聖イジー教会(プラハ城)見どころと基本情報

(2017年9月13日) 聖イジー教会

プラハ城内のほぼ中心に位置する「聖イジー教会」は、プラハで二番目に古い教会です。建物自体は920年にヴラジスラフ1世によって木造建築で建てられました。更に973年に拡張と改修が行われ、ベネディクト会系の「聖イジー修道院」が追加されました。

しかし、1142年に大規模な火災が発生した際に大きな被害を受けました。その後すぐに、石造りによって再建が行われ、現在のロマネスク様式の建物に改修されました。

以来、聖イジー教会はチェコの中で最も美しいロマネスク建築の一つに数えられています。

入場料金と営業時間

■入場料金とチケット

聖イジー教会は「Aコース」か「Bコース」のチケットで入場可能です。

チケットの種類一般入場料割引入場料*1家族入場料*2

プラハ城 – A コース

350 CZK175 CZK700 CZK
プラハ城 – B コース250 CZK125 CZK500 CZK
プラハ城 – C コース350 CZK175 CZK700 CZK
II 常設展「プラハ城歴史物語」140 CZK70 CZK280 CZK
IV 聖ヴィート大聖堂宝飾展250 CZK125 CZK500 CZK
VI 旧王宮美術館100 CZK50 CZK200 CZK
VII 火薬塔 – 火薬塔展70 CZK40 CZK140 CZK
X 大聖堂付属大南塔 – 展望塔150 CZK//

プラハ城 – A コースI 旧王宮、III 聖イジー教会、V 黄金の小道、VIII 聖ヴィート大聖堂、 II 常設展「プラハ城歴史物語」、IV 聖イジー修道院 – 国立美術館、VII 火薬塔、IX ロジュンベルク宮殿

プラハ城 – B コースI 旧王宮、III 聖イジー教会、V 黄金の小道、VIII 聖ヴィート大聖堂

プラハ城 – C コースIV 聖ヴィート大聖堂宝飾展、VI 旧王宮美術館

*1 割引入場料:子供(6~16歳) • 26歳までの高校生と大学生(26歳を含む) •65歳以上のシニア(65歳を含む)

*2 家族入場料: 大人2名までと16歳以下の子供1~5名

チケット売り場の詳細については別記事の「チケット売り場へのアクセス」を参照ください。

プラハ城の地図

■営業時間

09:00〜17:00(4月1日〜10月31日)
09:00〜16:00(11月1日〜3月31日)

聖イジー教会の見どころ

聖イジー教会 内部の景観

聖イジー教会は、外観の高さ約40mあるアプス(壁面に穿たれた半円形)と、二つの白い尖塔が非常に特徴的な教会です。また、教会内部の後塵に描かれたフレスコ画や、そこに伸びるバロック調の階段、聖ヤン・ネポムツキ―の礼拝堂など多くの見どころがあります。

■外観の見どころと観光ポイント

聖イジー教会の二本の尖塔 向かって右側の幅の広い尖塔は「アダム」、左側の幅の狭い尖塔は「イヴ」と呼ばれています。

聖イジー教会の礼拝堂 建物に向かって右側の建物が礼拝堂です。この礼拝堂には聖ルドミラの聖遺物が納められています。

聖ゲオルギウス(聖イジー)のレリーフ 教会ファサード上部のレリーフには龍退治で有名な「聖ゲオルク(聖イジー)」のレリーフがあります。ゲオルクは303年に殉教した守護聖人です。

聖イジー教会 西ファサード 聖イジー教会の西ファサードは14世紀にペーター・パーラーが制作したものです。

■内部の見どころと観光ポイント

聖イジー教会内部の全景

教会の入口付近(西側)から撮影した聖イジー教会内部の全景です。狭い通路には人が溢れています。

聖イジー教会内部の全景

こちらは、後塵(教会奥の東側)から撮影した教会の全景です。

教会のアプス(後塵)の内装 イジー教会の奥にあるアプス(後塵)の内装。

後塵の天井壁面のフレスコ画 後塵の天井壁面のフレスコ画です。教会内部のフレスコ画は「ヴェンツル・ロレンツ・ライナー」の作品です。

聖ルドミラの礼拝堂と、ルドミラの生涯を描いたフレスコ画 聖ルドミラ礼拝堂には、ルドミラの生涯を描いたフレスコ画が壁面に描かれています。ルドミラは、ヴラジスラフ1世の母でありチェコ最初の殉教者です。

ヴラジスラフ1世の棺 ヴラジスラフ1世の棺と肖像画です。ヴラジスラフ1世は、「聖ルドミラ」の遺骸を納めるために、この聖イジー教会を建造させました。その時、自らの遺骸も納めるとは夢にも思わなかったでしょう。

ヤン・ネポムツキー礼拝堂 教会内部の南西側の角にある聖ヤン・ネポムツキ―の礼拝堂」は1722年に造られました。

側廊の礼拝堂に飾れた肖像画 側廊の礼拝堂に飾れた聖母を描いたと思われる肖像画。

教会奥(東端)の後塵に続くバラック様式の階段。

教会奥(東端)の後塵に続くバロック様式の階段は18世紀に追加されたものです。コンサートの演奏はこの階段の上の「聖歌隊席」で行われます。

地下の礼拝室に降りる人たち 聖歌隊席の真下には「クリプト」と呼ばれる地下の礼拝室へ続く階段があります。

聖イジー教会 地下礼拝室 地下の礼拝室です。この礼拝室にはプシェミスル家歴代王の遺骸が埋葬されています。

地下礼拝室 仰向けの女性像 ヴラチスラフ2世の姉ムラダも埋葬されています。ムラダは10世紀の終わりごろに、聖イジー教会のとなりに修道院を建てた女性です。

礼拝室の鐘形のオブジェクト 礼拝室の隅に置かれた鐘形のオプジェクト。

礼拝室の棺と紋章 礼拝室に置かれた棺です。王家の紋章があるので、この中にプシェミスル家の遺骸が納められていると考えられます。

礼拝室に置かれた像 礼拝室に置かれた像です。

■聖イジー教会のクラシックコンサート

聖イジー教会 クラシックコンサートの看板

教会内で定期的にクラシックコンサートも行われ、ロマネスク様式の特別な雰囲気の中で美しい音楽を楽しむ事ができます。教会内は非常に冷んやりとしており非常に寒いです。クラシックコンサートに行かれる方は上に羽織るものを忘れずに持っていきましょう。

聖イジー教会の写真ギャラリー

プラハ城のおすすめスポット