カンボジア シェムリアップ おすすめホテルと宿の選び方

(2019年1月21日 公開) (2019-02-07 最終更新) シェムリアップ ホテルの景観

カンボジアの中でもアンコールワットがある「シェムリアップ」は間違いなく一番の人気観光地です。「シェムリアップ」は、同じくアジアの「バリ」や「バンコク」などに比べれば宿泊料金の相場は安く、4つ星ホテルでも一泊1万円以下で宿泊できるほか、例え一泊3,000円台でも、立地やサービスの良い良質なホテルを見つける事は難しくありません。

本記事では、シェムリアップにおけるホテル選びの重要なポイントを解説すると共に、お手頃価格で宿泊できる口コミ評価の高いホテルや、コスパの高い好立地ホテルだけを厳選して紹介致します。

どのエリアに宿泊するべきか。ホテル選びのポイント

シェムリアップ市内の景観

おすすめのホテルをご紹介する前に、まずはシェムリアップでホテルを選ぶ上で重要なポイントを解説いたします。シェムリアップのホテル選びは以下の4つが重要なポイントになります。

  • ① ホテルの立地

  • ② ホテルで手配できる移動手段の評価と料金

  • ③ 空港の無料送迎サービス

  • ④ ホテルの口コミ評価

以上の3つがシェムリアップでホテルを選ぶ上で重要なポイントになります。これだけだと、ピンと来ないと思いますので、以下より一つ一つ順をおって解説致します。

① ホテルの立地

シェムリアップに宿泊する上での立地の良さの基準について説明します。結論から言いますと、シェムリアップの中心地でさえあれば、そこまで他の観光地ほど立地にこだわる必要はありません。これについて詳しく解説する前に、まずは以下の地図にて宿泊施設エリアである「シェムリアップ」と「アンコール遺跡群」の位置関係をご覧ください。

アンコールワット遺跡群と周辺マップ
アンコール・ワットの景観

上記の地図を見て頂くと一目瞭然かと思いますが、アンコール・ワットをはじめとする遺跡群は、郊外の遺跡を除けば、全てシェムリアップの北側に集中しています。また、アンコール遺跡群の周辺には宿泊ホテルはありませんので、地図の赤い枠で囲ったエリアがアンコール観光における基本的な宿泊エリアになります。

おおよそですが、シェムリアップの中心地から「アンコールワット」までの距離は6km〜7kmほど離れており、徒歩で観光するのは現地的ではありません。

そのため、遺跡観光時は必ず、トゥクトゥクやカーチャーターなどの移動手段が必要となります。その意味において宿泊場所は、シェムリアップの中心地であれば、どの場所でも遺跡観光における立地の差はほとんどありません。なぜならシェムリアップ市内であれば、アンコールワットまでの距離に大差はないからです。

ただし、ショッピングや買い出しをする上では、シェムリアップ内の「オールドマーケット」や「ナイトマーケット」「シェムリアップ・プラザマーケット(24時間営業のスーパーマーケット)」などに徒歩圏内だと非常に便利です。この3つのショップが徒歩圏内であれば、夜遅くの買い出しなども非常に便利です。この点を踏まえ、本記事ではシェムリアップの中でも「オールドマーケット」や「ナイトマーケット」「シェムリアップ・プラザマーケット」に近いホテルだけに絞ってご紹介させて頂きます。

② ホテルで手配できる移動手段の評価と料金

トゥクトゥク

ホテルの立地の説明でも触れましたが、アンコール遺跡に徒歩でアクセスできる範囲に宿泊施設はありません。そのため、アンコール遺跡群の観光は「トゥクトゥク」や「カーチャーター」、最低でも「レンタサイクル」など、何かしらの移動手段の手配が必須となります。

旅の達人の方ならともかく、英語力やドライバーとの交渉に自信のない方もたくさんいると思います。そういった方は、トゥクトゥクやカーチャーターの手配を行っているホテル、もしくは専属のドライバーやトゥクトゥクを有するホテルに宿泊するのが一番です。

ホテルを通して移動手段を手配すると、多少だけ料金は高くなりますが、ぼったくりなどの被害に合う心配がありません。高いと言っても通常の定番観光コースを回るトゥクトゥクの相場が12ドル〜15ドルぐらいだとしたら、ホテルで手配する場合はプラスで 1ドル~10ドル ほど高くなるぐらいなので、そこまで大差がある訳ではありません。また、通常のトゥクトゥクの相場である12〜15ドルも交渉がしっかりとできればの話なので、場合によってはぼったくられる可能性もあります。

しかし、ホテルを通じての手配なら、きっちりと定額料金で手配できますし、ホテル前や街中でのドライバーとの煩わしい値段交渉から解放され、観光に集中する事ができます。また、いざという時にホテルに相談できるのも心強いと思います。

本記事ではこのポイントも踏まえ、安心して移動手段の手配が行える、交通手段の手配にも定評のあるホテルだけを厳選して紹介致します。

③ 無料の空港送迎サービス

シェムリアップ空港

欧州や他のアジアの人気観光地では有料が当たり前の空港送迎サービスも、シェムリアップの多くのホテルでは、到着時に無料の空港送迎サービスを行っているホテルが非常に多いです。

帰りの送迎は有料となる場合がほとんどですが、行きだけでも無料送迎サービスがあると、カンボジアにまだ慣れてない到着時も安心できます。

本記事で紹介しているホテルは、最低でもこの片道の無料送迎サービスが付帯していることを条件としています。立地や口コミ評価が高くても無料の送迎サービスがないホテルは除外しております。

④ ホテルの口コミ評価

シェムリアップのホテル

今の時代ネットで検索すれば、海外ホテルの口コミ評価も簡単に検索できる時代です。皆さんも言われるまでもなくホテルの口コミはチェックしていると思いますが、一応私のホテル選びにおける口コミ評価の基準についてもご紹介します。

私の場合、Booking.comを利用してホテルを予約する事が多いのですが、口コミに関しては「Expedia」と「トリップアドバイザー」を含めた3サイトでチェックする様にしています。

目安としては、Booking.comなら10点中8点以上、エクスペディアとトリップアドバイザーなら5点中4点以上の基準を口コミ評価を基準として、3サイト全てで基準を満たしているホテルにのみ宿泊する様にしています。多少、神経質と思われる方もいるかと思いますが、この基準のおかげで、今までホテル選びに失敗した事はありません。

以上の4点がシェムリアップにおけるホテル選びのポイントと基準になります。長くなりましたが次項より、上記4つの基準を全て満たしている「シェムリアップ市内」のお勧めホテルをご紹介致します。

シェムリアップ中心部のおすすめホテル

シェムリアップ中心地のおすすめホテルをご紹介致します。一般的にシェムリアップの中心地とは「オールドマーケット」や「ナイトマーケット」が位置する「シェムリアップ川」西側のエリアを指す場合が多いです。

ゴールデン バタフライ ヴィラ(Golden Butterfly Villa)

Wifi無料Googleマップ

コストパフォーマンスの高さではシェムリアップでこのホテルの右に出るホテルはありません。何とバスタブ完備のデラックスダブルルーム(20 m²)が、片道ホテル無料送迎、ウェルカムドリンク、朝食までついて一泊3千台から宿泊可能です。更に1泊2つき1部屋2名が、60分のボディマッサージを無料で受ける事ができます。

無料Wifiや24時間のフロントデスク対応はもちろん、館内にはクメール料理のレストランも完備しています。内装は壁のオレンジが特徴的で、ベッドにはパリを思わせる天蓋が付いていて、到着時には「WELCOME」と書かれた花文字で迎えてくれます。

とにかく細かい部分でサービス精神に溢れているホテルで、部屋こそ平均的な広さではありますが、コストパフォーマンス的の面で考えると、シェムリアップでこれ以上コスパの高いホテルは見つけるのは難しいと思います。ちなみに完璧ではありませんが、日本語を話せるスタッフがいる事も日本人宿泊者には評価が高い様です。

トゥクトゥクの手配に関しては定番遺跡を網羅できるスモールコースで16ドル、大回りコース(グランドツアー)と呼ばれるアンコールワットの外側を回るコースで17ドルと、定額料金設定で安心して利用できます。

・宿泊料金:3,000円~ / 1泊

・部屋の広さ:20m2~35m2

・オールドマーケットまでの距離:550m

・パプストリート駅までの距離:550m

・ナイトマーケットまでの距離:200m

・シェムリアップ・プラザマーケットまでの距離:400m

・口コミ トリップアドバイザー:5点中5.0点

・口コミ Booking.com:10点中9.0点

・口コミ エクスペディア:5点中4.6点

▼「ゴールデン バタフライ ヴィラ」の宿泊料金を確認する

アンコール マジック ツリー ホテル(Angkor Magic Tree Hotel)

Wifi無料Googleマップ

カンボジアの伝統的な雰囲気があるホテルに宿泊したい方はこの「アンコール マジック ツリー ホテル」がお勧めです。内装は暖かみのある木を多用しており、館内やロビーはカンボジアの伝統的な内装や家具で飾られています。正に、これぞカンボジアの伝統的なホテルという様な感じで雰囲気としては最高です。

このホテルの良いところは、内装は伝統的かつノスタルジックながら、設備に関しては非常に近代的な所です。当然通常の4つ星ホテルと何ら遜色のない設備が整っており、ホテルの中央には巨大なプールも広がっています。

宿泊料金も非常にリーズナブルで一番安い「デラックス ダブルルーム(32m2)」なら一泊3,000円台から宿泊可能で、朝食、到着時の空港無料送迎サービスも付帯しています。

また、日本人の在住スタッフもいるので、ホテルで遺跡観光のトゥクトゥク手配を行う際は日本語で相談する事ができます。立地的にはオールドマーケットなどがある中心街からはやや西側に位置しており、中心街へのアクセスは15分〜20分ほど歩く必要がありますが、レンタルサイクルを利用すればカバーできます。

・宿泊料金:3,000円~ / 1泊

・部屋の広さ:32m2〜42m2

・オールドマーケットまでの距離:1.6m

・パプストリート駅までの距離:1.5km

・ナイトマーケットまでの距離:1.2km

・シェムリアップ・プラザマーケットまでの距離:1.9km

・口コミ トリップアドバイザー:5点中4.5点

・口コミ Booking.com:10点中9.4点

・口コミ エクスペディア:5点中4.2点

▼「アンコール マジック ツリー ホテル」の宿泊料金を確認する

サライ リゾート&スパ(Sarai Resort & Spa)

Wifi無料Googleマップ

当記事で紹介している「マネ ヴィレッジ スイーツ」に続いて、もう1件お勧めのリゾートタイプホテルがこの「サライ リゾート&スパ」です。

この5つ星ホテルの内装は伝統的なクメール様式で飾られていますが、外観やモチーフは日本でも珍しい「モロッコ」のリゾートをイメージしています。モロッコと聞いてもピンと来ないと思いますが、例えるならスペインのアルハンブラ宮殿の様な外観になっています。

カンボジアのリゾートとはちょっと雰囲気が違いますが、ラグジュアリー感とリゾート感は申し分ないので、滞在中は非日常的な空間で上質な時間を過ごす事ができるはずです。

料金は一番安いプールビューの「ダブルルーム」が一泊13,000円ぐらいからで、空港到着時の無料送迎と朝食、ウェルカムドリンクなども付帯しております。部屋自体は平均的な広さ(30m2)ではありますが、とにかくホテルの雰囲気がこれぞ異世界という感じなので、常にロマンチック気分で宿泊を楽しむ事ができると思います。

口コミに関しても素晴らしく、2018年には、口コミサイト最王手の「トリップアドバイザー」において、「トラベルアワード」を獲得しているほか、海外でもラグジュアリー賞など、様々な賞を獲得しています。

この「サライ リゾート&スパ」は、モロッコ風リゾートという、他には類を見ないホテルなので、アジアリゾート的な雰囲気に飽きている方は、新境地として是非このホテルに宿泊して見てください。

・宿泊料金:13,000円~ / 1泊

・部屋の広さ:30m2〜135m2

・オールドマーケットまでの距離:850m

・パプストリート駅までの距離:900m

・ナイトマーケットまでの距離: 1.1km

・シェムリアップ・プラザマーケットまでの距離:1.1km

・口コミ トリップアドバイザー:5点中5.0点

・口コミ Booking.com:10点中9.2点

・口コミ エクスペディア:5点中4.7点

▼「サライ リゾート&スパ」の宿泊料金を確認する

マネ ヴィレッジ スイーツ(Mane Village Suites)

Wifi無料Googleマップ

宿泊料金は多少高くなっても、ラグジュアリーでカンボジアらしさのある高級リゾートホテルに宿泊したい方はこの「マネ ヴィレッジ スイーツ」への宿泊がお勧めです。

宿泊料金は一泊1万円台前半からとなりますが、口コミ評価の高さを見れば、そのコストパフォーマンスの高さは一目瞭然です。

マネ ヴィレッジ スイーツは、伝統的なカンボジアの装飾や建築様式と近代のモダンな設備を融合した全室スイートの5つ星ホテルです。

それでいて小規模な分、サービスのクオリティは細部まで行き届き、プライベートな空間の中でラグジュアリーなひと時を過ごす事ができます。

もし、この5つ星ホテルへの滞在をお考えなら、お勧めの部屋タイプは断然広さ148m2を誇る「ファミリー 2ベッドルーム スイート」です。4名まで宿泊可能なこの部屋は直前の予約でなければ1泊27,000円ぐらいから予約可能です。ちなみにこれは一部屋の料金なので、4名で宿泊した場合の一人当たりの負担額は6,800円ほどです。これで100m2以上の豪華なスイートに宿泊できるのはカンボジアの物価ならではです。

しかもこの宿泊料金には、空港の往復無料送迎、朝食、到着時のウェルカムドリンク 、30分間の無料フットマッサージ(1人1回まで)、無料のフルーツ盛り合わせ・アフタヌーンティー 、ジム・ゲームエリア・図書室の無料利用などが含まれております。

ほぼ満点に近い口コミ評価の大きな要因は、値段以上の設備や雰囲気はもちろんですが、丁寧な接客サービスにあります。スタッフの言語は基本は英語ではありますが、知っている日本語を可能な限り駆使して丁寧にこちらのニーズ把握に務めてくれます。もちろん、遺跡巡りの相談やトゥクトゥクの手配なども親切に対応してくれます。

家族で宿泊するもよし、カップルで贅沢に広い部屋に宿泊するも良しの万能リゾートホテルです。

・宿泊料金:12,000円~ / 1泊

・部屋の広さ:48m2〜148m2

・オールドマーケットまでの距離:1.4km

・パプストリート駅までの距離:1.2km

・ナイトマーケットまでの距離: 1.1km

・シェムリアップ・プラザマーケットまでの距離:1.3km

・口コミ トリップアドバイザー:5点中5.0点

・口コミ Booking.com:10点中9.4点

・口コミ エクスペディア:5点中4.8点

▼「マネ ヴィレッジ スイーツ」の宿泊料金を確認する

チャイ ロング アンコール ブティック ホテル シェムリアップ

Wifi無料Googleマップ

2017年にオープンしたオールドマーケット近くの4つ星ホテル。一番ランクの低い部屋でも36 m²の広さがあり、タイミングによっては一泊3,000円台で予約できる事もあります。平均的には一泊だいたい5,000円〜6,000円の範囲で宿泊可能です。

内装はシンプルながら、壁にはカンボジアらしい絵画なども飾ってあり、現地の伝統的な雰囲気を十分に感じる事ができます。

観光の要となるトゥクトゥクの手配もホテルのフロントを通せば迅速に行ってくれます。手配料金も、アンコールワットと周辺遺跡を観光できる「スモールコース」なら15ドルぐらいで1日チャーター可能です。

ホテル内のWIFIもサクサクで、エアコンもしっかりと完備しています。徒歩圏内には24時間営業しているスーパーもあり、オールドマーケットやナイトマーケットへも徒歩で簡単にアクセスする事ができます。また、到着時のみですがホテルに連絡すれば無料で送迎も行ってくれます。

スタッフの笑顔で親切な対応も評価が高く、ホテルランク、設備、サービスの質から考えても、非常にコストパフォーマンスの高いホテルと言えます。

・宿泊料金:3,600円~ / 1泊

・部屋の広さ:36m2~68m2

・オールドマーケットまでの距離:350m

・パプストリート駅までの距離:400m

・ナイトマーケットまでの距離:500m

・シェムリアップ・プラザマーケットまでの距離:200m

・口コミ トリップアドバイザー:5点中4.5点

・口コミ Booking.com:10点中9.2点

・口コミ エクスペディア:5点中4.8点

▼「チャイ ロング アンコール ブティック ホテル シェムリアップ」の宿泊料金を確認する

ザ プリバレッジ ブティック(The Privilege Boutique)

Wifi無料Googleマップ

プライベート感満載のリゾートホテルに宿泊したい方はこの「ザ プリバレッジ ブティック」が一押しです。

シェムリアップでも数少ない5つ星ランクのこのホテルは、一番狭い部屋でも 52 m²の広さがあります。更にプールビューのバルコニー、朝食、到着時の空港無料送迎サービスもついて、時期にもよりますが一泊7千円台から宿泊可能で、全室バルコニーを完備しています。

敷地面積はそこまで大きくありませんが、その分プライベート感満載です。このホテルは、日本人旅行者にもあまり知られておらず、正に隠れ家的リゾートという言葉がぴったりです。

設備やサービスもさすがは5つ星ホテルだけあって、屋外には海水プール、プールバー、スパ、レストラン、館内全域での無料Wi-Fi、外貨両替、ツアーデスクサービス、ホテル専属のトゥクトゥクやカードライバーなど、完璧の布陣です。

時期によっては一泊1万円台前半になる事もありますが、それでもコストパフォーマンス的には十分に高いと思います。1万円を切っている時期は迷わず予約がオススメです。クメール料理が絶品の人気レストラン「チャンレイツリー」まで徒歩5分圏内なのもポイントが高いです。

・宿泊料金:7,000円~ / 1泊

・部屋の広さ:52m2

・オールドマーケットまでの距離:700m

・パプストリート駅までの距離:800m

・ナイトマーケットまでの距離:1.2km

・シェムリアップ・プラザマーケットまでの距離:1.0km

・口コミ トリップアドバイザー:5点中5.0点

・口コミ Booking.com:10点中9.4点

・口コミ エクスペディア:5点中4.7点

▼「ザ プリバレッジ ブティック」の宿泊料金を確認する

クメール マンション ブティック ホテル

Wifi無料Googleマップ

飲食店が軒を連ねる「ソック・サン・ロード」沿いにあるホテル。周囲には飲食店も多く、スパ、スーパーなども全て徒歩1分〜2分圏内です。

具体的な例で言いますと、24時間営業スーパー「Siem Reap Plaza Market」までも徒歩1分ほど、日本のガイドブックでもお馴染みの人気スパ「Lemongrass Garden Spa」までも徒歩2分ほどの超好立地です。

ホテルの外観はカンボジアのマンションという感じで、カンボジアの伝統的な雰囲気の中にややモダンなニュアンスを感じます。ホテル内には共有の大きなプールもあるほか、スパの利用も可能です。

一泊の料金はプールビューのダブルルーム(36m2)が6,000円台から宿泊可能で、この料金に空港到着時の送迎サービスやウェルカムドリンク、朝食なども含まれています。

口コミ評価の高さも凄まじく、トゥクトゥク(定番コースで15ドル)や運転手付きの車の手配はもちろん、観光の的確なアドバイスなど、様々な面で高い評価を受けています。もし内装やホテルの雰囲気が苦手でなければ、このホテルを予約しない手はないと思います。

・宿泊料金:6,500円~ / 1泊

・部屋の広さ:36m2~81m2

・オールドマーケットまでの距離:260m

・パプストリート駅までの距離:230m

・ナイトマーケットまでの距離:230m

・シェムリアップ・プラザマーケットまでの距離:94m

・口コミ トリップアドバイザー:5点中5.0点

・口コミ Booking.com:10点中9.6点

・口コミ エクスペディア:5点中4.7点

▼「クメール マンション ブティック ホテル」の宿泊料金を確認する

eオカンボヴィラ

Wifi無料Googleマップ

とにかく最低限の設備で安く宿泊したい方にはこの「eオカンボヴィラ」がお勧めです。

料金に朝食は含まれていませんが、1泊何と2千円台から宿泊可能で、往復の空港無料送迎サービスも宿泊料金に含まれています。

しかもこの安さで部屋の広さは 33 m²と平均以上、もちろんエアコンやバスルーム、セーフティボックス、アメニティなどの最低限の設備は整っています。

ロケーション的にはややシェムリアップの中心街からは離れていますが、オールドマーケットやナイトマーケットは十分徒歩圏内です。トゥクトゥクなどの各種手配も行っており、評判も上々なので安心して利用する事ができます。あまりお勧めはしませんが、自転車も1日3ドルでレンタル可能です。

共用のドミトリーなどは避けたいけど、とにかく宿泊料金を抑えて宿泊したい方には一押しのホテルです。

・宿泊料金:2,400円~ / 1泊

・部屋の広さ:33m2~50m2

・オールドマーケットまでの距離:800m

・パプストリート駅までの距離:900m

・ナイトマーケットまでの距離:1.0km

・シェムリアップ・プラザマーケットまでの距離:750m

・口コミ トリップアドバイザー:5点中4.5点

・口コミ Booking.com:10点中9.1点

・口コミ エクスペディア:5点中4.3点

▼「eオカンボヴィラ」の宿泊料金を確認する

中心地以外のおすすめホテル (番外編)

本記事では、立地や口コミの高さなどがある程度の基準を満たしたホテルだけをお勧めとして紹介しております。しかし、立地の基準こそ満たしてはいないものの、お勧めのホテルから外すには勿体無い2件のホテルも番外編としてご紹介致します。

テンプレーション ホテル(Templation Hotel)

Wifi無料Googleマップ

「テンプレーション ホテル」は、シェムリアップの中心地からは遥か北側、どちらかと言えばアンコールワット寄りの場所に位置する5つ星ホテルです。

このホテルの売りは何と言っても、専用プール付きのプライベートヴィラです。ヴィラは4人で宿泊できる2ベッドルームタイプ(一泊50,000円〜)と、カップル向けの1ベッドルームヴィラ(一泊40,000円〜)の2種類があります。

宿泊料金はこのエリアではダントツで高額ですが、口コミ評価の高さが料金以上の宿泊者の満足度を物語っています。

参考までに1番ランクの低いスイート(40 m²)だと、一泊20,000円ぐらいから宿泊可能ですが、プライベートプールもないので、このホテルに宿泊するメリットが薄れてしまいます。ここに宿泊するのであれば、絶対に専用プール付きのヴィラへの宿泊がお勧めです。

立地的には、ホテルの周囲を森林に囲まれ、完全にシェムリアップの喧騒から離れた場所に位置しています。ヴィラに宿泊すれば、完全なプライベート空間の中で、ワンランク上のラグジュアリーステイを満喫する事ができます。

ナイトマーケットやオールドマーケットに繰り出すにはトゥクトゥクの利用が必要となりますが、日本人なら立ち寄り必須の雑貨・菓子店「カンボジアティータイム」や「アンコールクッキー」などは徒歩圏内にあります。

一点だけ残念なのは、空港送迎が往復共に有料となる事です。この点も踏まえて、カンボジアでプール付きの静かなプライベートヴィラに宿泊したい方にはお勧めのホテルです。

・宿泊料金(スイート):20,000円~ / 1泊

・宿泊料金(ヴィラ):40,000円~ / 1泊

・部屋の広さ:40m2~104m2

・カンボジアティー・タイムまでの距離:800m

・アンコールクッキーまでの距離:1.7km

・ラッキーモール までの距離:3.1km

・アンコール・ワットまでの距離:3.9km

・オールドマーケットまでの距離:4.0km

・口コミ トリップアドバイザー:5点中5.0点

・口コミ Booking.com:10点中9.6点

・口コミ エクスペディア:5点中4.8点

▼「テンプレーション ホテル」の宿泊料金を確認する

BB アンコール グリーン リゾート(BB Angkor Green Resort)

Wifi無料Googleマップ

立地には一切こだわらず、とにかく完全プライベートかつ広大なヴィラに安く宿泊したい方は、全室100m2以上の完全プライベートヴィラを提供する「BB アンコール グリーン リゾート」がお勧めです。

この5つ星ホテルは、非常に料金がリーズナブルなのが特徴で、安い時には一泊6,000円台から、通常時でも一泊1万円台前半で、100m2以上のプライベートヴィラに宿泊する事ができます。

何故この広大なプライベートヴィラがここまでリーズナブルな料金で宿泊できるかと言うと、それは「立地」が悪いからです。

このホテルはシェムリアップの中心部から北西に6キロほど、アンコールワットまでは7.5km以上離れており、どこに行くにも、トゥクトゥクや車を利用して最低15分〜20分の移動が必要になります。

とは言え、トゥクトゥクなどを利用すれば、アンコールワットまでは20分ほどですし、中心部に行った時に買い物などを済ませておけば、後は全て広大な5つ星のホテルの充実した設備の中で事足りてしまうと思います。また、夕方から夜の時間帯にかけては、中心地までのトゥクトゥク無料送迎サービスなども行っています。

広大な土地を活かした施設内は、巨大プール(海水プール・温水プール)を始め、無料のスポーツジム、スパ、マッサージなど、これぞリゾートホテルという様な設備は全て揃っております。もちろん、空港往復の無料送迎サービス、朝食なども全て宿泊料金に含まれております。外貨両替などもホテル内で行う事ができます。

内装は伝統的なクメール様式で装飾されており、宿泊者の方はジャングルの中の秘境リゾートという言葉でこのホテルを評価しております。このホテルを表現するのにこの言葉はピッタリだと思います。

遺跡観光を一通り済ましてから、後ホテルでノンビリ過ごしてスパ三昧などとお考えの方にお勧めのホテルです。

・宿泊料金:6,000円~ / 1泊

・部屋の広さ:110m2~160m2

・シェムリアップ国際空港までの距離:4.5km

・オールドマーケットまでの距離:6.0km

・アンコール・ワットまでの距離:7.5km

・口コミ トリップアドバイザー:5点中5.0点

・口コミ Booking.com:10点中9.7点

・口コミ エクスペディア:5点中5.0点

▼「BB アンコール グリーン リゾート」の宿泊料金を確認する

シェムリアップ ホテルの料金相場

シェムリアップの宿泊施設は「ホテル」「ホステル」「アパートメントタイプ」「ドミトリー」など、他のアジア観光地同様に一通りの宿泊施設が揃っています。

宿泊料金的には、一泊4,000円〜9,000円のホテルがボリュームゾーンとなり、この料金の範囲であれば、広くて快適なリゾートホテルや、4つ星ランクで設備の整ったホテルに宿泊する事が可能です。

また、宿泊料金を一泊1万円以上に設定しているホテルは、豪華な5つ星の場合が多く、一泊2万円未満の予算でも、海水プール、スパ、フィットネスジムなどがフル完備の超ラグジュアリーホテルに宿泊する事も難しくありません。むしろゴージャスに滞在したいなら、一泊1万円〜2万円未満の予算で、5つ星ホテルを探すというのもいい戦略だと思います。欧州の人気観光地などは3つ星ホテルでさえ一泊1万円台前半を超える事を考えると、シェムリアップエリアの宿泊料金相場は非常に安いと言えます。

他にも、シェムリアップには、2,000円以下の低予算で宿泊料金できる共用タイプの「ドミトリー」という宿泊施設も多くあります。貧乏旅行が心情のバックパッカーの方などは、こう言った共用タイプの宿泊施設「ドミトリー」を利用する場合が多いです。通常のホテルに飽きた方は、こう言った共用タイプのホテルに宿泊してみると、グローバルな出会いがあるかもしれません。