【天空の城 ブレッド城(スロヴェニア)】観光の見どころと絶景写真

(2017年10月2日)

スロヴェニア最古の城として知られるブレッド城は、ブレッド観光で絶対に外せない絶景スポットの一つです。ブレッド城は麓のブレッド湖から高さ130mの険しい丘の上に位置しています。

この城の中庭から見る「ブレッド湖」と「聖マリア教会」の景観はまさに絶景の一言です。この景観を見るためだけでもブレッドを訪れる価値があるほどすばらしい景観です。

本記事では「ブレッド城」の見どころや入場料金、アクセス方法など、ブレッド城に関する情報を詳しくお届け致します。

ブレッド城 基本情報

ブレッド城と聖マルティヌス教会の景観

■ブレッド城 営業時間

・08:00-18:00(1月〜3月、11月〜12月)

・08:00-20:00(4月〜5月、9月〜10月)

・08:00-21:00(6月〜8月)

■ブレッド城 入場料金

・大人:10.00 EUR(ユーロ)

・子供:7.00 EUR(ユーロ)

■リュブリャナ空港からのアクセス

ブレッド城は、スロヴェニアのブレッドという地域に位置しています。ブレッドの最寄り空港はスロヴェニアの首都である「リュブリャナ空港」になります。リュブリャナ空港からブレッドまではタクシーやシャトルバスを利用して約30分ほどです。

絶景「ブレッド湖」と「聖マリア教会」の景観

とにかくまずは、ブレッド湖の絶景をご堪能ください。全てブレッド城の中庭から撮影した「ブレッド湖」と「聖マリア教会」の景観です。

ブレッド城から見る「聖マリア教会」と「ブレッド湖」の景観

小島の上に立つのが「聖マリア教会」です。聖マリア教会には手漕ぎボートでのみ上陸できます。

下の写真はやや引き気味のアングルで撮影しました。アルプスの山々に囲まれた素晴らしい景観ですね。

ブレッド城から見る「聖マリア教会」と「ブレッド湖」の景観

湖のブルーがなんとも言えません。実際はグリーンに近い感じですが、太陽の反射によって変わります。

ブレッド城から見る「聖マリア教会」

聖マリア教会をアップでも撮影してみました。左右の島のほとりから上陸できます。

ブレッド湖とは反対側の景観です。こちらの景色も中々の絶景です。のどかな自然に青い空がはえますね。

ブレッド城から見る「聖マリア教会」

ブレッド城からの景観は如何でしたでしょうか。次項以降では城内の見どころや、ブレッド城へのアクセス方法などをご紹介いたします。

城内の見どころ

ブレッド城の敷地は、入り口を入ってすぐの下階の中庭と、階段を少し上がった上階の中庭を中心に構成されています。

参考までにこちらがブレッド城のパンフレットです。

■下階 中庭の見どころ

ブレッド城に入城すると、すぐに下階の中庭に出ます。写真は上から見た下階の中庭の入口付近です。建物に歴史を感じますね。

下階 中庭の景観

この中庭に面して、カフェや、プリントショップ、ギャラリー、はちみつショップなどがあります。上階と下階の間にはワインセラーもあり、試飲を楽しむ事もできます。

下階 中庭の景観

中庭左奥の赤い屋根は、プリントショップの入口になります。プリントショップでは、復刻した木の印刷機を使用して、16世紀当時の活版印刷工程のデモンストレーションが行われています。有料ですが、ブレッド城訪問の証明書を刷ってもらい、記念に持ち帰る事もできます。

中庭の井戸 かつて雨水を生活用水として利用するために掘られた井戸です。深さは約10mほどです。

ゴレンスカ地方博物館へ続く階段 この階段を登ると「ゴレンスカ地方博物館(museums of Gorenjska room)」へ続く通路に出ます。

城内の上階の通路 階段を登ると細い通路があります。この通路からも外の景色を楽しむ事ができます。

「ゴレンスカ地方博物館(museums of Gorenjska room)」の映像 「ゴレンスカ地方博物館(museums of Gorenjska room)」の映像です。各モニターには、ゴレンスカ地方の景色が代わる代わる表示されます。博物館という程の規模ではないですが、ゴレンスカ地方の映像をパノラマで見る事ができます。

下階中庭のカフェ 下中庭の一番奥にはカフェがあり、眼下にブレッド湖を眺める事ができます。

下階中庭のカフェ 中庭のカフェを別角度から。

下階の中庭 カフェの景観

カフェの席とテーブルの風景です。この右奥の方に行くと撮影スポットがあります。

下階の中庭 カフェの景観

中庭のカフェ付近で撮影すると、聖マリア教会は上の写真の様な感じです。写真を撮るなら上階の中庭から聖マリア教会を撮影した方が良い写真が撮れます。

■上階 中庭の見どころ

上階の中庭の景観

上階の中庭には、城内で最も重要な建造物である16世紀に建設された「礼拝堂」をはじめ、ブレッド地方の歴史に関する展示を行う「博物館」や「ミュージアムショップ(お土産屋)」「レストラン」「鍛冶屋」など多くの見どころがあります。

鍛冶屋の工芸品 キャンドルスタンド 鍛冶屋では、オリジナルの記念コインが作れるほか、鍛造によって制作された鍵や、キャンドルスタンドなどの工芸品も販売されています。

博物館の入口 上階の中庭 博物館の入口です。右側の騎士の彫刻が目印です。

博物館の展示品 民族衣装 博物館では当時の民族衣装をはじめ、鎧、銀食器、絵画など、ブレッドの歴史的な品々が展示されています。

6世紀物の孔雀を象ったブローチ 展示品の中で最も美しく価値が高いとされているのが、6世紀物の孔雀を象ったブローチです。

お土産屋の入口 上階中庭奥のミュージアムショップ(お土産屋)です。

中庭の景観 三角形の屋根の下にはイスやテーブルがあるので、恐らくレストランだと思いますがクローズドでした。写真の右奥が絶景の撮影ポイントです。

中庭から撮影したブレッド湖の景観です。やはり何度見ても美しいです。

ブレッド城から見るブレッド湖の景観

おすすめの観光時間帯

朝一番でブレッド観光をスタートできる場合は、一番最初にブレッド城に訪れてしまうのがおすすめです。朝8時のオープンに合わせてブレッド城を訪れると、ピークシーズンでも観光客がほとんどいないので、気兼ねなく城の上から「ブレッド湖」と「聖マリア教会」の絶景を撮影する事ができます。

また、夏場は朝一番だと、太陽の位置もブレッド湖方面を撮影するには順光なので、非常に綺麗な写真が撮影できます。日中は人混みが多いだけでなく、やや逆光となるため思いのほか良い写真が撮影できません。

ブレッド城へのアクセス

ブレッド城へ続く階段

ブレッド城はブレッド湖の北西側に面しています。城へのルートはいくつかありますが、ブレッド湖沿いの歩道にある登山口からだと、山道の階段を登って徒歩15分〜20分ほどです。

ブレッド城へ繋がる階段の入口は、赤と白のブレッド城の看板が目印です。

ブレッド城へのマップ

ブレッド城看板 ブレッド城へ繋がる階段の入口にある看板です。この看板の左側の階段を登って行けば、ブレッド城へたどり着く事ができます。

ブレッド城へ続く階段 写真の様な階段がしばらく続きます。そこまで急な階段ではないので、4歳ぐらいの女の子も登っていました。ゆっくり登れば高齢の方も登れると思います。

ブレッド城へと続く階段 ブレッド城まであと半分ぐらいの中間地点です。途中にベンチなどもあるので焦らずゆっくり登ってください。犬連れのおじいさんもノンビリ登ってますね。

ブレッド城の城門近くの景観 木々に囲まれた階段を抜けると、ブレッド城の一部が見えてきます。ここまで来れば城の入口までもう少しです。ちなみに、この場所までは車や馬車で来る事もできます。

ブレッド城の第一門 城の第一門が見えてきました。この門をくぐって少し坂を登るとチケット売り場があります。

ブレッド城 チケット売り場 ブレッド城のチケット売り場です。正午付近が一番混雑してます。

チケット料金表 チケット売り場横の料金表です。入場料は大人1名10ユーロです。

ブレッド城の入口 チケット売り場の横がブレッド城の入口です。ここでチケットを見せて入場します。