては下画像の様に足をフルで伸ばして座る事も可能です。

CATの座席

スーツケースは専用の収納スペースが設けられていますが、空いている時は隣の座席に置いてしまっていいと思います。

CAT車内 荷物の収納スペース

また、空港と市内の移動に特化した列車だけあって、車内には飛行機の搭乗ゲートや発着状況を知らせるモニターが設置してあります。

CAT 車内のモニター

しばらくすると、検札員が乗車チケット確認にやって来るので提示します。

CATの乗車チケット

チケットに日付のスタンプを押されて検札は終了です。後は、終点の駅で降りるだけです。降りる際は、ドア付近の開閉ボタンを押して下車してください。

CAT車内 ドアの開閉ボタン

シティチェックインについて

ウィーン・ミッテ駅 CATのチケットオフィス

CATが提供する「シティチェックイン」を利用すると、「ウィーン・ミッテ駅」内にあるCATのチケットオフィスで、空港で行うのと同様の搭乗手続きを行う事ができます。チェックイン手続きはもちろん、搭乗券の発券から荷物の預け入れまで、空港のカウンターで行う全ての手続きを完了できます。

つまり、ウィーン・ミッテ駅でCATに乗車する際は、飛行機のチケットを片手に、機内持ち込み手荷物だけ持ってウィーン空港に移動できます。空港到着後は、荷物検査を受けて、搭乗ゲートに直接移動するだけです。

シティチェックインの利用条件

シティチェックインを利用するには、以下2つの条件を満たしている必要があります。

  • ・CATの乗車チケットを持っていることシティチェックインの利用には、CATの利用者である事(乗車チケットを持っている事)が最低条件です。

  • ・対象の航空会社の乗客であることシティチェックインを利用できるのは、特定の航空会社の利用者に限ります。残念ながらJALやANAなど、日系の航空会社はシティチェックインの利用対象外となります。

シティチェックインの対象となる航空会社

シティチェックインの対象となる航空会社は以下になります。

  • ・オーストリア航空
  • ・アドリア航空
  • ・アエロフロート航空
  • ・ブリュッセル航空
  • ・コンチネンタル航空
  • ・クロアチア航空
  • ・ユーロウイングス
  • ・レベル航空
  • ・ルフトハンザドイツ航空
  • ・スイス インターナショナル エアラインズ航空
  • ・ルクスエア航空
  • ・ピープル・エキスプレス航空
  • ・ロシア航空
  • ・TAPポルトガル航空

チェックインは、飛行機の利用当日のみ、ご利用フライトの出発時間75分前まで可能です。シティチェックインが可能な時間帯は利用航空会社によって異なりますが、最長で05:00〜21:00までの時間帯でのチェックインが可能です。

シティチェックインが可能な航空会社と時間帯は「CATの公式HP(英語)」にてご確認頂けます。

CATの基本情報

運行時間【空港駅発】
  • ・06:09 ~ 23:39発まで
【ウィーン・ミッテ駅発】
  • ・05:37 ~ 23:07発まで
運行間隔
料金(現地購入) 【現地購入】
  • ・片道:12.0ユーロ(約1,430円)
  • ・往復:21.0ユーロ(約2,500円)
【オンライン購入】
  • ・片道:11.0ユーロ(約1,310円)
  • ・往復:19.0ユーロ(約2,260円)
所要時間16分

※ 空港駅 〜 ウィーン・ミッテ駅駅間の所要時間です。

CATの運行ルート

CATは、「ウィーン空港駅(Flughafen Wien Busterminal)」と「ウィーン・ミッテ駅(Wien Mitte)」を直通16分で結んでいます。

  • ウィーン空港駅(Flughafen Wien Busterminal)
  • ウィーン・メッテ駅(Wien Mitte)

CATは空港とウィーン・ミッテ駅以外には一切停車しません。OBBと違って乗り間違いがないのも大きなメリットです。

CATのメリットとデメリット

CATのデメリットは一つです。料金がオーストリア鉄道の「Sバーン」や「Railjet」が4.2€なのに対して、3倍近い12€(オンライン購入は11€)もする点のみです。

逆に言うと、それ以外の部分でのデメリットはほとんどありません。

車内の座席間のスペースも広く、混雑することもほとんどありません。荷物収納スペースも完備していますが、車内は空いている場合がほとんどなので、座席の横に荷物をおいても問題ない場合がほとんどです。

また、SバーンやRailjetは別方面や逆方向に行く列車があるので、旅慣れない方だと乗り間違いの懸念もあります。その点「CAT」は、乗り場が一つしかなく、停車駅も1駅、方向も一方向のみと、乗り間違えようがありません。旅慣れしていない方には、これ以上に利用しやすい移動手段はないと思います。

乗車チケットも「GET YOUR GIDEの購入ページ(日本語)」で購入すれば、オンラインの正規料金11€で購入できます。乗車当日は、購入完了後に送られてくるPDFファイルをプリントアウトか、スマートフォン上で提示して、列車に乗車するだけです。

注意点としては、CATのウィーン市内の停車駅は「ウィーン・ミッテ駅」になるので、直接「ウィーン中央駅」に行きたい方は、オーストリア鉄道の「Railjet」の利用が便利です。